M&Aニュース

2017年8月のM&Aニュース一覧(2ページ目)

ソニー(6758)グループのソニー・ミュージックエンタテインメント、音楽イベント情報サイト「iFLYER」運営のセブン・セブン・ハーツと資本提携

ソニー(6758)傘下の株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)と、株式会社セブン・セブン・ハーツ(東京都渋谷区)は、資本提携を行った。セブン・セブン・ハーツは、国内最大級の音楽イベント情報サイト「iFLYER(アイフライヤー)」やソーシャルメディア及びECサイトの運営、WEBシステム技術の開発及び提供を行っている。本提携により、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、セ

TOKYO BASE(3415)、アパレルブランド「MIHARAYASUHIRO」及び「MYne」販売のソスウと資本業務提携

TOKYOBASE(3415)は、株式会社ソスウ(東京都渋谷区)と資本提携を行い、同社株式を譲受けることを決定した。議決権所有割合は11.76%となる。ソスウは、ブランド「MIHARAYASUHIRO」及び「MYne」等を手がける服飾卸・小売企業。国内外の百貨店やセレクトショップ等と多数取引を持ち、TOKYOBASEにとっても重要な仕入先の一つ。TOKYOBASEは、今年4月より、ソスウのブランド

武田薬品工業(4502)、武田ラビックスの全株式をハムリーに譲渡

武田薬品工業(4502)とハムリー株式会社(茨城県古河市)は、武田薬品が保有する株式会社武田ラビックス(本神奈川県藤沢市)の全株式を、ハムリー社に譲渡する契約を締結した。武田薬品工業は、「オンコロジー(がん)」「消化器系疾患」「中枢神経系疾患」の3つの疾患領域と「ワクチン」に関する研究開発体制の強化に取り組んでいる。武田ラビックスは、武田薬品に対して実験動物の飼育管理、モデル動物の繁殖・供給、実験

オークファン(3674)とデータセクション(3905)、電子レシートプラットフォーム「iReceipt」運営のログノートと資本業務提携

オークファン(3674)とデータセクション(3905)は、電子レシートプラットフォームを運営する株式会社ログノート(東京都品川区)と資本業務提携を締結した。オークファンは、国内外のオークション・ショッピングサイトの一括検索ができるメディア「オークファン(aucfan.com)」、BtoBプラットフォームの「NETSEA」、アセットリクイデーション事業の「リバリュー」等を運営している。データセクショ

コラボス(3908)、ギークフィードの第三者割当増資を引受け

コラボス(3908)は、株式会社ギークフィード(東京都台東区)の第三者割当増資を引受けることを決定した。取得価額は12,064千円。議決権所有割合は34.0%となる。ギークフィードは、コンピュータシステム及びソフトウェアの企画、制作、開発、販売、賃貸借、輸出入、保守及びコンサルティング等を手掛けている。本件により、コラボスは、音声や通信に特化した開発技術力と実績を有するギークフィードとの連携を強化

ストライダーズ(9816)、スリランカで証券関連事業展開SCA社の保有全持分を合弁相手に譲渡

ストライダーズ(9816)は、AsiaCapitalPLC(スリランカ、アジアキャピタル社)と合弁で設立したStriderAsiaCapitalPLC(スリランカ、SCA)に関する保有全株式(持株比率50%)をアジアキャピタル社に譲渡することを決定した。ストライダーズは、アジアキャピタル社とスリランカの証券関連事業を共同で行うことを目的にSCAを設立した。しかし、アジアキャピタル社が自らの事業ドメ

ファステップス(2338)、広告代理店業展開の連結子会社ピーアール・ライフの保有全株式を譲渡

ファステップス(2338)は、連結子会社である株式会社ピーアール・ライフ(東京都台東区)について保有全株式を譲渡することを決定した。譲渡価額は549,550千円。議決権所有割合は51%から0%となる。ファステップスグループは、営業体制の補完やメディア連動型のサイト開発、IT広告等の展開を視野に入れ、平成21年5月に株式譲受けによりピーアール・ライフを連結子会社化した。以後同社において広告代理店業事

日立マクセル(6810)、アイ・オー・データ機器(6916)と資本業務提携で第三者割当増資引受け

日立マクセル(6810)は、アイ・オー・データ機器(6916)との間で資本業務提携及び第三者割当引受によるアイ・オー・データの株式取得を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結した。日立マクセルは、第三者割当引受によりアイ・オー・データの普通株式740,000株(持株比率4.99%)を取得する。払込金額の総額は799,940,000円で、アイ・オー・データの調達資金の額は手取り概算額で798,44

アクロディア(3823)、グアムで運営のビンゴ向けシステム提供会社を完全子会社化

アクロディア(3823)は、アクロディアを株式交換完全親会社、株式会社エンターテイメントシステムズ(東京都新宿区)を株式交換完全子会社とする株式交換に関して、株式交換契約を締結した。エンターテイメント普通株式1株に対し、2,500千円とアクロディア株式55,000株を交付する。アクロディアは、インターネット技術を生かしたスマートフォン向けサービスを実現する基盤技術の提供やコンテンツサービスを主な事

双葉電子工業(6986)、試作・特注品・量産オンデマンド受託製造サービス事業展開のカブクを子会社化

双葉電子工業(6986)は、株式会社カブク(東京都新宿区)の株式を取得し子会社化することを決定した。取得価額は1,355百万円。株式所有割合は90%となる。双葉電子工業は、生産器材の標準化など、モノづくり業界の合理化を推進してきた。カブクは、ICTを活用した試作・特注品・量産オンデマンド受託製造サービス事業を展開している。本件M&Aにより、双葉電子工業は、カブクのソフトウェアの開発力を獲得すること

三栄コーポレーション(8119)、連結子会社の家庭用品ブランドWMF及びSilit製品の販売事業を譲渡

三栄コーポレーション(8119)は、連結子会社であるヴェーエムエフジャパンコンシューマーグッズ株式会社(東京都台東区、WMFJCG)が展開するドイツの家庭用品ブランドWMF及びSilit製品の販売事業を、株式会社グループセブジャパン(東京都港区)に譲渡することを決定した。三栄コーポレーションは、WMF並びにSilitのブランドホルダーであるWMFGroupGmbH(ドイツWMF社)と両ブランド製品

ワキタ(8125)、埼玉県所沢市で建機リース事業展開の泉リースの全株式取得

ワキタ(8125)は、株式会社泉リース(埼玉県所沢市)の全株式を取得し、子会社とすることを決定した。ワキタは、建機事業を主力事業として展開している。泉リースは、所沢市を中心とした近隣地区の建設会社を対象に、建設機械の賃貸及び販売等の建機事業を展開している。本件M&Aにより、ワキタは、既存の拠店と泉リースとの連携による埼玉県を含めた首都圏でのシナジーの創出を図る。●今後のスケジュール契約締結日平成2

菱洋エレクトロ(8068)、IoTシステム開発のウルフと資本業務提携へ

菱洋エレクトロ(8068)は、株式会社ウフル(東京都港区)とIoTビジネスの創出を目的として資本・業務提携に関して合意した。菱洋エレクトロはウフルが実施した第三者割当増資の一部を引受けた。菱洋エレクトロは、半導体/デバイス事業とICT/ソリューション事業を手掛けるエレクトロニクス商社。近年、IoTビジネスを本格展開するための取り組みに注力してきた。ウフルは、デバイスとクラウドをつなぐIoTオーケス

ユニー・ファミリーマートHD(8028)及びドンキホーテHD(7532)、資本業務提携へ

ユニー・ファミリーマートHD(8028)及びドンキホーテHD(7532)は、業務提携、及びユニー・ファミリーマートHDの100%子会社であるユニー株式会社(愛知県稲沢市)の株式の一部をドンキホーテHDが譲受けることについて資本提携に関する基本合意書を締結した。ユニーに対する株式所有割合は、ユニー・ファミリーマートHDが60.0%、ドンキホーテHDが40.0%となる。ユニー・ファミリーマートHD及び

凸版印刷(7911)、インドネシアで軟包材事業展開のPT. Karya Wira Investama Lestariと資本業務提携

凸版印刷(7911)は、インドネシアのPT.KaryaWiraInvestamaLestari(ジャカルタ、KWIL)と資本業務提携契約を締結した。本件に伴い、凸版印刷はKWILの事業子会社であるPT.KaryaKonvexIndonesia(以下、KKI)の株式51%を取得した。凸版印刷は、パッケージ製品の企画・開発・製造を手掛ける総合パッケージ事業を国内外で展開している。ASEAN地域について

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード