M&Aニュース

アイリッジの連結子会社フィノバレー、三菱電機と資本業務提携へ

株式会社アイリッジ(3917)の連結子会社でありフィンテック事業を展開する株式会社フィノバレー(東京都港区)は、三菱電機株式会社(6503)とデジタル地域通貨事業およびスマートシティ/スーパーシティ事業に関する事業協業契約を締結することを決定した。

本件に伴い、フィノバレーは、三菱電機を割当先とする第三者割当増資を実施する。
取得割合は、アイリッジが86.4%、三菱電機が6.2%となる。

アイリッジは、O2Oソリューションの提供を中心としたインターネットサービスの企画・開発・運営事業を展開している。

連結子会社フィノバレーは、デジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を中心としたフィンテック事業を展開している。

三菱電機は、重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器などの開発・製造・販売・サービス事業を展開している。

本提携により、フィノバレーは、三菱電機の先端技術とのシナジー効果創出を目指し、自治体向けの新たなデジタル通貨サービスを共同開発、三菱電機のデータ連携基盤と連携させたスマートシティ/スーパーシティ関連システムの構築やデジタル地域通貨を用いた顔認証決済システムの実証実験を開始する。

・今後のスケジュール
払込期日 2022年2月18日

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

三菱電機・アイリッジに関連するM&Aニュース

三菱電機、スウェーデンの昇降機事業会社Motum社を買収

三菱電機株式会社(6503)は、主にスウェーデンにおいて昇降機事業を展開するMotum社(スウェーデン・ストックホルム市)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結した。三菱電機は、重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器などの開発・製造・販売・サービス事業を展開している。Motum社は、昇降機の新設販売・据付・保守・リニューアル事業、自動ドア事業を行っている。本件M&

三菱電機と米国子会社、DERMSなどソフトウエアの開発等を行うSmarter Grid Solutions Limitedの全株式取得、子会社化へ

三菱電機株式会社(6503)と米国子会社MitsubishiElectricPowerProducts,Inc.(アメリカ、MEPPI)は、再生可能エネルギーの普及に貢献する分散電源制御システム(DERMS)の技術確立と製品力強化のため、SmarterGridSolutionsLimited(スコットランド、SGS社)の全株式を取得する株式譲渡契約書を締結した。三菱電機は、重電システム部門、産業メ

アイリッジ、AI×IoT技術を活用した小売業界向けSaaS型オンラインプラットフォームを提供するFlow Solutionsと資本業務提携へ

株式会社アイリッジ(3917)は、株式会社FlowSolutions(神奈川県横浜市)と資本業務提携契約を締結した。アイリッジは、O2Oソリューションの提供を中心としたインターネットサービスの企画・開発・運営を行っている。FlowSolutionsは、AI(ディープラーニング)×IoT技術を活用した小売業界向けSaaS型オンラインプラットフォームの企画・開発を行っている。本提携により、アイリッジは

三菱電機(6503)、スウェーデンで空調冷熱機器代理店を行っているAQS PRODUKTER ABの全株式取得、子会社化

三菱電機株式会社(6503)は、欧州の現地法人であるMitsubishiElectricEuropeB.V.(オランダ・アムステルダム市)を通じ、AQSPRODUKTERAB(スウェーデン・ヨーテボリ、AQS社)の全株式を取得することを決定した。三菱電機は、これまでスウェーデンにおいて、住宅用の製品を中心に、三菱電機ヨーロッパのスカンジナビア支店経由で販売を拡大している。一方、業務用空調冷熱システ

アイリッジ(3917)の連結子会社のフィノバレー、君津信用組合を割当先として第三者割当増資を実施

株式会社アイリッジ(3917)の連結子会社の株式会社フィノバレー(東京都港区)は、君津信用組合(千葉県木更津市)を割当先とする第三者割当増資を行うことを決定した。フィノバレーは、アイリッジのフィンテック事業を承継する子会社であり、デジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を軸としたフィンテックソリューションを通じて、世の中の様々な課題の解決を目指している。フィノバレーと君津信用組合は、

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・第三者割当増資」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

「資本業務提携・業務提携・第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード