日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

中部電力(9502)、日本エスコン(8892)と資本業務提携、持分法適用関連会社化

中部電力(9502)は、日本エスコン(8892)と資本業務提携を行い、日本エスコンの発行済全株式のうち32.08%を取得して持分法適用関連会社とすることを決定した。

電気・ガス・水道業界のM&A

中部電力グループは、中部圏を中心に主に不動産賃貸事業を展開している。

日本エスコングループは、総合不動産デベロッパーとして、首都圏、関西圏および福岡の主要都市で主に分譲マンションや賃貸用不動産の販売事業を行っている。

本件により、中部電力グループは、自社グループが有する中部圏での顧客基盤や設備工事のノウハウと、日本エスコンの不動産開発のノウハウとを相乗的に活かすことで、中部圏での不動産開発を推進するとともに街づくりや地域再生に取り組み、両社グループ全体の収益拡大と企業価値の最大化を図る。

●今後のスケジュール
中部電力による株式取得日 平成30年9月7日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。