コラム

ホテル・旅館の休廃業が過去10年で最多 帝国データバンク動向調査

調査データ

⽬次

[表示]

コロナ禍で苦境に立たされているホテル・旅館の休廃業と解散が止まりません。帝国データバンクの全国企業「休廃業・解散」動向調査(2021年10月14日公表)によると、観光関連の休廃業・解散が2020年から大幅に増加しており、ホテル・旅館は2021年1月から9月末までに143件に上り、すでに2020年の1年間を超えて過去10年間で最多件数となりました。2008年のリーマン・ショックに次ぐハイペースで推移しています。全業種では41,761件(前年同期比3・7%減)となり、減少こそしたものの下げ止まりの傾向が見られる結果となりました。

ホテルのイメージ画像

2021年の休廃業・解散件数は5万5千件前後と推計

調査は帝国データバンクが保有する企業データベースなどを元に集計し、個人事業主も含まれています。国による補助金や金融機関による活発な資金供給で、倒産件数は4,534件(前年同期比25%減)と大幅に抑えられている一方で、休廃業・解散件数は微減にとどまり、2021年末までの1年間に55,500~56,000件程度になると推計しています。

業種別では前年同期比で運輸・通信業(531件)、サービス業(5,400件)、不動産業(1,345件)の3業種で増加しました。対してスーパーマーケットなど小売業(2,913件)は前年同期比で1割以上減少し、全体を押し下げる要因となりました。

休廃業・解散件数 推移 帝国データバンク「特別企画2021年1-9月 全国企業『休廃業・解散』動向調査」から引用

先行き不安で休廃業を選択か

全国で緊急事態宣言が解除され、飲食店や小売業、エンタメ産業などで今まで抑制されていた需要の反動が広がり、積極的な事業展開をする企業も出てきています。しかしながら新型コロナウイルスが蔓延した2020年当初から生活様式の変化し、コロナ禍前の売上規模を回復できない業種と企業も少なくありません。すでに宿泊業や旅行業など観光関連産業では、赤字が膨らむ前に事業をたたむ休廃業が2020年を超えており、先行き不安の懸念から、さらに動向を注視する必要性を指摘しています。

引用:帝国データバンク 全国企業「休廃業・解散」動向調査
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p211004.html

この記事に関連するタグ

「廃業・With コロナ」に関連するコラム

資本金を減資する企業相次ぐ

調査データ
資本金を減資する企業相次ぐ

コロナ禍で企業が資本金を減資する事例が増加しています。東京商工リサーチが公表した動向調査によると、資本金1億円超から1億円以下に減資し、税制上の大企業から中小企業に分類が変わった企業は2021年上半期(4~9月)に684社に上り、2020年上半期を大幅に上回る結果となりました。大企業を維持するメリットが低下し、コロナ禍で打撃を受けた財務内容の改善や節税のため、身の丈に合った経営を求める企業体質が背

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

広報室だより
テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

2021年3月13日放映のテレビ埼玉「埼玉ビジネスウオッチ」で、当社と提携している武蔵野銀行の長堀頭取と当社代表三宅が対談の様子が紹介されました!撮影は、2021年2月にオープンした当社21階のオフィスにて行われました。番組では、埼玉県の事業承継やM&Aの現状、武蔵野銀行と当社との協業について語られました。今回は、当日三宅からお伝えした内容を中心に抜粋してご紹介いたします。深刻化する中小企業の「事

5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

調査データ
5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

全国の中小事業者へ事業承継に関する調査を実施(エキテン×Batonz共同調査)経産省の発表によると、後継者不在の70歳以上の経営者が245万人、10年間でその半分の127万社廃業してしまい、さらにその半分の60万社が黒字であるという数字が出ています。企業の黒字廃業を回避し、存続、発展させる一つのツールとしてのM&A(事業承継)がテレビや新聞等のマスコミで大きく取り上げられるようになりました。さらに

コロナ禍にて絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

調査データ
コロナ禍にて絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

いよいよ、激動だった2020年も終わりを迎えようとしてます。まさにコロナにはじまりコロナで終わったそんな1年でした。そんな激動の1年の中、日本M&Aセンターには2020年4月の緊急事態宣言の発令以降、多くの「事業承継」に関するご相談をいただきました。コロナ禍という非常事態の中、事業承継が前倒しとなっている印象を受けたのと同時に、まだまだ「M&A」が事業承継のツールだという認知を広げる必要性があると

コロナ禍で進む公的機関とM&Aプラットフォームの連携~ 一方で本格普及には課題も ~

M&A全般
コロナ禍で進む公的機関とM&Aプラットフォームの連携~ 一方で本格普及には課題も ~

深刻化する事業承継問題の解決に向け行政、地方自治体を始めとする公的支援機関とM&Aプラットフォームとの連携が本格化している。この背景にあるのは、コロナ禍の中、より迅速かつ多数のM&Aのマッチングに対する強い社会的要請がある。2019年12月20日、中小企業庁は黒字廃業を回避するための『第三者承継支援総合パッケージ』を発表し、今後10年間で後継者難により廃業の可能性がある127万事業者のうちその半数

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース