jpx

会社の譲渡・M&Aをご検討の皆様へ

友好的M&Aで幸せになった経営者イメージ
M&A成約実績業界No.1の当社にご相談くださいM&A成約実績業界No.1の当社にご相談ください
無料で相談する

市況が大きく変化しているいまこそM&Aをご検討ください

いま多くの経営者の方が、市況の大きな変化にともない、先行きによる不安を抱えていらっしゃると思います。

  • Withコロナ時代のM&A

    Withコロナの時代に、ビジネス構造の変化や新しいことへのチャレンジが求められています。それを自力で模索するのか、M&Aで他社と組んで事業を行うのかを検討すべき時期にきています。

  • チャンスを活かすための
    手段としてのM&A

    今後さまざまな業界でさらなる業界再編が起こる可能性があります。市況の変化が必ずしもピンチになるとは限りません。業界構造が変わるほどの大きな波は、競合他社を一気に逆転するチャンスにもなり得るのです。ぜひ、そのチャンスを活かすためにM&Aをご活用ください。

  • 事業承継のためのM&A

    現在、後継者不在問題は社会的な問題となっていますが、今後も不透明な市況が想定されます。これを機にお早めに事業承継についてご準備ください。M&Aで事業承継を解決できます。

日本M&Aセンターが
選ばれる理由

業界No.1の
リーディングカンパニー

  • 圧倒的なM&A実績

    圧倒的なM&A実績

    “累計5,500件超”他社に追随を許さない29年にわたる業界最多のM&A成約実績

  • 業界随一の信用力

    業界随一の信用力

    “400名超”業界最多の専任M&Aコンサルタントと30名超の士業専門家によるサポート体制

  • 高品質なマッチング力

    高品質なマッチング力

    “年間885件”AIも活用した最大のシナジーを得られるお相手とのマッチング

当社のケーススタディ

業界の潮目で考える事業承継のタイミング

エネルギー業界の業界再編を見据えたM&A

業界の規制やルールの変化は、業界再編やM&Aに大きな影響を与えてきました。関東の老舗LP小売のオーナーは、「電力の自由化」を控えて先行き不安な状況の中、自社単独での生き残りは困難と考え、地元の大手エネルギー企業と手を組み、ガス・電気、ホームエネルギーを扱う業態の進化を目的に、M&Aで会社を譲渡し、従業員とお客様を守ることができました。

化粧品会社か港区の人気ケーキ店を傘下にした理由

事業譲渡は会社の人手不足・労働環境を改善する処方箋

「人手不足」をはじめ労働環境に課題を抱えて悩んでいる企業は多いと思います。特に機械化できない職人の技術が求められる仕事の場合、常に仕事を確保した上で人材を育てなくてはならないのに退職が相次いでいく。本件は、そういった成長過程で人手不足に課題を抱えたケーキ作りの企業がM&Aで会社を譲渡し、ものづくりしかできなかった会社の業務改革が進み、数字的にも変化が出ており、社員の働く環境が良くなりました。

閑散期を埋める新たな事業展開

高知の土木工事業と東京の弁当屋、想像しえない異業種M&A

譲渡企業は東京でおむすび屋さんを展開、譲受企業は高知の土木事業という異業種間のマッチング。次の事業展開を図りたかった若手起業家であるオーナーはM&Aで資金力と譲受企業社長による人脈を得ることができ、また公共工事の季節変動を埋めるべく農業へ参入していた譲受企業は販路確保と地方から東京への進出を果たし、双方にWin-Winなケースとなりました。

売上高3億円の会社が売上高20
			  億円のスーパーを買収

赤字でもM&Aは可能!熊本の人吉市に老舗スーパーが残った理由

「事業承継」の成功と自らの「ハッピーリアイア」。経営者の方々が望む最良の締めくくりだと思います。自ら育てあげた会社を託すのは、規模が小さくとも企業の活性化が期待できる若手経営者という選択肢は多くなっています。本件は、地元でスーパー5店舗を展開する売上20億円の企業が、地域密着で売上3億円の卸売業を営む若手経営者に会社を託すことができました。

累計5,500件
M&A業界ではNo.1

M&Aの流れ

無料・秘密厳守・安⼼対応、成約の先まで⾒据えた成功するM&Aの流れ

  1. 無料相談お申込み -秘密厳守の安心対応-

    無料相談お申込み -秘密厳守の安心対応-

    • 経営者が抱える問題や悩みは、なかなか周りの人には相談できないもの。
      当社の経験豊富なコンサルタントに、まずは話してみませんか?相談は無料。解決の糸口が見つかるかもしれません。
      お気軽にお問合せください。秘密厳守で迅速に対応いたします。

  2. 無料個別相談 -あなたに寄り添い、共に解決の糸口を探す-

    無料個別相談 -あなたに寄り添い、共に解決の糸口を探す-

    • 経営者の方が抱える問題や想いをお伺いし、会社の未来のために何が必要か、M&Aに限らず一緒に整理していきましょう。秘密保持厳守、相談は無料です。様々な経営者と向き合ってきた経験豊富なコンサルタントがあなたの想いを受け止めます。

      無料個別相談に関するよくある質問

    • 個別相談で、他社はどのようなことを相談されることが多いですか?

      多いのは、同じ業界におけるM&A動向や規模、年齢など業界のM&Aトレンドを知りたいという方です。
    • 個別相談では、具体的に何をしてもらえるのでしょうか?

      無料の範囲内で、大きく下記の3つの情報提供ができます。

      • 簡易企業評価
      • 売却可能性の検討
      • 同業界の事例、M&A動向
    • 譲渡を決めたわけではないですが、相談しても良いですか?また、どんなタイミングで相談するのが良いでしょうか。

      タイミングは早すぎることはありません。日本M&Aセンターでは、「相談は早く、決断は慎重に」ということをアドバイスしています。
    • 会社売却が成功するまでにどれくらいの期間が必要ですか?

      会社売却に要する期間は、会社の売却理由によっても変わってきます。
      例えば、会社売却理由が後継者不在の場合、最低でも6か月をみていただいております。

  3. 提携仲介の締結

    提携仲介の締結

    • 具体的にM&Aに向けたご支援を開始するための契約を締結します。
      契約の際に仲介業務内容、着手金・成功報酬、契約期間などについても明確に説明いたしますので、安心してM&Aに取り組んでいただけます。ここから、具体的なお相手探しを始め本格的なM&A仲介業務がスタートします。

  4. M&Aの戦略立案

    M&Aの戦略立案

    • 企業評価

      企業の実態をつかむため、企業の収益性や財政状態・成長性・業界特性・経営計画など総合的にチェックし、客観的で公平な評価を行います。

      企業レポート作成

      資料や分析をもとにお相手を探すための企業概要書をまとめます。日本M&Aセンターでは、買い手候補企業に譲渡企業の内容を正確に理解してもらうことはもちろん、譲渡企業自身が把握していない企業の魅力を再発見し、資料に反映するように努力しています。

      候補企業の抽出・選定

      担当コンサルタントが譲渡希望情報を全社で共有し、譲受け企業のマッチングをスタートします。候補企業の抽出と選定は、AIも活用したうえで最終的には経験豊富な担当コンサルタントが実施いたします。

  5. M&Aサービス -マッチング-

    M&Aサービス -マッチング-

    • 候補企業への提案

      リストアップされた企業に提案していきます。情報漏洩を防ぐため、秘密保持契約・提携仲介契約を経て詳細な情報を開示し、検討を進めます。

      トップ面談

      トップ面談とは、譲渡企業と買い手候補企業両社の経営者同士が初めて顔を合わせる場面です。 M&A業界ではまさに「お見合い」とも呼ばれています。もちろん一回だけではなかなか企業文化や経営理念を理解しきれませんので、トップ面談は納得がいくまで行っていただきます。

      交渉・成約

      条件交渉、基本合意契約、買収監査を経て最終条件交渉で細かい事項の調整を行ったのちに最終契約を締結します。最終契約後は「成約式」というセレモニーを行います。まるで結婚式のような雰囲気の中で、新しい門出を祝います。

  6. アフターサービス -PMI-

    アフターサービス -PMI-

    • 社員や取引先への開示(ディスクロージャー)

      お客様企業の社員に、M&Aの事実を直接伝えます。技術や得意先、シェアを理想的な形で引き継ごうとするのであれば「社員のやる気を維持向上させながら買う」ことが大切です。

      具体的なPMIのサポート

      「最高のM&A」は、成約して終わりではありません。企業のシナジー効果を最大化するためには、適切PMI(Post Merger Integration)により、両社が真の融合を果たし、ともに相乗効果を得ながら持続的に発展するプロセスを売り手企業・買い手企業が共同で推進していく必要があります。統合への不安や心配を乗り越えて信頼関係を築くための「最高のPMI」をサポートします。

「でも、M&Aってなんだか不安だなぁ…」という⽅もいらっしゃいます。

高いマッチング力と豊富な実績

業界最大M&Aネットワークを活かした高いマッチング力

国内最大のM&A情報ネットワーク


業種・規模・地域を問わず対応可能な体制

地域金融機関・会計事務所・大手金融機関との国内最大のM&A情報ネットワークを構築。業種・規模・地域を問わず、お客様にとって最大のシナジー効果が発揮できる理想のお相手を探すことが可能です。業界最多となる400名超の専門コンサルタントがお客様のステージに合った対応を実施いたします。

豊富なM&Aノウハウによる価値算定と企業概要書

M&A成約実績累計5,500件超


直近のM&A年間実績885件

業界最多となるM&A成約実績累計5,500件超の豊富なデータから、M&Aフェアバリューを導き出し、魅力を伝える「企業概要書」は、売り手企業が買い手企業からの高い評価を引き出すことが可能です。
当人同士の直接交渉では、食い違いが多く発生しがちですが、M&A実績が豊富な当社が価値算定を行うことで安定した交渉が行うことが可能となります。

豊富なノウハウによる価値算定と企業概要書
情報管理とコンプライアンス

情報管理とコンプライアンス

ISO27001取得

東証⼀部上場

厳しいコンプライアンスを要求される、東証⼀部上場企業として、機密情報は厳重に管理しています。ISMS認証の国際規格ISO27001を取得し、お客様の情報保護に努めています。
また経験豊かなM&Aコンサルタントと弁護⼠など専⾨家がチームで、中⼩企業のM&Aにおけるあらゆるリスクを事前に把握し、対処できます。

企業の存続と発展に寄与する

中⼩企業の友好的M&Aを⽀援


M&Aは成約で終わりでなく成功させる

⽇本M&Aセンターの使命は、M&Aを通じて企業の「存続と発展」に貢献することです。経営者の理念が共鳴してこそ良いM&Aであると考え、譲受け企業の、譲渡企業を⼤切にしたいと思う気持ちの醸成まで配慮しています。
また、実際には約9割が株式譲渡であり、多くが社名や従業員はそのまま残り、全てのステークホルダーがハッピーになるM&Aを⽀援しています。

未来を創造する力

よくあるご質問

  • M&Aの相談をする際、準備すべき資料などありますか?

    あったほうがよい資料はいくつかありますが、必ず必要な資料はありません。
    迷っている、状況が差し迫ってはいない、などでお悩みの方も、まずは早めにご相談いただければそのときのお客様の状況に応じてアドバイスいたします。

  • M&Aに限らず、今後の会社の経営について相談に乗っていただけるのでしょうか?

    オーナー自身が病気やけがで経営体制が揺らいでしまった、東京で就職した息子が帰ってくる気配がない、かといって社員に任せられそうな人材はいない、など、M&Aの前に悩んでいたことがある経営者も多くいらっしゃいますので、その方々がどのように課題解決をしたかもご紹介できます。

  • 日本M&Aセンターに依頼した場合、会社がいくらで売れるのか知りたいのですが?

    当社の無料相談において、簡易企業評価の方法等についてご説明させていただいておりますのでご活用ください。三宅卓著『会社の買い方教えます。』にも簡単な算定方法が書いてあります。
    ただ、正式にM&Aをスタートされるときは、専門家(当社やM&A部署がある金融機関)に評価書を作っていただくことをお勧めいたします。株価評価は、引当、税効果、減損、営業権、キャッシュフローなど、多くの専門的な知識が必要だからです。

  • M&Aの具体的事例をもっと詳細に紹介して欲しい。

    M&Aで会社を譲渡された場合、開示を望まれない方の方が多数です。
    当社はM&Aの当事者の方の心情を最大限尊重したいと考えておりますので、当事者の許可を得た範囲でご紹介させていただいております。
    事例紹介につきましては当WEBサイト上での紹介のほか、適宜当社主催セミナーでM&A体験談の講師としてお話を聞ける機会を作っております。

※M&A仲介業上場企業3社の各直近(2019年および2020年)決算報告書より