日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

三菱地所(8802)、アーバンライフ(8851)をTOBにより完全子会社化へ

三菱地所(8802)は、アーバンライフ(8851)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付けにより取得することを決定した。

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A

三菱地所は、アーバンライフを完全子会社化することを企図し、アーバンライフ株式は上場廃止となる予定。
アーバンライフの親会社である森トラスト株式会社(所有割合64.70%)との間で、公開買付応募契約書を締結し、森トラストが所有するアーバンライフ株式の全てを本公開買付けに応募する旨の合意をしている。

買付価格は普通株式1株2,415円。三菱地所は、買付予定数の下限を所有割合66.67%としており、上限は設けていない。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。
なお三菱地所は、本TOBにおいてアーバンライフ株式の全てを取得できなかった場合には、完全子会社化するための各手続を行う。

三菱地所は、東京・丸の内エリアを中心とするオフィスビル事業等における大型プロジェクトの稼働による確実な収益の獲得を図るとともに、海外事業の拡大・進化、分譲マンション事業をはじめとした短期回収型投資における住宅バリューチェーンの活性化を推進している。また、中古流通と賃貸管理を行う子会社である三菱地所ハウスネットにおいて協業先を探していた。

アーバンライフグループは、京阪神地域を主要エリアとして、不動産賃貸、新築分譲マンションの販売代理、不動産の売買及び賃貸借仲介、中古物件の買取・再販事業等を展開している。各事業の競争力強化のため、創業である分譲事業の再開を含めた新たな対策を検討していた。

本件TOBにより、三菱地所は、特に分譲マンション事業や不動産管理事業における連携を行い、両社グループの情報網・信用力を相互に活用することで、スケールメリットや人材採用力の強化、ノウハウの共有による効率化などのシナジーを創出し、双方の企業価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 2018年7月25日から2018年9月4日まで

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。