M&Aニュース

APAMAN(8889)、丸紅(8002)とHOME IoTの共同検討に関する覚書締結、持分法適用関連会社グランドゥースの株式一部売却

APAMAN(8889)は、丸紅(8002)とシェアリングエコノミーや不動産Techに関連した新たなサービス提供などの協議を行っており、完全子会社であるApaman Property株式会社の取締役会において、HOMEIoTの共同検討に関する覚書を締結するとともに、株式会社グランドゥース(大阪市西区)の普通株式の一部を丸紅及び丸紅リアルエステートマネジメント株式会社(東京都港区、MREM)へ売却することを決定した。

総合・その他専門卸業界のM&A

APAMANグループでは、「Sharing economy」、「Platform」、「Cloud Technology」の3つにセグメントを区分し、事業展開している。「Sharing economy」においては、スタートアップ企業、ベンチャー企業、中小企業の第二創業の支援及びそれらの企業とのビジネスマッチングを推進する施設として「fabbit」(コワーキング施設運営・エコシステムの提供)の運営や、シェアパークの運営を行っている。「Platform」においては、オーナー約20万人に対して各種不動産賃貸に関連するサービス提供を直接ないし間接的に行うとともに、「Cloud Technology」においては、各種クラウドサービスや AI/システム提供を行っている。

丸紅は、総合商社としてライフスタイル、電力、金融・リース事業、次世代事業開発など、その他の広範な分野における、輸出入及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を行い、不動産分野においては、国内外の不動産開発事業、アセットマネジメント事業、プロパティマネジメント事業などを展開している。

グランドゥースは、「民泊」を行っている持分法適用関連会社。宿泊施設経営および国家戦略特別区域法に基づく国家戦略特別区域外国人滞在施設の経営を行っている。

本件により、APAMANは、双方の有するプラットフォームの活用を目的とし、HOME IoTの共同開発、双方が有する各種商材やサービスの販売・提供など、新たなサービス提供を進めると共に、Sharing economy 事業である「fabbit」への経営資源の集中を図る。

●今後のスケジュール
株式売買契約決済 2019年9月27日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

丸紅、日本国内において産業用コネクタ等の電子部品を取扱う専門商社ソルトンの全株式取得、子会社化

丸紅株式会社(8002)は、株式会社ソルトン(神奈川県横浜市)の全株式を取得した。丸紅および連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ事業、化学品、エネルギー、金属、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース事業、建機・産機・モビリティ、次世代事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)および国内取引の

丸紅(8002)、米国で小型衛星に搭載するスラスタ製品「Maxwell」を開発したPhase Four Inc.と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、PhaseFourInc.(米国・カリフォルニア州、PhaseFour社)と資本提携し、PhaseFour社のスラスタ製品「Maxwell」の日本向け独占販売代理店契約、ならびに他の戦略的マーケットを対象とした販売代理店契約を締結した。丸紅は、小型衛星の打上・運用に必要なあらゆる機能を供給するソリューションプロバイダーを目指している。PhaseFour社は、2015年に

APAMAN(8889)、茨城県内において不動産事業を展開するマイハウスの株式取得

APAMAN株式会社(8889)およびAPAMANグループは、株式会社マイハウス(茨城県守谷市)の株式を取得し、グループ子会社とすることを決定した。APAMANは、30社以上から成るAPAMANグループを統括する企業。コワーキングスペース、シェアサイクル、シェアパーキング運営の「Sharingconomy」賃貸斡旋、物件管理の「Platform」及び不動産サービスをサポートするAIやRPAなどのシ

丸紅(8002)と日本水産(1332)傘下のニッスイヨーロッパが共同で、デンマークのサーモン閉鎖循環式陸上養殖を展開するDanish Salmon A/Sの株式取得

丸紅株式会社(8002)は、日本水産(1332)の100%子会社であるNipponSuisan(Europe)B.V.(オランダ・北ホラント州、ニッスイヨーロッパ社)と共同で、デンマークのDanishSalmonA/S(デンマーク・ヒルツシャルツ、DS社)の株式を取得し、子会社することを決定した。取得割合は、66.7%。世界の水産物需要は年々拡大する一方、天然漁獲量はこの30年間ほぼ横ばいで推移し

丸紅(8002)、キプロスで航空機部品売買のB2Bオンラインマーケットプレイスを運営するePlane社と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、ePlaneLtd.(キプロス共和国、ePlane社)と資本業務提携した。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野において、輸出入及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開している。ePlane社は、2016年に創業、航空機部品及び整備委託先の選定・価格交渉・発注といった一連の取引を

丸紅(8002)、台湾で太陽光発電事業を展開するChenya Energy Co., Ltd.の全株式取得、子会社化

丸紅株式会社(8002)は、ChenyaEnergyCo.,Ltd.(台湾、CYE社)の全株式を取得することを、CYE社の既存株主であるISquaredCapital(米国N・Y)と合意し、株式売買契約を締結した。株式取得後、CYE社は丸紅の100%子会社となる。丸紅は、世界19カ国で持分容量12.5GWを超える規模の発電資産を保有・運営している。CYE社は、台湾にて複数の太陽光発電事業の開発、建

みずほリース(8425)、丸紅(8002)より米国冷凍・冷蔵トレーラーリース・レンタル事業のMAC Trailer Leasing, Inc.の持分取得

みずほリース株式会社(8425)及び丸紅株式会社(8002)は、みずほリース米国子会社を通じてMACTrailerLeasing,Inc.(米国ニュージャージー州)の持分50%を丸紅からみずほリースに譲渡し、共同で事業運営していくことを決定した。取得価額は、約159億円。みずほリースは、グローバル分野における営業基盤の拡充や海外アセットファイナンスでの協業等、非連続的成長の取込みが、みずほリースグ

丸紅株式会社(8002)、中国・米国・ドイツを拠点にEVの開発・製造を行うBYTON Limited.と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、中国・米国・ドイツを拠点に電気自動車(EV)の開発・製造を行うBYTONLimited.(中華人民共和国江蘇省、BYTON社)と資本業務提携することを決定した。本提携に伴い、戦略的パートナーとして、モビリティ事業やEVバッテリーマネジメント事業、海外事業を中心に協業するものとする。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野にお

丸紅(8002)、ブラジルの農業資材販売会社Adubos Real S.A.へ出資、子会社化

丸紅(8002)は、AdubosRealS.A.(ブラジル・ミナスジェライス州)への出資を完了し、子会社化した。丸紅は、北米・欧州・アジアにおいて、グローバルな農業資材販売事業を推進している。AdubosRealS.A.は、ブラジルで農業資材販売事業を39年にわたり展開している。ミナスジェライス州の同分野におけるリーディングプレイヤー。本件により、丸紅は、世界各地で培った経験やノウハウをAR社と共

丸紅(8002)、ロケット開発のベンチャー企業・インターステラテクノロジズと資本提携

丸紅(8002)は、インターステラテクノロジズ株式会社(北海道広尾郡、IST)と、丸紅の新株予約権の行使により、資本提携した。インターステラテクノロジズは、北海道大樹町にて観測ロケット「MOMO」及び小型衛星打上ロケット「ZERO」の開発を行うベンチャー企業。MOMOは、2019年5月に日本国内で民間企業が単独で開発・製造したロケットとして初めて、宇宙空間への到達に成功した。丸紅は、2016年より

「株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード