コラム

日本M&Aセンターが創業30周年記念スタートアップピッチを開催

広報室だより

日本M&Aセンターは次世代の日本経済を牽引するスタートアップ企業の優秀な経営者を表彰する「スタートアップピッチ」を開催します。2021年11月5日に行われる「M&Aカンファレンス2021」で表彰式を開き、日本の選ばれしスタートアップ企業を選出します。

この度、約2,000社の企業情報を取り扱うベンチャーキャピタル(VC)の4社が推薦したノミネート企業15社が決まりました。ノミネート企業のビジネスモデルは子供の想像力を引き出すオンラインサービスからフィンテック、シェアサロン運営やデザイン制作のDXなど革新的な技術やアイデアで新たな市場を生み出す可能性を秘めています。

JAPAN STARTUP SELECTION

日本M&Aセンターは2018年からスタートアップピッチを開始。IPO(新規公開株式)を目指す経営者を支援する目的で今回3回目を迎えます。過去の表彰企業からは上場企業も誕生し、IPOやスタートアップの登竜門として知名度も高まっております。近年ベンチャーやスタートアップ企業の若手経営者がイグジット(利益回収)や成長戦略のためにM&Aに踏み切るケースも増えており、日本M&Aセンターは若手経営者向けの支援も強化しております。

スタートアップピッチで優秀賞を獲得したスタートアップ企業には、創業30年で時価総額1兆円2,000億円を突破した日本M&Aセンターの成長メゾットとナレッジ(経験)を提供します。全国の金融機関や会計事務所等のネットワークを活用した営業支援のほか、経営幹部との定期ミーティングを通じて経営戦略の立案から実行など全面的にサポートします。

日本M&Aセンター取締役の渡部恒郎は「ゼロからイチを生み出そうと挑戦する起業家を心から尊敬しています。起業家が1つのサービス成功で終わるだけではなく、大きな社会変革につなげていき、実業家に変貌できるように日本M&Aセンターも全力で支援させていただきます」とピッチの意義と強調します。

ノミネート企業

審査員を務める「千葉道場」の千葉功太郎代表取締役は「骨太で人生を賭してでもテーマに取り組む起業家を求めています。実直かつ真面目で社会を変える夢を持っていることも大切です」と語ります。

「D4V Founder&CEO」の高野真氏は「マーケットのポテンシャルがあることが重要。これからより必要な日本が持っているデザイン性とグローバル化で継続できることがポイント」とアドバイスを送ります。

「DIMENSION」の宮宗孝光CEOは「真摯に経営に向き合い、社会の力を借りるためにも魅力度が必要になります。言葉だけではなくビジョンを具現化することが求められます」
と期待します。

「マネーフォワードベンチャーパートナーズ」の金坂直哉代表取締役は「テクノロジーを活用して社会の大きな課題を解決しようとする経営者を支援したい。経営と組織運営には毎日ドラマがある。一つひとつ乗り越えた先にスタートアップの仲間と応援してくださる方との熱い感動が生まれる」と応援します。

ノミネート企業(順不同)

  • Go Visions株式会社
  • MANABIE INTERNATIONAL PRIVATE LIMITED
  • 株式会社TENTIAL
  • サロウィン株式会社
  • 株式会社WRAY
  • AnyMind Group株式会社
  • 株式会社ワークサイド
  • 株式会社オープンロジ
  • Siiibo証券株式会社
  • 株式会社カウシェ
  • 株式会社ガラパゴス
  • 株式会社Fast Beauty
  • HOMMA GROUP株式会社
  • パナリット株式会社
  • 株式会社アイデミー

スタートアップピッチのオンライン視聴はこちらから

この記事に関連するタグ

「IPO」に関連するコラム

サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

広報室だより
サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

2021年10月14日、東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(TPM)」に日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社サトウ産業(新潟県上越市)が上場しました。東京証券取引所では上場セレモニーが行われ、晴れて新潟県の企業では2社目のTPM上場企業となりました。高い内製化率と女性活躍サトウ産業は1974年創業。建築物の構造体である「柱」や「梁」などの設計と製作を

TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

その他
TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

日本M&Aセンターはオンラインセミナー「TOKYOPROMarket上場準備の話~実践編」を開催しました。大きな注目を集めている東京証券取引所のプロ投資家向け市場『TOKYOPROMarket(TPM)』。日本M&AセンターはJ-AdviserとしてTPMへの上場を支援しており、本セミナーでは、日本M&Aセンター上席執行役員TPM事業部長の雨森良治と、上場指導・審査を担当している上場審査部の光浦正

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより
最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYOPROMarket」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。年30%成長を続ける社員と会社―上場セレモニーの感想は?これがよく

『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

その他
『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

東京証券取引所が運営する、TOKYOPROMarket。IPOの世界に20年以上携わり、創成期からTOKYOPROMarketに関与、東京証券取引所の上場推進業務を約6年間ご担当されている絹谷様に、TOKYOPROMarketの過去(立ち上げ時)から現在に至るまでの変化、市場にかける想い、そして、今後の展望などを、率直に語っていただきました。左:株式会社東京証券取引所上場推進部課長(取材当時)絹谷

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース