M&Aニュース

ロート製薬、機能性食品素材の開発・販売等を行うファーマフーズと資本業務提携へ

ロート製薬株式会社(4527)は、株式会社ファーマフーズ(2929)との間で資本業務提携を行うことを決定した。
ロート製薬は、ファーマフーズの普通株式200,000株を上限に市場買付の方法により取得する予定。なお、ロート製薬は2021年3月末現在、ファーマフーズの株式400,000株を保有している。
また、ファーマフーズは、ロート製薬の普通株式200,000株を上限に市場買付の方法により取得する予定。

ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売事業を展開している。

ファーマフーズは、機能性食品素材の開発・販売、通信販売事業、バイオメディカル事業を行っている。

本提携により、ロート製薬とファーマフーズは、両社が注力しているヘルスケア、スキンケア分野の製品開発、製造、販売において、国内外の相互のリソースを活用して収益拡大を図り、企業価値向上を目指す。

バイオ・医薬品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ロート製薬に関連するM&Aニュース

ロート製薬、三洋化成工業とスキンケア・医療分野の事業拡大を目指し資本業務提携

ロート製薬株式会社(4527)は、三洋化成工業株式会社(4471)との間で資本業務提携を行うことについて合意した。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売事業を展開している。三洋化成工業は、界面活性制御技術をコア技術とし、約3,000種類に及ぶ高機能なパフォーマンスケミカル製品を通じて、多様な分野の顧客の課題に応えるソリューションビジネスを展開している。本提携により、ロート製薬は、三

ロート製薬、カフェ・カンパニーと資本業務提携

ロート製薬株式会社(4527)とカフェ・カンパニー株式会社(東京都渋谷区)は、資本業務提携を行った。ロート製薬は、カフェ・カンパニー社の株式を取得し、主要な株主になり持分法適用会社となる。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売を展開している。カフェ・カンパニーは、飲食店舗の企画運営事業、地域コミュニティ事業、海外店舗企画運営事業を行っている。本提携により、ロート製薬とカフェ・カンパ

ロート製薬、『ボラギノール®︎』等を創製発売する天藤製薬の株式譲渡契約締結へ

ロート製薬株式会社(4527)は、OTC領域(一般用医薬品)における事業拡大を目的として、天藤製薬株式会社(大阪府豊中市)の持分を取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。議決権所有割合は、67.19%となる。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品等の製造販売事業等を展開している。天藤製薬は、医薬品の製造販売を行っている。『ボラギノール®︎』を創製発売している。本件M&Aにより、ロート製薬は

ロート製薬(4527)、医療用眼科点眼薬メーカー・日本点眼薬研究所の全株式取得

ロート製薬(4527)は、株式会社日本点眼薬研究所(愛知県名古屋市)の全株式を取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。ロート製薬は、医療用眼科用剤メーカーとして、一般用点眼薬リーダーとしての強みを持っている企業。日本点眼薬研究所は、医療用眼科点眼薬の製造・販売を主体に事業を行っている。防腐剤無添加点眼薬のための「PFデラミ容器」と高い生産技術力による安定した生産体制、ならびに全国の眼科医への

ロート製薬(4527)、ブラジルの目薬製造販売会社オフサルモス社を子会社化

ロート製薬(4527)は、ブラジルのOPHTHALMOSS.A.(サンパウロ、オフサルモス社)の株式を取得し、子会社化した。取得割合は60%。オフサルモス社は、眼科手術用デバイスおよび目薬をメインに製造販売している。ロート製薬は、2013年にロート・ド・ブラジル社を設立し、ブラジルでの市場調査を行ってきた。本件により、ロート製薬は、ブラジルにおける医科向け目薬の拡充やOTC目薬市場への進出、さらに

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・業務提携・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

「株式譲渡・業務提携・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年7月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード