M&Aニュース

アインファーマシーズ(9627)、資生堂(4911)よりアユーララボラトリーズの全株式を取得

株式会社アインファーマシーズ(9627)は、株式会社資生堂(4911)より株式会社アユーララボラトリーズ(東京都港区)の株式を取得し、完全子会社化することを決定した。

調剤薬局業界のM&A

アインファーマシーズグループは、調剤薬局の全国チェーンやドラッグ&コスメティックの専門性に特化したストアコンセプトの「アインズ&トルペ」を中心として全国に57 店舗のショップを展開している。

アユーララボラトリーズは、全国の主要百貨店及びインターネット通販を中心に「アユーラ」ブランドの化粧品等の販売を展開している。

アインファーマシーズは、両社のノウハウの融合により、新たな販売チャネルの拡大及び物販事業の活性化を図り、「アユーラ」ブランドの価値向上を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成27年8月31日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

資生堂、クリエイティブ部門を100%子会社化し、「資生堂クリエイティブ株式会社」を設立

株式会社資生堂(4911)は、広告宣伝、化粧品パッケージデザインなどを手がけるクリエイティブ部門を100%子会社化し、「資生堂クリエイティブ株式会社」を設立する。資生堂は、スキンケア、メイクアップ、フレグランスなどの「化粧品」を中心に、そのほか「レストラン事業」「教育・保育事業」などを展開している。本件により、資生堂は、新設会社において新たな未来の美をデザインするクリエイティブ集団への飛躍を目指す

アインHD、大分市を中心に医薬品事業を展開するSKファーマシーと資本業務提携

株式会社アインホールディングス(9627)は、株式会社エス・ケー・ファーマシー(大分県大分市)と資本業務提携を行うことを決定した。取得割合は、20%。アインHDは、調剤薬局・コスメ&ドラッグストアの経営、ジェネリック医薬品の卸売販売、化粧品の販売、売店の経営など、各事業を中心とした企業グループの企画・管理・運営を行っている。SKファーマシーは、大分県大分市を中心に薬局の経営、医薬品の販売、医薬品の

シダックス(4837)、調剤薬局最大手グループアインホールディングス(9627)へ事業譲渡

シダックス株式会社(4837)は、株式会社アインホールディングス(9627)との間で営業開発等に関する業務提携を行うこと及び連結子会社であるシダックスアイ株式会社(東京都調布市、SI社)の全株式をアインHDに譲渡することを決定した。シダックスは、フードサービス事業、車両運行管理事業及び社会サービス事業を自社グループの基幹事業として選択と集中を行うことで、事業ポートフォリオを再構築している。SI社は

資生堂(4911)、アメリカ地域本社を通じて、スキンケアブランド「Drunk Elephant」展開のDrunk Elephant Holdings, LLCを買収

資生堂(4911)は、連結子会社であるアメリカ地域本社のShiseidoAmericasCorporation(米国デラウェア州、SAC)を通じて、DrunkElephantHoldings,LLC(同州)を買収することについて合意し、持分譲渡契約を締結した。DrunkElephantHoldings,LLCは、独自のブランドポジショニングで、米国市場を中心に急成長するスキンケアブランド「DRUN

アインHD(9627)、調剤薬局を営むコム・メディカル及びABCファーマシーを子会社化

株式会社アインホールディングス(9627)は、株式会社コム・メディカル(新潟県三条市)及び有限会社ABCファーマシー(新潟県長岡市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。アインHD(9627)は、調剤薬局の全国チェーンを展開している。コム・メディカル及びABCファーマシーは、新潟県を中心として関東・東北・北陸で調剤薬局56店舗を展開し、社内研修や勉強会の開催により「かかりつけ薬剤師・薬局」

資生堂(4911)、米国ベンチャー企業より人工皮膚形成技術「Second Skin」事業を取得

資生堂(4911)は、アメリカ地域本社であるShiseidoAmericasCorporation(米国デラウェア州)を通じて、OlivoLaboratories(米国マサチューセッツ州、Olivo社)の保有する「SecondSkin」、及び関連事業に関する資産譲渡契約を締結し、譲渡手続きを完了した。Olivo社は、皮膚科学の権威らにより設立されたベンチャー企業。特許技術である「SecondSki

資生堂(4911)グループ、プレステージスキンケアブランド「RéVive」を米国法人に譲渡

資生堂(4911)は、子会社でアメリカ地域本社のShiseidoAmericasCorporation(SAC)が保有するプレステージスキンケアブランド「RéVive」をTengramCapitalPartners(米国・コネチカット州、TengramCapital)に譲渡することで合意し、契約を締結した。RéViveは、2016年7月に資生堂グループ傘下に入ったGurwitchProducts,

資生堂(4911)、米国のAI技術開発のベンチャー企業ギアラン社を買収

資生堂(4911)は、アメリカ地域本社であり連結子会社であるShiseidoAmericasCorporation(米国・デラウエア州、SAC)を通じて、Giaran,Inc.(米国・マサチューセッツ州、Giaran社)を買収した。Giaran社は、AI技術を駆使して、ディープラーニング、データマイニング、予測モデリングの新しいアルゴリズムを開発している。具体的には、バーチャルにメーキャップをした

資生堂(4911)、サロン向けヘアケア事業展開の米国子会社Zotos International Inc.の全株式譲渡

資生堂(4911)は、連結子会社ZotosInternationalInc.(米国コネチカット州、ゾートス社)の全株式を、HenkelAG&Co.KGaA(ドイツ・デュッセルドルフ、ヘンケル社)に、関連事業資産とともに譲渡することに合意し、契約を締結した。全株式および関連事業資産の譲渡対価は4億85百万ドル。資生堂グループは、グローバルレベルでブランドポートフォリオを強化するため、選択と集中を進め

大阪ソーダ(4046)、資生堂(4911)の分析機器製造販売子会社・資生堂医理化テクノロジーを買収

大阪ソーダ(4046)は、資生堂(4911)の連結子会社である資生堂医理化テクノロジー株式会社(京都市)の株式及び資生堂の中国現地子会社である資生堂(中国)投資有限公司のクロマトグラフィー部門を譲受けることに合意した。本件に先立ち資生堂は、クロマトグラフィー事業に関連する権利義務等を会社分割の方法により資生堂医理化テクノロジーへ承継する。対価として資生堂医理化テクノロジーは、資生堂に対し普通株式1

「株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード