JFLAホールディングス、ドームアスリートハウス事業をドームより譲受け

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、株式会社ドーム(東京都江東区)から、ドームアスリートハウス事業(DAH事業) を譲り受け、同時に健康増進に関する新規事業(ウェルエイジング事業)を開始することを決定した。

飲食店業界のM&A

JFLAホールディングスは、外食フランチャイズ本部の運営並びに外食店舗の運営、海外加工卸及び小売、乳製品等食品の製造、仔牛や家畜用飼料及び乳製品生産、食材や飲料の輸出入及び海外における販売事業など食品事業を展開している。

ドームは、各種スポーツ用品の製造・販売およびアスリートへのパフォーマンスディレクションを行っている。
DAH事業は、トップアスリートを中心にスポーツ愛好家まで幅広い顧客の身体機能・身体能力を高めることを目的に設立されたパフォーマンス開発機関である。

本件により、JFLAホールディングスは、既存のDAH事業旗艦店の事業拡充やDAHブランドの店舗展開に加え、JFLAホールディングスグループの経営資源やノウハウを加味した健康食品・飲料の開発や販売を推進させる。グループの更なる成長戦略の実現、事業ミッションの実現を図るとともに、「ニューノーマル」市場において、最適な事業ポートフォリオの構築を目指し、今後も事業の選択と集中を推進させる。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。