コラム

ROEとは?使い方、間違えやすいROAの違いも合わせて解説

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

メジャーな指標であるものの、正しく答えられない人も多い「ROE」。
本記事ではROEについてその活用方法、間違えやすいROAとの違いも含めご紹介していきます。

ROEとは

ROEは「Return On Equity」の略であり「自己資本利益率」を意味します。企業が保有する純資産(株主資本)に対する当期純利益(税引後利益)の割合を指し、企業の収益力を判断するための重要な財務指標の一つです。また、株式投資の指標として近年重要視されており、株主資本利益率とも呼ばれます。

ROEからわかること

企業が自ら保有する資産によって、どれだけ効率的に利益を生み出したかを把握することができます。
ROEの比率が高いと「効率的に多くの利益を生み出す企業」だと判断されます。一方、ROEが低い場合は「経営効率が悪い企業」と見なされ、投資家からの資金調達が難しくなる傾向があります。

ROEの一般的な目安としては10%以上あれば良いとされ、20%を超えると投資する価値がある優良企業と言われています。ただし、日本企業の平均値は5%程度であるため、一概に投資価値がない企業と判断することはできません。また、負債が多い企業はROEの値が高くなる傾向があるため注意が必要です。

ROAとは

ROEと間違えられやすい指標として、ROAが挙げられます。
ROAは「Return On Asset」の略称であり「総資産利益率」を意味します。ROEは「自己資本」に対して、ROAは「総資産」に対しての利益率を表すという違いがあります。ROAは総資産に対する利益の割合のことを指しているため、資本だけでなく負債も考慮した数値、つまり「負債を含めたすべての資産をどれだけ効率的に活用しているか」を示す指標といえます。

ROEの計算式

ROEの計算式は、以下のとおりです。
ROE(%)=当期純利益÷自己資本率×100

この式は、以下のようにさらに細かく分解できます。

ROE(%)=売上利益率×総資産回転率×財務レバレッジ×100

売上利益率・総資産回転率・財務レバレッジの意味と、計算式は以下のとおりです。

- 売上利益率=(売上総利益÷売上)×100
売上高から売上原価を差し引いた総利益が、どれくらい売上高の割合を占めるかを示す指標

- 総資産回転率=売上高÷総資産
すべての資産を使って、どれだけ効率的に売上高を生み出したかという資産効率を示す指標

- 財務レバレッジ=総資産÷自己資本
借入金や社債などの負債を使うことで、企業の総資産が自己資本の何倍となるかを表した数値

次に、ROEを計算するうえで重要な「当期純利益」と「自己資本」について簡単にご紹介します。

当期純利益
最終利益とも呼ばれ「企業の稼ぐ力」を示したものです。
当期純利益の計算式は、「当期純利益=すべての収益-すべての費用」です。

自己資本
企業が自社内部で調達した資本のことを指します。
貸借対照表の株主資本と、評価・換算差額などの合計で求められます。

ROEで確認すべき3つのポイント

ROEを使って投資判断や経営状況を判断する際に、主な確認すべきポイントは以下の3つです。

中小企業の場合、ROE=経営の実態とは限らない

結論からお話しすると、中小企業はROEにこだわるべきではありません。またROEは、経営の実態を表しているものではないという点を理解しておきましょう。
ROEを高めるためには、キャッシュを生み出すことが必要です。ここで中小企業がROEにこだわりすぎると、財務基盤が脆弱になってしまい、経営危機になってしまう可能性があります。
また、中小企業のなかには金融機関から多くの借入をしていて、自己資本が少なくても経営できる企業もあるでしょう。
この場合、自己資本が少ないことからROEは高くなります。
つまり、中小企業は多額の借入が事実上可能だとしても、企業活動の健全性において評価されているとは限りません。このように財務面から見ると、中小企業の実態はROEで表されているとは限らないので注意しましょう。

節税対策 をしている場合、ROEが低くなる可能性がある

節税対策をすると、ROEが低くなることがあります。たとえば法人税を少なくするために、法人保険などを使って当期純利益を小さくする会計処理を行うことは一般的です。あくまで簿価上の利益を減らしているため、実際の利益とは異なるでしょう。しかし利益が減るとROEも減ってしまうので、節税対策をすることによって実態と乖離した数字が出ることもあります。

ROEを高める6つの方法

ROEを高めるには、さまざまな方法があります。今回はROEを高める代表的な方法を、6つ紹介します。

  • コストを削減する
  • 積極的な投資を行う
  • 増配や復配を行う
  • 自社株買いを行う
  • 借入金や社債の割合を増やす
  • 十分な収益のある企業を買収する(M&A)

ROEを高める上記6つの方法について、深掘りしていきましょう。

コストを削減する

ROEは、コストを削減し利益を増加させることによって高められます。
ただし、コストの削減は一時的になる場合も多いです。コスト削減によって利益を高めるためには、毎年コストを削減させ続けなければなりません。この手法は何年も継続できるものではなく、効果には限界があります。

積極的な投資を行う

ROEは自己資本を減らせば増加します。つまり、積極的に設備投資などに回すことで自己資本は減るため、ROEを増やすことが可能です。しかし過度な設備投資は、財務基盤を不安定にさせる可能性がある点に注意しましょう。

増配や復配を行う

配当を増やしたり配当を復活させたりすることによって自己資本が減少するため、ROEは向上します。配当を重視して投資を行う投資家は、FIRE(経済的に自立して早期退職すること)などの影響で増えています。増配や復配は、投資家のニーズを満たすことにもつながるでしょう。

自社株買いを行う

自社株買いによってもROEは増やせます。自社株買いとは、余剰資金を元手にして市場に出回っている自社の株式を購入する手法です。自社株を購入すると、資金を株主に返還する効果があり、自社株を購入した金額分の自己資本が減少します。当然、自己資本が減少するので、ROEは増加します。しかしROEは高まるものの、純資産は減少し、企業の安定性は低下してしまうでしょう。

借入金や社債の割合を増やす

借入金や社債を発行することによって負債が増えるため、結果的にROEは向上します。ただし安易な借入や社債の発行は、無駄な利息を支払うことにもなる点に注意しましょう。

十分な収益のある企業を買収する

十分な収益のある企業を買収するのも、ROEを上げる方法です。収益が上がれば当然、ROEは上がります。もちろんM&AはROEを改善させるだけが目的ではなく、シナジー効果を生むことなど、さまざまな目的があります。デューデリジェンスなど行う作業は多いですが、検討してみる価値はあるでしょう。

終わりに

今回は、ROEについてご紹介しました。株式投資の銘柄選定において、ROEは大きな判断材料になるでしょう。ただし、ROEはあくまで基準の一つです。投資や企業の経営状況を判断するためにはROEだけではなく、総合的に判断するようにしましょう。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「企業評価」に関連するコラム

東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

広報室だより
東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

中堅・中小企業のM&A支援実績NO.1の日本M&Aセンターは、東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」上場を検討する企業様向けの新サービス「GO↗PUBLIC」を始めました。GOPUBLICとはレビューシートを基に上場を目指す企業様の上場可能性を診断するサービスで、現状の会社の状況をスコアリングした上で、TOKYOPROMarket上場までに改善が必要な準備項

PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

経営・ビジネス
PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

投資家等が対象銘柄の購入あるいは動向を注視する際や、M&A算定価格の妥当性を判断する場面で用いる指標の1つにPBRがあります。本記事では、PBRについてその概要や、計算方法、見るべきポイントなどを解説していきます。PBRとはPBRとは、PriceBook-valueRatioの略語で、日本語では「株価純資産倍率」と訳されます。対象企業の現在の株価がその資産価値に対して割高なのか、割安なのか妥当性を

EBITDAとは?メリットや計算式、M&Aとの関連を解説

経営・ビジネス
EBITDAとは?メリットや計算式、M&Aとの関連を解説

『EBITDA』という用語を目にされたことがある方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。長年会社経営を続けてこられてきたオーナーにおかれましても、日ごろの実務において当該用語を目にする機会はほとんど無いのではないでしょうか。実は税務のプロである税理士や監査業務をメインとしている公認会計士であっても、通常業務の中で当該用語を用いる機会は多くありません。多くの方にとって馴染みのない『EBITDA』です

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

経営・ビジネス
PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

M&Aをはじめ、株式投資やベンチャー企業などへの出資を行う現場では、対象となる企業の企業価値を評価する過程で指標が用いられています。これらの指標の中でも、とりわけ多くの現場で用いられている指標の1つが今回解説するPERです。PERは、M&Aの買い手企業が売り手企業のスクリーニングを行う場合や、機関投資家が投資対象の絞り込みを行う場合などに頻繁に用いられています。本記事では、このPERについて、基本

業種特化セミナー「物流企業が高値で会社を譲渡する方法」

広報室だより
業種特化セミナー「物流企業が高値で会社を譲渡する方法」

業界別にコンサルタントがM&A戦略を紹介する日本M&Aセンターによるオンラインセミナーが9月14日に開催されました。物流業界支援室長で業界再編部長の山本夢人が「物流企業が高値で会社を譲渡する方法」をテーマに、M&Aにおける運送会社の企業評価のポイントを解説しました。情報過多の企業評価M&Aで譲渡企業の適切な価値を算出するために必要な企業評価ですが、価格算定方法を知る人が少なく、世の中にはいろいろな

「企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース