M&Aニュース

三菱ケミカル、スイスのグループ会社を通じて、ドイツにて炭素繊維リサイクル事業を行う2社を買収

三菱ケミカルホールディングズ(4188)のグループである三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、CFK Valley Stade Recycling GmbH & Co. KG(ドイツ・ニーダーザクセン州、CFK)及びcarboNXT GmbH(ドイツ・ニーダーザクセン州、cNXT)を、グループ会社であるMitsubishi Chemical Advanced Materials AG(スイス・チューリッヒ、MCAM)を通して買収することを決定した。

三菱ケミカルは、「KAITEKI実現」をビジョンに掲げ、事業を通じて社会の課題に向き合い、新しい価値を創造してお客様へソリューションを提供し、社会と共に持続的に成長

CFKおよびcNXTは、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進に向けた取り組みの一環として、ドイツにある炭素繊維リサイクル事業を行っている。
CFKは、炭素繊維を使用したプリプレグなどの中間材を加工する際に発生する端材を、モビリティを中心とした顧客から回収するネットワーク及び回収した端材をリサイクルする技術を保有している。
また、cNXTは、かかるリサイクル製品の販売を行っている。

MCAMは、スイスにある三菱ケミカルアドバンストマテリアルズグループ会社。品質とイノベーションを最優先事項とし、金属やその他の材料よりも優れた性能を誇るエンジニアリングプラスチックと複合材料を提供している。

本件により、三菱ケミカルは、今後も、炭素繊維コンポジット業界のフロントランナーとしてユーザーへのソリューション提案力を強化し続けるとともに、循環型社会の実現に向けて貢献することを目指す。

・今後のスケジュール
買収完了日 2020年8月上旬

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

三菱ケミカルホールディングスに関連するM&Aニュース

三菱ケミカル、ルーサイト・ジャパンの全株式を緑川化成工業へ譲渡

三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、グループが保有するルーサイト・ジャパン株式会社(東京都千代田区、LJ社)の全株式を、緑川化成工業株式会社(東京都台東区)に譲渡することを決定した。三菱ケミカルは、機能商品、素材などの開発・販売事業を行っている。LJ社は、英国ImperialChemicalIndustries社の日本におけるアクリル複合材の製造・販売拠点として設立。緑川化成工業は、プラスチ

三菱ケミカル、高分子凝縮剤販売事業をMTアクアポリマーとハイモに譲渡へ

株式会社三菱ケミカルホールディングス(4188)の子会社三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、MTアクアポリマー株式会社(東京都千代田区)およびハイモ株式会社(東京都千代田区)に高分子凝縮剤の販売事業を譲渡する。本件譲渡後、三菱ケミカルは、両社から高分子凝集剤の製造を受託することとなる。三菱ケミカルHDは、グループ会社の経営管理(グループの全体戦略策定、資源配分など)を行っている。三菱ケミカル

三菱ケミカル、産業廃棄物を回収処理・再資源化事業のリファインバースと資本業務提携

三菱ケミカルホールディングスグループ(4188)のグループ会社である三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、リファインバース株式会社(東京都中央区)と資本業務提携することを決定した。リファインバースが行う第三社割当増資に応じるとともに、業務委託契約を締結した。三菱ケミカルは、機能商品、素材などの開発・製造を展開している。リファインバースは、サーキュラ―エコノミー(循環型経済)推進に向けた取り組み

大阪有機化学工業、三菱ケミカルより頭髪化粧品用アクリル樹脂の製造・販売事業の譲受けへ

大阪有機化学工業株式会社(4187)は、三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)の事業の一部である頭髪化粧品用アクリル樹脂の製造・販売事業を譲受けることで合意し、契約を締結した。大阪有機化学工業は、有機化学工業品・有機試薬品・石油化学製品・特殊ポリマーの製造販売、溶剤類の精製加工事業を展開している。三菱ケミカルホールディングス(4188)のグループ会社である三菱ケミカルは、機能商品、素材などの事業を

三菱ケミカルHD(4188)傘下の三菱ケミカル、米国Siケミカルや金属化合物の開発事業のGelest, Inc.を買収

三菱ケミカルホールディングス(4188)の子会社三菱ケミカル株式会社(東京都千代田区)は、Gelest,Inc.(米国・ペンシルバニア州、Gelest)を買収することを決定した。今後、子会社のMitsubishiChemicalAmerica,Inc.(米国・ニューヨーク州、MCA)を通じて、Gelestの支配権を有するGelestIntermediateHoldings,Inc.の全株式を、Ne

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するコラム

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード