M&Aニュース

ネクスグループ(6634)、シーズメン(3083)と資本業務提携、第三者割当増資を引受け

ネクスグループ(6634)とシーズメン(3083)は、資本業務提携契約を締結した。シーズメンの第三者割当による自己株式の処分につき、ネクスグループがその全てを引き受ける。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

引受価額は90,958千円。発行済株式総数に対する所有割合は19.01%となる。

ネクスグループは、IoT分野を注力領域の一つに挙げ、ハードの提供だけに留まらない、IoT関連サービスの提供に注力してきた。また、服飾品の販売、トレードマーク(商標権)のライセンス事業等を行うブランドリテールプラットフォーム事業を、グループの収益基盤の一つとすべく推進している。

シーズメンは、衣料品販売を中心とする小売事業を展開している。カジュアルウェア「METHOD」や「流儀圧搾」などのブランドを有し、全国53店舗を展開している。

本件M&Aにより、ネクスグループは、衣料品販売事業におけるマーケティング上のシナジーの協力関係を構築するほか、現在取り組んでいるファッション業界向けのIoT関連サービスの開発と普及においても協業を行うなど、シナジーの創出を図ることで企業価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
株式取得の払込期日 平成29年4月24日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。