M&Aニュース

ルネサス エレクトロニクス(6723)、米国インターシル社を子会社化

ルネサス エレクトロニクス(6723)は、Intersil Corporation(米国カリフォルニア州、インターシル社)を完全子会社とすることについてインターシル社との合意を決定した。

本件は、ルネサス エレクトロニクスが本件買収のために米国デラウェア州に設立する完全子会社とインターシル社とを合併させる逆三角合併方式で行う。合併後の存続会社はインターシル社となり、合併対価としてインターシル社の株主には現金が交付される一方、ルネサス エレクトロニクスの保有する買収子会社の株式が存続会社の発行済み株式に転換されることにより、存続会社がルネサス エレクトロニクスの完全子会社となる。買収価額は約3,219億円。

ルネサス エレクトロニクスは、自動車分野において、自動車向け半導体やIndustry 4.0など新しい取り組みを行っている。

インターシル社は、産業やインフラ、車載、航空宇宙市場向けに、パワーマネジメントICや高精度アナログなどのアナログ半導体製品の開発、製造、販売・サービスを提供している。

本件により、ルネサス エレクトロニクスは、今後の戦略的集中分野において不可欠な要素デバイスのひとつであるパワーマネジメント関連アナログ製品のラインナップ強化、ソリューション提案力の強化、日本国外における拡販力の強化、グローバルマネジメント力の強化などを実現し、グローバル市場での成長戦略を推進する。

●今後のスケジュール
本買収実行日 平成29年度上期中(平成29年12月期)

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ルネサスエレクトロニクスに関連するM&Aニュース

ルネサスエレクトロニクス、オープンソースのマイコンボード提供の伊Arduinoへ約13億円出資

ルネサスエレクトロニクス株式会社(6723、ルネサス)は、Arduino(イタリア)による資金調達に参加し、10百万米ドル(1米ドル130円換算で約13億円)を出資した。ルネサスは、各種半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービスを行っている。Arduinoは、エレクトロニクスやプログラミングの知識がない学⽣でも、簡単にエレクトロニクス製品を試作できるよう設計されたオープンソースのマイ

ルネサスエレクトロニクス、組み込みAIソリューション提供のReality Analyticsを買収へ

ルネサスエレクトロニクス株式会社(6723、ルネサス)は、RealityAnalytics,Inc.(アメリカ・メリーランド州、RealityAI)の買収を決定した。ルネサスは、各種半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービスを行っている。RealityAIは、⾮視覚センサーから得られたデータを収集・解析し、軽量な学習モデルを⽣成するソフトウェア開発環境「RealityAITools」

ルネサス、Wi-FiソリューションプロバイダーのCeleno社を買収へ

ルネサスエレクトロニクス株式会社(6723、ルネサス)は、Wi-FiソリューションプロバイダーであるCelenoCommunications(イスラエル、Celeno社)の買収を行う合併契約を締結した。取得価額は、約359億円。買収対価は、合併契約に定める特定のマイルストーンに沿って段階的に支払われる。ルネサスは、各種半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービス事業を展開している。Ce

ルネサスエレクトロニクス(6723)、米国のアナログ半導体メーカーIntegrated Device Technologyを子会社化へ

ルネサスエレクトロニクス(6723)は、IntegratedDeviceTechnology,Inc.(米国・カリフォルニア州、IDT社)を完全子会社とすることについてIDT社と合意することを決定した。取得価額は約7,330億円。本件では逆三角合併方式を活用する。なお、IDT社取締役会は本件について、全会一致で賛同している。ルネサスエレクトロニクスは、グローバル市場での成長戦略の実現策の一環として

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・合併・子会社」に関連するコラム

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

海外M&A
クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

私は日本M&Aセンター海外事業部のIn-Out推進課に所属しており、主な業務は日本国内の譲受企業に対してASEAN地域の譲渡案件のご提案、アドバイザリー業務を主に行っています。日々多くの日本企業オーナーや、役員、経営企画部、国際部などクロスボーダーM&Aに係る方々と接する中で感じたことを今回はご紹介したいと思います。※本記事は2022年3月に執筆されました。クロスボーダーM&Aが実行できる会社とは

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

「クロスボーダーM&A・合併・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード