M&Aニュース

野村不動産ホールディングス(3231)、連結子会社メガロス(2165)株券を公開買付け

野村不動産ホールディングス株式会社(3231)は、連結子会社メガロス(2165)の株券等を公開買付けにより取得することを決定した。
メガロス取締役会は、本公開買付けに対し、賛同の意見を表明している。

メガロスは、フィットネスクラブサービス及びスクールサービス事業を行っており、首都圏を中心に直営店29店舗のスポーツクラブを展開している。野村不動産HDは、一体経営を実現することで、迅速な意思決定のもと施策を実行し、グループとしての総合力を発揮していく。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成27年5月1日から平成27年6月16日

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

野村不動産ホールディングス・メガロスに関連するM&Aニュース

野村不動産HDの子会社プライムクロス、武蔵の全株式取得、子会社化

野村不動産ホールディングス株式会社(3231)の住宅部門の株式会社プライムクロス(東京都新宿区)は、武蔵株式会社(東京都港区)の全株式取得を完了し、子会社化した。野村不動産HDは、株式の所有を通じたグループ会社の事業活動の管理および経営指導を行っている。子会社プライムクロスは、インターネット広告代理事業、WEB制作事業、デジタルマーケティング支援事業を展開している。武蔵は、不動産関連システム開発企

野村不動産HD、AI搭載の不動産管理プラットフォーム「管理ロイド」を開発・運営するTHIRDと業務提携契約締結

野村不動産ホールディングス株式会社(3231)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合(CVC)」を通して、AI搭載の不動産管理プラットフォーム「管理ロイド」を開発・運営する株式会社THIRD(東京都新宿区)の新株予約権付社債の引き受けを行い、同時に業務提携契約を締結した。野村不動産HDは、株式の所有を通じたグループ会社の事業活動の管理および経営

フォトシンス、野村不動産ホールディングスグループと資本業務提携締結、オフィスや他領域でのID統合やデータマネジメントを通じた空間のDXを加速

株式会社Photosynth(東京都港区、フォトシンス)は、野村不動産株式会社(東京都新宿区)との業務提携契約を締結、およびNREGイノベーション1号投資事業有限責任組合(野村不動産グループCVCファンド、運営者:NNコーポレートキャピタル)との資本提携を締結した。フォトシンスは、IoT関連機器の研究開発、「Akerun入退室管理システム」の開発・提供を行っている。野村不動産は、マンション分譲事業

野村不動産HD(3231)グループの野村不動産、「庭のホテル 東京」保有、運営会社の全株式取得

野村不動産ホールディングス(3231)グループの野村不動産株式会社(東京都新宿区)は、株式会社隆文堂(東京都千代田区)の全株式の譲受について株主と合意に至り、株式譲渡契約を締結した。本契約に基づき、野村不動産は隆文堂社及び100%子会社でホテル運営会社の株式会社UHM(東京都千代田区、UHM社)の全株式を取得する。野村不動産HDグループは、進行中の中長期経営計画において、新たな事業領域としてホテル

この記事に関連するタグ

「TOB・グループ内再編」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

M&A全般
TOB(株式公開買付)とは?目的やメリット・デメリット、事例をわかりやすく解説

近年、ニトリホールディングスの島忠に対するTOB(2020年)、NTTのNTTドコモに対するTOB(2020年)など企業買収のニュースで「TOB」という言葉を耳にする機会が増えています。本記事では「TOBとは一体何か」「どういう時に用いられるのか」というTOBの概要から、買収側、対象企業側それぞれの視点によるメリット・デメリット、国内で行われた事例をわかりやすく解説していきます。(記事最終更新日:

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

調剤薬局業界におけるM&A事例

M&A全般
調剤薬局業界におけるM&A事例

メディカルシステムネットワークとトータル・メディカルサービス両社の概要とM&Aの背景株式会社メディカルシステムネットワーク(以下、「メディシス社」という)は、札幌を本社とする調剤薬局事業を中核とする企業である。1999年創業と比較的若い企業であるが、282店舗を有する業界の準大手で東証一部に上場している。拠点である北海道では109店舗を有し圧倒的なドミナントエリアを形成しているとともに、関東や関西

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード