日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

三井製糖(2109)、中国の国有企業グループ・中糧グループの砂糖事業会社を持分法適用関連会社化

三井製糖(2109)は、中糧糖業遼寧有限公司(遼寧省、中糖遼寧)の持分20%を取得することを決定し、営口北方糖業有限公司(遼寧省、北方糖業)と持分取得に関する契約を締結した。
また三井製糖はあわせて、中糖遼寧の親会社である中糧屯河糖業有限公司(北京市、中糧屯河)、北方糖業及び三井製糖の三社業務提携に関する契約を締結した。

持分取得価額は約22億円。中糖遼寧の持分比率は中糧屯河70%、三井製糖20%、北方糖業10%となる。

食品製造業界のM&A

本件により、三井製糖は、日本国内で培った精製糖生産技術・品質管理のノウハウを活用し、中糖遼寧の精製糖品質の一層の向上を図る。また、自社の持つ日系企業とのパイプを活かして、中糖遼寧の新たな需要獲得を目指すとともに、シンガポールやタイに存する自社グループ会社との連繋や機能性食材の販売に取組むことで、さらなる事業の拡大を目指す。

●今後のスケジュール
払込期日 2019年1月中旬

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。