M&Aニュース

関西電力(9503)、オリックス電力よりマンション高圧一括受電サービス事業を譲り受け

関西電力(9503)は、オリックス電力株式会社が行う、マンション高圧一括受電サービス事業を譲り受ける株式譲渡契約を、オリックス(8591)及びオリックス電力と締結した。

オリックス電力が会社分割の方法により、マンション高圧一括受電サービス事業に関する資産等を承継する新会社を設立し、関西電力が当該新会社「Next Power株式会社」(東京都港区)の全株式を譲り受ける方法により実施する。

本件M&Aにより、関西電力は、Next Powerを通じてマンション高圧一括受電サービス事業を展開することで、グループの首都圏を中心とした電力販売の更なる拡大を図る。

電気・ガス・水道業界のM&A・事業承継の動向はこちら

関西電力・オリックスに関連するM&Aニュース

アプラス、ローン・決済事業を行うクリアパスの株式取得、子会社化へ

株式会社新生銀行(8303)の主要子会社である株式会社アプラス(東京都中央区)は、関西電力株式会社(9503)が保有する株式会社クリアパス(大阪市北区)の全株式を取得することを決定した。アプラスは、ショッピングクレジット事業、カード事業、ペイメント事業を行っている。クリアパスは、ローン事業、決済事業などを行っている。「はぴeリフォームローン」では、オール電化導入時の初期費用や各種住宅リフォーム費用

関西電力、電力小売事業を行う孫会社Kenesエネルギーサービスを吸収合併へ

関西電力株式会社(9503)は、孫会社である株式会社Kenesエネルギーサービス(大阪市北区、KenesES)の株式を、子会社である株式会社関電エネルギーソリューション(大阪市北区、Kenes)からの現物配当により取得し、吸収合併することを決定した。関西電力を存続会社とする吸収合併方式で、KenesESは解散する。関西電力は、電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業などを行っている。Ken

関西電力、使用済パソコンの再生・販売事業を行うポンデテックの株式取得、子会社化

関西電力株式会社(9503)は、株式会社ポンデテック(大阪市北区)の発行済全株式を取得し、子会社化した。関西電力は、関西を拠点とする電力会社。電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業などを行っている。ポンデテックは、使用済パソコン等の情報通信機器の再生・販売事業を行っている。障がい者特例子会社をビジネスパートナーとして、パソコンの再生に係る部品交換や清掃等を行っている。本件M&Aにより、関

グローバル投資会社KKR、オリックスと弥生の株式譲渡合意

グローバル投資会社であるKKRは、オリックス株式会社(8591)が保有する業務ソフトウェアおよび関連サービスを手掛ける弥生株式会社(東京都千代田)の株式をKKRが取得することで合意した。KKRは、グローバル投資会社。KKRの保険子会社は、TheGlobalAtlanticFinancialGroup管理下で退職金、生命保険、再保険商品を提供している。オリックスは、リース事業から始め、法人金融、産業

ウィルポート、関西電力、K4Vと資本業務提携

ウィルポート株式会社(東京都中央区)は、このたび、関西電力(9503)グループの合同会社K4Ventures(大阪府大阪市、K4V)を引受先とする第三者割当増資を実施した。さらに関西電力株式会社、K4Vおよびウィルポートの三者は、資本業務提携について合意した。ウィルポートは、宅配便などの物流受託事業など物流事業を展開。独自開発のラストワンマイル配送システムによるドライバー手配等の配送管理ノウハウを

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード