ヤマダHD、建築系廃棄物の中間処理事業を行う三久の全株式取得、子会社化

株式会社ヤマダホールディングス(9831)は、株式会社三久(茨城県小美玉市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

機械器具小売業界のM&A

ヤマダHDは、グループ経営戦略の企画・立案及びグループ会社の経営管理・監督、グループ共通業務等を行っている。
ヤマダHDグループは、主力の家電販売をはじめ、住宅や家具・インテリア、リフォーム、不動産、保険・金融等の事業を展開している。

三久は、産業廃棄物処分業、産業廃棄物収集運搬業、一般廃棄物処分業を行っている。

本件M&Aにより、ヤマダHDは、グループとして「SDGsの達成に向けた重要課題」の一つである「循環型社会の構築と地球環境の保全」に向けた取り組みを行っており、建築系廃棄物の中間処理事業を行う三久の子会社にすることで取り組みのさらなる推進を図る。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。