コラム

日本M&Aセンター成長の軌跡 日本型ブリッツスケール 

広報室だより

⽬次

[表示]

15万人超を動員した「M&Aカンファレンス2021」において、急成長を続ける日本M&Aセンターの経営ノウハウを伝える講演「日本型ブリッツスケール 日本M&Aセンター成長の軌跡」がありました。1991年の当社設立から参画し、中堅・中小企業のM&A仲介業の草分け的な存在である日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が、長く当社社外役員として第三者の視点で経営を見つめたピー・アンド・イー・ディレクションズ代表取締役の島田直樹氏との対談形式で、ビジネスモデルや経営戦略を語りました。

カンファレンスイメージ

11期連続の増収増益で持続的な成長を実現

爆発的な成長を意味する「ブリッツスケール」。日本M&Aセンターは創業2期目から黒字経営を続け、現在11期連続で増収増益を達成し、時価総額は1兆2,000億円まで拡大しました。約3,800社の上場企業の中でもトップクラスの収益性を誇ります。持続的な成長と高い利益率を実現するビジネスモデルについて、島田氏は「圧倒的な情報収集力と品質・標準化、マッチング力が構築できている」と強調します。確固としたビジネスモデルを動かすためには、組織の力が必要だと説明。「ビジョン」「コミュニケーション」「モチベーション」の三要素から日本M&Aセンターの成長を解説しました。

カンファレンスイメージ

ベクトルを合わせるビジョンの重要性

2008年から社長として陣頭指揮を執る三宅は「社員のベクトルを合わせるためには明確なビジョンが必要」と話します。上場企業の経営者は株主や投資家、マーケットに対してビジョンを語る必要性があります。「トップがビジョンにコミットすることが重要」と三宅。約束を破れば信用がなくなるように、トップもコミットメントする姿勢が求められています。ビジョンを語るのはトップだけではなく、社員一人ひとりもビジョンを設定し、それぞれコミットメントすることで、部下が上司を超えていく好循環が社内で生まれると語りました。

カンファレンスイメージ

コミュニケーションの徹底と夢を叶えるモチベーション

組織を動かすために欠かすことのできないコミュニケーション。三宅は「会社の一体感や連帯感をつくることを重視している」と強調します。トップが社員に対して常に発信することは当然のこととして、良き相談相手として社員と向き合い、成長を促す姿勢こそが双方向のコミュニケーションにつながります。

社員の士気は企業の業績に直結する要素です。「モチベーション」の観点から日本M&Aセンターでは会社、家族、個人の充実をマネジメントする「3KM(スリーケーエム)」の考え方が推奨されています。三宅は「社員に夢を見させ、その夢を叶えるための制度設計に知恵を絞ってきた」と振り返ります。自社株のストップオプションをはじめ、社員持株会など社員のモチベーションと会社の業績が連動する仕組みを整えてきました。また社員の幸せと会社の業績を両立させるため「人材ファースト」の考え方で人材活用も進めています。

島田氏は「ビジョン、コミュニケーション、モチベーションの重要性は一般的に当たり前のように語られていますが、日本M&Aセンターは当たり前のことを当たり前に徹底できていることが強みとなっています」と総括します。最後に三宅は「トップが5年同じ取り組みを続けることで会社の文化やDNAになる」と、継続性の意義を伝えました。

【M&Aカンファレンス2021】のアーカイブ視聴はこちらから

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「日本M&Aセンター」に関連するコラム

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

国際女性デーに合わせて企業評価総合研究所・スピアでSDGsイベントを実施

広報室だより
国際女性デーに合わせて企業評価総合研究所・スピアでSDGsイベントを実施

3月8日は国際女性デー。今年のテーマには「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいまBreaktheBias」が掲げられ、世界各地で女性の活躍をたたえるイベントなどが開催されました。日本においても年々注目度が高まり、企業での取り組みも増えています。日本M&Aセンターグループで企業評価等を専門に担う企業評価総合研究所とその子会社のスピアは、それぞれ70名ほどの正社員・契約社員が在籍し、女性が9割近

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

広報室だより
NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

2022年1月13日放送のNHKラジオ「Nらじ」に、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が出演しました。特集コーナー「中小企業の後継者不足その価値を引き継ぐためには」をテーマに、中小企業のM&Aによる事業承継を解説しました。聞き逃し配信はこちら収録機器がずらりと並ぶNHK放送センター13階のスタジオで行われた生放送では、キャスターの眞下貴アナウンサーや出石直解説委員との掛け合いでコーナーが進み

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより
NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

2021年12月10日放送のNHK「NEWSおはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。(動画)NHK「おはBiz5分でわかる経済トレンド中小企業後継者どう探す」日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに

【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

広報室だより
【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

15万人超を集客した「M&Aカンファレンス2021」において、日本M&Aセンター創業者で、現代表取締役会長の分林保弘が「起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある」と題して講演しました。1991年に中小企業の事業承継問題という社会課題にいち早く反応して、40代で脱サラして起業した経験と上場に導いた経営哲学を紹介し、「失敗を恐れず思い切って起業して、上場を目指してほしい」と語りました。社会問題や課題に

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース