日本管理センター(3276)、音声認識エンジン開発のセンスオブワンダーグループと資本業務提携 

日本管理センター(3276)は、株式会社センスオブワンダーグループ(沖縄県名護市)との間で、資本業務提携を締結した。

日本管理センターは、株式会社S.O.W.ホールディングスより、保有するセンスオブワンダー発行済株式総数の約4.8%を譲り受ける。

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A

日本管理センターは、賃貸住宅マーケットにおいて、ITを活用したサービスの開発・提供を推進している。入居者が「物件のネット検索+セルフ内見+自宅電子契約及びカード決済」までをワンストップで行える『スマート仲介』の実現に向け、AIコールセンターの開発を重要視している。

センスオブワンダーグループは、カーネギーメロン大学が研究開発した最新の音声認識エンジンのマスターライセンスを保有しており、同大学との、対話AIの実用化に向けた次世代エンジンの共同開発を予定している。

本提携により、日本管理センターは、センスオブワンダーの持つ自然言語処理に関するAIの先進技術を活用することで、AIコールセンター開発を強力に推進する。

●今後のスケジュール
払込期日 2019年11月22日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。