M&Aニュース

エムスリー、医療従事者専門サイト運営のロシア企業MirVracha LLCを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、 ロシアで医師向けウェブサイトを運営するMirVracha LLC(モスクワ、ミール・ブラチャー )を子会社化した。

エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供。
また製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービスなど事業を展開している。

ミール・ブラチャーは、医療従事者専門サイト「 МирВрача (ミール・ブラチャー)」を運営。
主に製薬会社向けマーケティング支援サービスを提供、ロシアの大手製薬会社をはじめとする各社の薬剤・疾患情報提供に利用されている。

本件により、エムスリーは、ミール・ブラチャーが培ってきた医師・ 医療機関や製薬企業との良質なネットワークと、エムスリーの培った医師向けサイトおよび各種サービスの運営ノウハウなどを組み合わせることから、ロシアにおいても医師プラットフォームを活かした関連サービスの本格展開を推進させる。

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エムスリーに関連するM&Aニュース

エムスリー、医療従事者向けアプリ提供のiDoctusを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、eDoctoresSolucionesS.L.(スペイン・マドリード、iDoctus)を子会社化した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」の運営、製薬会社向けマーケティング支援サービス・治験支援サービスなどの提供を行っている。また、海外に向けた事業展開を積極的に進めている。iDoctusは、医師向けに処方決定支援・臨床参照モバイルアプリ「iDoctu

エムスリー、キヤノンメディカルシステムズから診療所向け医事会計及び電子カルテ事業を譲受へ

エムスリー株式会社(2413)は、キヤノンメディカルシステムズ株式会社(栃木県大田原市)より、診療所向け医事会計および電子カルテ事業を譲り受けることを決定した。譲受した事業は、子会社であるエムスリーソリューションズ株式会社(愛知県名古屋市)へ統合する。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービスの提供を行っている。キヤノンメディカルシステムズは、医療用機器の開発・製造・販売・技術サービス

エムスリー、訪問医療現場のDX化推進を目指しロジックを子会社化へ

エムスリー株式会社(2413)は、介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」を提供する株式会社ロジック(石川県金沢市)を子会社化することを決定した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供している。ロジックは、訪問介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」の開発・製

エムスリー、3Hグループ4社を完全子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、ペイシェントリクルートメント等の臨床試験・臨床研究支援サービスを提供する3Hホールディングス株式会社(東京都豊島区)、3Hメディソリューション株式会社(東京都豊島区)、3Hクリニカルトライアル株式会社(東京都豊島区)およびその完全子会社である3HCTS株式会社(東京都豊島区)を完全子会社化することを決定した。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービス事

ベストケアー、エムスリーグループ子会社ワイズよりヘルスケア事業譲受けへ

株式会社ベストケアー(東京都板橋区)は、株式会社ワイズ(東京都港区)から、鍼灸整骨院3店舗と通所介護事業所3店舗を譲り受けることを決定した。ベストケアーは、首都圏で居宅介護支援、訪問介護、福祉用具貸与・販売・住宅改修、障がい者支援などサービスを提供している。教育および医療福祉事業を中核事業として展開するNSGグループのひとつ。ワイズは、保険外サービス『脳梗塞リハビリセンター』運営、リハビリ支援事業

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社」に関連するコラム

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード