芙蓉総合リース(8424)、ヤマトHD(9064)の子会社でトラック流通サポートサービス会社の株式取得、子会社化

芙蓉総合リース株式会社(8424、芙蓉GL)とヤマトホールディングス株式会社(9064、ヤマトHD)は、ヤマトHDの完全子会社であるヤマトリース株式会社(東京都豊島区)の発行済普通株式を芙蓉GLに譲渡し、芙蓉GLとヤマトHDの共同事業とすることについて合意し、株式譲渡契約を締結した。
取得価額は、約36億円。取得割合は、60%となる。

證券・投資・その他金融業界のM&A

芙蓉GLは、総合リース会社として、提案型のソリューションビジネスを行っており、国内外の事業領域で営業を展開している。
ヤマトHDおよびヤマトグループは、全国約4,000の物流拠点、約5万6000の車両、そして約23万人の社員を擁し、宅急便を中心とするデリバリー事業に加え、情報システム、決済、生活 支援サービス、車両の管理・整備を手がける事業などを通じ、社会インフラの一員として、顧客や社会の課題解決に取り組んでいる。

ヤマトリースは、主に運送事業者に対して、トラックのリースを中心とするファイナンスサービスや、物流業界に対する高い専門性を活かして開発された中古トラックマッチングアプリ「トラマチ。」によるトラック流通サポートサービスなどを提供している。

本件M&Aにより、芙蓉GLは、自社グループ及びヤマトグループ双方の事業基盤・ノウハウ等を組み合わせることで、両社共同でヤマトリースの競争力強化及び事業領域拡大を実現し、更なる事業拡大を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年4月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。