コラム

コスト削減とは?削減方法のアイデア、ポイントを解説

経営・ビジネス
更新日:

⽬次

[表示]

コスト削減
経営者として事業を拡大させていくために必要なのは、利益の最大化です。利益を最大化するためには当然ながら売上を伸ばすことが大切ですが、それだけでは十分でありません。売上が伸びたとしても、その分コストも増えてしまっては、思い通りの利益が得られないためです。したがって、利益を最大化するためには、売上を伸ばすことと並行してコスト削減に取り組まなければなりません。

本記事では、企業がコスト削減をするためのさまざまな方法やポイントについて解説します。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、コスト削減をはじめとする様々な経営課題をM&Aで解決するご支援を行ってまいりました。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

コスト削減とは?その目的

企業経営におけるコスト削減の主な目的は「利益の最大化」「業務の効率化」「成長の促進」の3つです。それぞれについて見ていきます。

利益の最大化

経営者として事業を拡大し続けていくためには、持続可能なビジネスモデルでなければなりません。
売上は伸びても、それ以上にコストが増えるようでは、事業の拡大を維持し続けることはできないためです。
したがって、事業拡大と並行してコスト削減も継続的に行わなければなりません。売上の最大化とコストの最小化をセットで行うことで、利益の最大化が達成され、持続可能なビジネスモデルが構築できるようになります。

業務の効率化

コスト削減を行うためには、業務フローを徹底的に見直し、あらゆる場所で無駄を省かなければなりません。
材料の仕入れや運送にかかる費用、人件費などのさまざまな部分を必要に応じて削減し、会社の持つリソースの投入を最小限に抑えていくことが重要です。こうしたコスト削減プロセスを経た結果、その副産物として業務の効率化が達成できます。

業務を効率的に行うことはあらゆる企業で重要になりますが、それを達成するのは決して簡単なことではありません。しかし、コストの削減を目指して業務プロセスの見直しを行うことで、相乗効果的に業務の効率化を達成することが望めます。

成長の促進

コスト削減に成功し利益を最大化できれば、競業他社との競争で優位に立てるようになります。
また、キャッシュフローも改善されるため、大型の設備投資なども行えるようになります。その結果、事業の成長を促進させ、ひいては企業の存続や発展が望めるようになるのです。

また、コスト削減によって獲得した資金を使えば、新規事業への参入や新製品の研究開発、優秀な人材採用が望めます。これらを原資に、さらなる会社の成長が期待できるでしょう。

コストの種類


企業は事業を行ううえで、さまざまな部分に多くのコストを投下しています。コストを削減するためには、投下されたコストのあらゆる部分を見直すことが重要ですが、いきなりすべてに手を付けるのは、リソースに限りのある中小企業にとって現実的な手法ではありません。そこで、コスト削減に取り組む際には、最も重要な部分から始めていくことをおすすめします。効果が出やすい部分からメスを入れ、一定の成果が出たところで徐々に対象を広げていくと良いでしょう。

人件費

人件費は企業が負担するコストの中でも大きな割合を占めます。一方で削減が難しいコストの1つです。

人件費の見直しを行うことで削減できるのは、給料や賞与の支払いだけにとどまりません。たとえば給料や賞与を支払う際に、会社側は従業員などから預かる社会保険料と同額を負担しています。したがって、人件費がコストダウンできれば、こうした社会保険料などの法定福利費や福利厚生費、退職給与引当金などのコストもあわせて引き下げられます。

ただし、企業収益の源泉は人材にあります。単に人件費を削減するだけでは、将来的に収益が先細ってしまいかねません。そのため、人件費の見直しにあたっては、自社の事業戦略に最適化したものでなければなりません。

オフィスコスト

オフィスコストとは、IT機器関連費やさまざまな消耗品費などを含めたもので、その対象はオフィスの賃料や水道光熱費、コピー機などのリース料、システムの管理維持費、事務用品費などさまざまです。

オフィスコストの削減は、一つひとつに劇的な効果があるわけではありませんが、対象が幅広いだけに、細かいコストの見直しを積み上げることで大きな成果を挙げることが期待できます。

採用コスト

採用コストとは、新規人材を採用するためのコストのことです。近年は少子高齢化により、さまざまな業種で人手不足が深刻になっており、人材の採用コストは上がり続けています。こうしたコストを抑えられれば、大きな効果が期待できます。

コスト削減の方法・アイデア


ここで、コスト削減の方法について紹介します。対象を人件費とオフィスコスト、採用コストの3つに絞り、どうやってコスト削減を達成するのかを解説します。

人件費の削減① 業務の見直し、効率化

人件費を削減するための1つ目のアイデアは、業務の効率化です。業務のやり方そのものを見直し、効率化を進めることで人件費を削減できます。

具体的には、オフィスに出勤しなくても働ける職種についてはテレワークを促進し、人件費を削減します。それ以外にも、書類のペーパーレス化や業務のマニュアル化、アウトソーシングの活用などを行うことで業務を効率化させ、人件費の削減を目指します。

人件費の削減② 交通費や出張費の見直し

人件費の削減をするための2つ目のアイデアは、交通費や出張費の見直しです。上述のテレワークを促進し、出勤をしなくてもできる業務に関しては、場所にとらわれず従業員の好きな場所で行ってもらいます。そうすれば、交通費を支払う必要がありません。

また、出張については相手方と直接会う必要がある場合を除き、Web会議などでできるかぎり代用します。そうすれば、出張費を大幅に削減できるでしょう。

オフィスコストの削減① 無駄遣いの見直し

次は、オフィスコストの削減についてです。オフィスコストの削減をするためには、無駄遣いの見直しが効果的です。

具体的には文房具などの消耗品の見直しや、LED化による節電などを行い、無駄遣いをなくします。また社内の隅々まで周知し、全社で無駄遣い削減を徹底させることも大切です。そうすれば、従業員のコスト削減意識が高まり、大きな成果につながるでしょう。

オフィスコストの削減② リース・レンタル・固定費の見直し

オフィスコストを削減するためのもうひとつのアイデアは、コピー機やソフトウェアなどのリースやレンタル、固定費などの見直しです。

コピー機をはじめとするリース物件のランニングコストを見直し、リースやレンタルでなく購入する方が良いものに関しては切り替えを行います。反対にリースにした方が安く済むものがあれば、そちらに切り替えましょう。

また、電気やインターネットなどは毎月使うサービスであるため、これらの契約先を見直すことも大きなコスト削減につながります。特に近年では電気代が高騰しているだけに、定期的に契約を見直すことが大切です。

採用コストの削減① 採用手法の見直し

次は、採用コストの削減です。面接回数を見直したり、インターンシップ制度を導入したりすることで選考プロセスを見直します。また新卒一括採用だけでなく、中途採用やシニア人材の活用など、あらゆる方法を組み合わせて自社の状況に最適な採用方法を構築していくことも大切です。

これら以外にも、会社説明会などをオンラインで行い、求人広告や採用ホームページ、会社紹介の資料作成費などを見直すことも採用コストの削減に効果的です。

採用コストの削減② 人材の定着率を向上

採用コストを削減するためには、人材の定着率を向上させることも重要です。どれだけ採用しても、すぐに離職してしまうようでは、採用コストを削減できません。

定着率を向上させるためには、従業員のモチベーションを上げるとともに、働きやすい職場づくりを行うことが大切です。そうすれば、徐々に定着率が上げられるでしょう。

コスト削減を含むM&Aによるシナジー

M&Aを行うと、さまざまなシナジー効果が創出できます。同業他社を買収できれば事業規模が一気に拡大しますし、他業種を買収すれば新規事業への参入が果たせます。このようにM&Aによって創出されるシナジー効果のひとつが「コストシナジー」です。

たとえば、仕入れを共同で行えばコスト削減や価格値下げの交渉力が強化されるため、購買のシナジー効果が創出できます。また製造ノウハウや技術を共有すれば、製造プロセスの合理化や内製化が進み、製造コストが下げられるでしょう。

物流も統合すれば、運搬コストが下げられますし、販売に関しても設備の共有や販路拡大などによりコストが下がるはずです。

M&Aを上手に活用できれば、こうしたシナジー効果の創出により、さまざまなコスト削減効果が期待できます。

コスト削減を行う流れ


次に、具体的にコスト削減をどのような手順で行うのかについて解説します。コスト削減を行う場合、その流れは以下のようになります。

①現状のコストの把握、削減プランの策定

まず、現状をできるだけ正確にチェックし、どこにどれだけのコストがかかっているのかを正確に把握することから始めます。調査内容を踏まえたうえで、削減できそうな項目を徹底的に洗い出します。

その際には、上述の人件費やオフィスコスト、採用コストの削減などを中心に洗い出していくと効率よくターゲットが見つけられるでしょう。

次に、洗い出した項目ごとにコスト削減目標を設定し、それを実現させるためにはどうすれば良いか具体的なプランを策定します。

②プランの実行・社内共有

次に、策定したプランを実際に実行します。なお実行にあたっては、コスト削減に向けた意志を社内の隅々まで共有しておくように心がけましょう。

全社員がコスト削減に取り組まなければ、思い通りの成果が出ないだけでなく、策定したプラン自体に問題があったかどうかさえ分からないからです。

③結果の分析・検証・改善

最後に、実施した結果を細かく分析し、何ができて何ができなかったのかを把握・分析していきます。その分析結果をもとに、達成できなかった項目について何をすべきかを検討し、改善策を策定・実施します。

なお、こうした一連の作業は、定期的に行うようにすることが大切です。どの部分のコストを優先的に削減すべきなのかは、会社の状況によって異なります。したがって、定期的に内容を見直し、実施していく必要があるのです。

コスト削減のポイント

次は、コスト削減を成功に導くためのポイントについて解説します。コスト削減に成功するために注意すべき点の中で、特に重要なのが以下の3点です。

全従業員が一丸となって取り組む

コスト削減は、日常業務のあらゆる場所で実施しなければなりません。そのため、コスト削減を全社員に周知させ、全従業員が一丸となって取り組む必要があります。

また、常にコスト削減の意識を従業員に持たせるためには、従業員のモチベーションを維持することも大切です。したがって、コスト削減が従業員に対して具体的にどのようなメリット(昇給など)をもたらすのかを、明確にしておく必要があるでしょう。

必要なコストまで削減しない

コスト削減は大切ですが、必要な部分には、コストを十分にかけなければなりません。一般的にコスト削減の成果が出ると、必要なコストまで削減しがちです。そのため、こうした過剰な部分には経営者が常に目を光らせておきましょう。

また、コスト削減を優先した結果、生産性やサービス品質などを犠牲にしないように注意しておくことも大切です。

コスト削減をしたその先まで考える

コスト削減は利益を最大化するために必要な手段のひとつではありますが、削減に成功すれば、必ずある程度のところで頭打ちになります。

コスト削減が手段でなく目的となってしまわないように、コスト削減によって最終的に何を達成したいのかを明確にしておくようにしましょう。

終わりに

企業にとってコスト削減は、利益の最大化や業務の効率化、成長の促進を達成する手段として欠かせない手法のひとつです。コスト削減の対象は日常業務のあらゆる場所に及ぶため、役員以下全社員に対して周知を徹底し、コスト削減に向けた意思統一をすることが重要です。また、どのコストを削減するべきなのかは会社の状況によって変わるため、計画も定期的に見直さなければなりません。

コスト削減を実施する方法は、本記事で紹介したようにさまざまな方法がありますが、M&Aによるコスト削減は特に効果が大きい手法のひとつと言えます。中小企業においては、M&Aはコスト削減だけでなく事業承継などにも使えるため、積極的に検討をしてみる価値は十分にあると言えるでしょう。

ただし、コスト削減を目的とする場合、どのようなM&Aを行うのが最適かは会社によって異なります。したがって、M&Aを検討する際には、専門家のアドバイスを積極的に取り入れながらどうすべきかを判断することをおすすめします。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、コスト削減をはじめとする様々な経営課題をM&Aで解決するご支援を行ってまいりました。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「解説」に関連するコラム

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

経営不振とは?原因や対策、整理解雇の注意点をわかりやすく解説

経営・ビジネス
経営不振とは?原因や対策、整理解雇の注意点をわかりやすく解説

多くの企業では経営陣以下、従業員全員が一丸となり、業績を上げるための努力が日々続けられています。こうした努力がよい結果を生み出し順調に業績を伸ばす企業もあれば、残念ながら経営不振に陥ってしまう企業もあります。本記事では、経営不振の企業に共通する原因を明確にしたうえで、脱却するための方法や、従業員の整理解雇を検討する際の注意点などについて解説します。経営不振から抜け出す有効な手段が見つからない場合は

2024年問題とは?物流・運送業への影響、対策をわかりやすく解説

経営・ビジネス
2024年問題とは?物流・運送業への影響、対策をわかりやすく解説

2024年問題は、主に物流・運送業界、建築業界などに様々な影響を及ぼすとされています。本記事では、物流・運送業界における2024年の概要、想定される影響や対策についてご紹介します。M&Aの目的、検討ポイントは業界・業種によって異なります。物流・運送業をはじめ各業界・業種に精通した専門チームがあなたの会社のM&Aをご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。物流・運送業界のM&Aについ

ROE(自己資本利益率)とは?目安や、ROAとの違いをわかりやすく解説

経営・ビジネス
ROE(自己資本利益率)とは?目安や、ROAとの違いをわかりやすく解説

限られた資源で、経営効率を上げ利益を生み出せるかは、企業の成長と持続性に直結します。そのため経営者や投資家にとってROEは非常に重要な指標になります。本記事では、ROEの概要、高めるポイント等をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらROE(自己資本利益率)

自社株買いとは?企業が行う目的、株価への影響などわかりやすく解説

経営・ビジネス
自社株買いとは?企業が行う目的、株価への影響などわかりやすく解説

東京証券取引所が上場企業に資本効率の改善を要請したことなどを背景に、自社株買いによって余剰資金を株主に積極的に還元する企業の動きが増えています。本記事では、上場企業の自社株買いの概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら自社株買いとは?自社株買いは

フリーキャッシュフロー(FCF)とは?計算方法などわかりやすく解説

経営・ビジネス
フリーキャッシュフロー(FCF)とは?計算方法などわかりやすく解説

会社の経営状態を判断する際に重要な要素と言えば、かつては貸借対照表や損益計算書で表される営業利益や当期利益でした。しかし近年はそれらに加えて、手元の現金や預金などの資金を重視したキャッシュフロー経営が多くの企業で行われています。キャッシュフローにはいくつかの種類がありますが、その中でも特に注目すべきは「フリーキャッシュフロー」です。フリーキャッシュフローがどれくらいかが分かれば、今後どのように事業

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース