M&Aニュース

パナソニック(6752)、佐鳥電機(7420)と業務・資本提携並びに同社連結子会社・佐鳥SPテクノロジの一部株式譲り受け

パナソニック(6752)は、佐鳥電機(7420)と業務・資本提携を行い、同社の100%子会社である佐鳥SPテクノロジ株式会社(東京都港区)の株式の一部を譲り受けることを決定した。
パナソニックの佐鳥SPテクノロジに対する株式所有割合は15%となる。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

佐鳥SPテクノロジは、佐鳥グループの戦略商材であるストレージ製品を取扱う会社として、6月より事業を開始した。現在、外資系商材の拡充を進めている。

本提携により、パナソニックは、半導体調達改革を推進する。佐鳥電機は、取引量の確保、注力市場でのビジネス拡大に取組むことによる中長期的な経営の安定化を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡日 2018年7月31日
提携開始日 2018年8月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

パナソニック、デジタルキーの最先端な技術を持つビットキーと資本業務提携

パナソニック株式会社(6752)ハウジングシステム事業部は、株式会社ビットキー(東京都中央区)に対して出資するとともに、ビットキーとの業務提携契約を締結した。パナソニックおよびパナソニックグループは、総合エレクトロニクスメーカーとして関連する事業分野について国内外のグループ各社と連携し、生産・販売・サービス活動を展開している。ビットキーは、デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発、Hom

モルフォ(3653)、パナソニック(6752)の画像認識ソフト開発子会社・PUXの株式取得、持分法適用関連会社化

モルフォ(3653)は、パナソニック(6752)より株式会社PUX(大阪市)の株式を取得し、持分法適用関連会社化した。取得価額は80百万円。議決権所有割合は20.8%となる。PUXは、画像認識を中心としたミドルウェアおよびアプリケーションソフトウェアの開発・販売、ライセンス事業を展開しており、DMS(ドライバ・モニタリング・システム)製品を取扱う。本件により、モルフォは、自動運転等の車載ビジネスへ

パナソニック(6752)、松村組の全株式取得

パナソニック(6752)は、株式会社松村組(東京都千代田区)の発行済全株式を取得し、松村組を連結子会社化することを決定した。松村組は、全国規模で建築事業を展開しており、施工技術とアフターサービスを強みとする。本件M&Aにより、パナソニックは、自社の先進技術・企画設計力と、松村組の高い施工能力・ノウハウ等、両社の経営リソースを融合することで、より付加価値の高い住空間ソリューションを創出し、事業拡大を

パナソニック(6752)、米国のデータ解析会社Arimo社を買収

パナソニック(6752)は、Arimo,inc.(米国・カリフォルニア州、Arimo社)を資産買収する。パナソニックは、現在IoT分野において、工場の稼働データや住宅及び業務用機器におけるセンサーデータを蓄積・活用するパナソニックデジタルプラットフォームの構築を進めている。Arimo社は、ディープラーニングを活用したデータアナリティクスソリューションの開発・販売・サポートを行っている。本件M&Aに

パナソニック(6752)、ブラジルのユニオンラックテクノロジー社を買収

パナソニック(6752)は、ブラジルのユニオンラックテクノロジー社(UR社)を買収した。パナソニックは、吸収式冷凍機及びガスヒートポンプエアコン(GHP)における豊富な省エネ・環境技術、サービスノウハウを持つ。UR社は、ブラジルトップクラスの空調エンジニアリング会社。本件により、パナソニックは、ブラジルをはじめとする中南米市場でのガス空調の事業拡大を目指す。

パナソニック(6752)、英国の空調機器販売会社・AMP社を買収

パナソニック(6752)は、英国のA.M.P.AirConditioningLtd.(AMP社)を買収した。AMP社は、英国トップクラスの取扱高を誇る空調機器販売会社。業務用を中心とした空調機器について、豊富な取扱い経験と強力な販売網を有する。本件M&Aにより、パナソニックは、業務用空調機器の販売力の強化を図る。また、新たな販売ルートを獲得することで、ルームエアコンから大型業務用空調機器まで製品ラ

イノテック(9880)、ハードディスクドライブ販売事業を佐鳥電機(7420)に譲渡へ

イノテック(9880)は、佐鳥電機(7420)との間でHDD販売事業の譲渡に関する基本合意書を締結した。佐鳥電機は、電子部品・電子機器の販売・輸出入やシステム及びソフトウェアの開発・設計、販売・輸出入を手掛けている。本件M&Aにより、イノテックは、経営資源の選択と集中を一層強化する。また、佐鳥電気はストレージ製品の拡充を実現する。●今後のスケジュール事業譲渡契約締結日平成29年6月事業譲渡日平成2

コニカミノルタ(4902)、パナソニックヘルスケアより医用画像保管・管理システム開発・販売子会社の株式取得

コニカミノルタ(4902)は、パナソニック(6752)傘下のパナソニックヘルスケア株式会社(東京都港区)との間で、同社100%子会社のパナソニックメディカルソリューションズ株式会社(大阪府門真市)の株式取得に関する株式譲渡契約を締結した。コニカミノルタは、病院・クリニック向け医療用画像情報を中心にヘルスケア事業を展開し、医療のデジタル化・ネットワーク化を支援するサービスを提供している。パナソニック

パナソニック(6752)、米国の産業用レーザメーカーであるテラダイオード社の全株式取得

パナソニック(6752)は、TeraDiode,Inc.(米国マサチューセッツ州、テラダイオード社)の全株式を取得する契約を締結した。テラダイオード社は、次世代レーザ加工技術として注目を受けている産業向け高出力ダイレクトダイオードレーザ(DDL)の世界的サプライヤー。パナソニックとテラダイオード社は、2013年より協業を開始し、開発、製造、販売、サービスなど広範な領域において協力している。本件によ

三井物産(8031)、パナソニック(6752)グループの医療機器開発・販売のパナソニックヘルスケアHDへ資本参画

三井物産(8031)は、パナソニック(6752)傘下のパナソニックヘルスケアホールディングス株式会社(東京都港区)への参画を決定した。出資額は約541億円。パナソニックヘルスケアHDの筆頭株主であるコールバーグクラビスロバーツ(米国ニューヨーク州、KKR社)の運用するファンドからパナソニックヘルスケアHD株式の22%を取得する。パナソニックヘルスケアHDは、主要子会社であるパナソニックヘルスケア株

「株式譲渡・資本業務提携」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード