M&Aニュース

任天堂(7974)、販売会社であるジェスネットを子会社化およびアジオカよりビデオゲーム卸事業を譲受け

任天堂(7974)は、ジェスネット株式会社(札幌市)の株式を取得し子会社化すること、およびジェスネットが株式会社アジオカ(愛知県西尾市)よりビデオゲーム卸事業を譲受けることを決定し、ジェスネットおよびアジオカとそれぞれ合意した。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A

任天堂は、第三者割当増資引受けとジェスネット既存株主からの取得により、ジェスネットに対する議決権所有割合を70.0%とする。取得価額の総額は4,530 百万円。

現在のジェスネットの大株主であるJホールディングス株式会社は、引き続きジェスネットの普通株式を保有する(議決権所有割合:15.0%)とともに、アジオカはジェスネットが実施する第三者割当増資を引き受け、ジェスネットの普通株式を保有することとなる(議決権所有割合:15.0%)。

ジェスネットおよびアジオカは、長年にわたり任天堂商材を取り扱う国内最大規模の専門商社として、 ビデオゲーム機を中心に、全国的な物流ネットワークを基盤とした販売活動を行ってきた。

本件により、任天堂は、自社の商品開発力とジェスネットおよびアジオカの持つ強固な仕入・販売網を一体化させ、顧客ニーズにタイムリーに対応できる供給体制を整えるとともに、意思決定を迅速に行うことで販売サービスの一層の向上を実現させ、グループ全体の競争力強化と企業価値向上を目指す。

●今後のスケジュール
子会社化及び事業譲受実行予定日 平成29年4月3日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。