コラム

シンガポール投資における2024年のキーワード

長谷川 悠介

日本M&Aセンター 海外事業部 In-Out推進部

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター海外事業部にて東南アジアを中心に、クロスボーダー案件を担当している長谷川です。

今年、20年ぶりの首相交代を控えるシンガポール。
本コラムでは、2024年のシンガポール投資を考えるうえで注目したいキーワードについてお話ししていきます。

「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?  日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支援しています。ご相談は無料です。

2023年のシンガポール投資とクロスボーダーM&A

国土は非常に狭く東京23区ほどの面積しかない国ながら、東南アジアの中心に位置し、貿易と金融で発展を遂げたシンガポール。
シンガポール貿易産業省が1月2日に発表したGDPは前年比1.2%増加とのことで、当初予測されていた数値には至らなかったようですが、常に東南アジアを牽引する様々な取り組みを行っているのがシンガポールです。2024年はどういった成長を遂げるのか、考えてみましょう。

半導体工場への投資が進んだ2023年

コロナによる影響で世界的な半導体不足から、シンガポールにも工場建設や工場設備増設のラッシュが起こった2023年前半でした。
ところが、欧米諸国の金融引き締めの影響もあり、シリコンサイクルの波で世界的なエレクトロニクス部門の不況となり経済は停滞しました。

2024年は米国の政策金利は利下げの予想もあり、シンガポール貿易産業省(MTI)も2024年後半にはエレクトロニクス部門への需要回復が進み、シンガポールの製造業・貿易関連産業では成長が加速すると見込んでいるようです。

2023年はクロスボーダーM&Aも盛んに行われた

日本企業によるシンガポール企業のM&A件数は2022年で東南アジアでも最多の48件で、コロナ渦の件数から1.5倍のペースで推移してきました。

2023年は円安の影響や戦争などによる外的要因で海外への投資がまた足踏み状態になると危惧されていましたが、2023年も1月から9月までで約35件と、成長国として注目されているベトナムやインドネシアの約3倍の件数のM&Aが行われており、日本企業のシンガポール進出は引き続き盛んと言えます。
出典:クロスボーダーM&Aマーケット情報(RECOF)https://www.recof.co.jp/crossborder/jp/market_information/

日本企業によるシンガポール企業の買収事例

ワタミ、シンガポールの食品加工会社 LEADER FOOD グループを買収へ(日本M&Aセンター M&Aマガジン)
ワタミ株式会社が年末にシンガポール企業のシーフード及び肉類の輸入、保管、加工、包装、供給を手掛けるリーダー・フード・グループの株式の80%を取得するとのリリースを出しました。
2023年12月29日付の日本経済新聞では「渡辺美樹会長兼社長はリーダー・フードを傘下に入れることで『アジア全体の店舗に向けた調達力強化につながる』と今回のM&Aの意義を強調した。」と報じられました。

シンガポール企業を買収する目的の一つに、アジア全体の海外戦略を将来的に見据えていることが多くあります。
今回の同社の買収の目的はまさにアジアを見据えての成長戦略だと言えるでしょう。
また、同社が海外企業をM&Aするのは初めてとのこと。シンガポールは世界でも屈指のビジネス環境を有しており、安定したインフラと整備された法制度、安定した政治と社会情勢もあります。さらに、M&Aにおいて重要な財務情報についても、ASEAN他国と比較してもシンガポールは財務の透明性は高いのが特徴です。

シンガポールの特徴については過去の記事を参照ください⇒「ASEAN進出への道はシンガポールから!?投資先としてのシンガポールの魅力とは」

シンガポール投資における2024年のキーワード

ここからは、2024年以降、シンガポール企業への投資やクロスボーダーM&Aを検討する際に注目したい4つのキーワードについて解説していきたいと思います。

4つのキーワードは、それぞれ「物流網の拡大」「自動化」「サイバーセキュリティ」「再生可能エネルギー」です。

「物流網の拡大」と「自動化」

先述したように2024年後半にはエレクトロニクス部門への需要回復が進むとされていることから、シンガポールの製造業・貿易関連産業では成長の加速が見込まれており、その成長の柱となるのが物流網と言えます。

2023年に世界最高の空港に選ばれたチャンギ国際空港ですが、2024年はさらなる拡張で、2030年までに第5ターミナルを建設予定です。観光業はもちろんのこと、貿易関連での成長を後押しするのもチャンギ国際空港の役割と言えるでしょう。

注目される事業分野としては、メディカル関連は温度管理が必要でコンテナ輸送が難しいケースが多く、空輸がメインとなります。また、エレクトロニクス部門に加えて、高齢者社会へ進みつつあるシンガポールにとってヘルスケア部門も注目される可能性があります。

港湾においても新たに開港したトゥアス港は、人件費の高騰にいち早く対応すべく2040年ごろに世界最大級の完全自動化ターミナルとなる見通しです。こうした完全自動化を支えるテクノロジー分野も成長していくと言えるのではないでしょうか。

生成AIの脅威と「サイバーセキュリティ」

2023年は「生成AI元年」とも言うべき年でした。
一気に世間一般に広まったChat GPTをはじめとした生成AIの台頭で、これまで以上に職場や家庭でのIT化も加速しています。

こうなる以前より、サイバーセキュリティの重要性は認識されており、シンガポールのサイバーセキュリティ庁(Cybersecurity Agency of Singapore :CSA)も2018年にサイバーセキュリティ法案改正を行いました。しかし、2023年における生成AIの台頭により高度なディープフェイクをはじめとした脅威が増えており、一方でそれを防ぐためのAI活用も、セキュリティ対策には必須となる時代となりました。

テクノロジーでも常に東南アジアの先端を走るシンガポールにおいて、サイバーセキュリティ関連のM&Aの可能性も開拓していきたいと思います。

「再生可能エネルギー」の中心地

2023年にもさらに浮き彫りとなった日本のエネルギー問題ですが、シンガポールも日本同様に資源を持たない国です。そんなシンガポールがどのようにしてエネルギー問題を克服していくのでしょうか。昨今、SDGsと叫ばれる中、注目されるのは再生可能エネルギーです。シンガポールは再エネのトレーディングハブとしての機能を持つことを目指しています。

再エネの発電量が増加する中、シンガポールは再エネの取引や流通の中心地となり、アジア太平洋地域の再エネ市場において重要な役割を果たすことを目指していることから、再エネ関連も注目すべき分野といえるでしょう。

日本M&Aセンターの海外・クロスボーダーM&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。また、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。
 海外進出や事業継承に関するお悩みはいつでもお問い合わせください。

『海外・クロスボーダーM&A DATA BOOK 2023-2024』を無料でご覧いただけます

データブック表紙

中堅企業の存在感が高まるASEAN地域とのクロスボーダーM&Aの動向、主要国別のポイントなどを、事例を交えて分かりやすく解説しています。日本M&Aセンターが独自に行ったアンケート調査から、海外展開に取り組む企業の課題に迫るほか、実際の成約データを元にしたクロスボーダーM&A活用のメリットや留意点もまとめています。

【セミナー無料公開】M&A件数トップ戦略ハブ・シンガポールの最前事例と案件分析【東南アジアM&A最前線】

著者

長谷川 悠介

長谷川はせがわ 悠介ゆうすけ

日本M&Aセンター 海外事業部 In-Out推進部

幼少期に米国在住、外資系ITコンサルティング会社、外資系金融機関を経て、2022年日本M&Aセンターセンターに入社。東南アジアを中心とした中堅・中小企業と日本企業のクロスボーダーM&A支援に従事。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A」に関連するコラム

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

タイでM&Aを検討する際に留意すること

海外M&A
タイでM&Aを検討する際に留意すること

本記事ではタイでのM&Aにおいてよく問題となる、タイ特有の留意点について解説します。(本記事は2023年2月に公開した内容を再構成しています。)※日本M&Aセンターホールディングスは、2021年にASEAN5番目の拠点としてタイ駐在員事務所を開設、2024年1月に現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、営業を開始いたしました。タイ王国中小企業M&Aマーケ

ベトナムM&Aの競争環境 引くてあまたの現地優良企業を獲得するには

海外M&A
ベトナムM&Aの競争環境 引くてあまたの現地優良企業を獲得するには

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!本記事では、ベトナムでのM&A投資における問題のひとつ、「厳しい競争環境」に関してお話させて頂きます。(本記事は、2022年11月に公開した記事を再構成しています。)独占交渉権とは「独占交渉権」とは、買手である譲受企業と売手である譲渡企業との間で、一定の間に独占的に交渉することができる権利の事です。一般的に買収ターゲット企業の選定後に、初期的な面談(対面/

海外M&Aにおける買収監査/DDチームの選び方

海外M&A
海外M&Aにおける買収監査/DDチームの選び方

本記事ではM&Aにおける終盤ステージである買収監査(デューデリジェンス)における留意点について解説したいと思います。ASEAN・中小M&Aにおける買収監査(デューデリジェンス)M&Aのプロセスでは基本合意契約を締結した後、最終契約に至る準備段階として買収監査が行われます。内容や期間はディールの規模や複雑性によって様々ですが、一般的に財務・税務・法務について専門チームに依頼します。また、場合によって

「クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

GENDAグループ、組織再編を発表

株式会社GENDA(9166)は、同社の連結子会社である株式会社GENDAGiGOEntertainment(東京都港区)、株式会社GENDAGames(東京都港区)、Kiddleton,Inc.(米国テキサス州以下「Kiddleton」)、株式会社アレスカンパニー(東京都港区)、プレビ株式会社(茨城県日立市)との間で、組織再編(子会社の異動・会社分割・合併)を行うことについて、2024年4月23

フランスのKomori Chambon S.A.S.、米ロータリーダイツール・メーカーBernal. LLCから事業譲受

株式会社小森コーポレーション(6349)連結子会社であるKomoriChambonS.A.S.(フランスオルレアン市、以下「KCM」)が、米国子会社KomoriChambonUSACorporation(米国ノースカロライナ州)を通じて米国有数のロータリーダイツール・メーカーであるBernal.LLC(米国ミシガン州、以下「Bernal」)の行うロータリーダイツールの製造・販売・サービス事業譲受に

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース