コラム

パートナー戦略で進化した具体的事例2選

M&A全般

⽬次

[表示]

新型コロナウィルスは、これまでだれも経験したことのない恐怖、いつ収束するのか、そして第二波がいつ起こるのかという不安を生みました。人と人の物理的な距離を保つ、密を避けた行動、これまでとは異なる生活様式への変化を求められました。このWithコロナ時代における生活様式の変化は、経済活動にも大きな変化をもたらしています。

連載コラム「Withコロナ新時代を生きる危機に強い会社になるために」の第3回では、改めて危機に強くなるためのポイントを説明し、実際にパートナー戦略を組むことで「危機に強い会社」に変革した2つの事例を動画で紹介させていただきます。

コロナ禍だけではない会社に危機をもたらす非常事態

2008年  リーマンショック 2011年  東日本大震災 2020年  新型コロナウィルス感染拡大

想定し得ない非常時に、経営者は窮地に立たされます。

その時に、本音として思われることは

「またこんなことが起きたら、乗り越えられない。」 「大手と組めたら、この経営の不安が無くなるのではないか。」 「経営のストレスから解放されたい」

ということではないでしょうか。

この先も、新たな感染症の拡大、自然災害、経済危機、人口減少がもたらす危機など 想定しえない非常時は必ずやってきます。 そのような危機に対して、いかに立ち向かうか、危機に強い会社になれるかが重要です。

【動画で解説】パートナー戦略を組み、危機に強い会社になった2つの事例から考える

では、M&A(会社の譲渡)で、危機に強い会社へと変化を遂げた2つの事例から、“パートナー戦略とは具体的にどのようなものか? 「危機に強い会社」になるということはどのようなことか?”動画でご紹介いたします。

【事例1】 動画解説 2:12~7:12 アパレル不況のなかで、自社単独での成長に悩んでいた売上4億円のアパレル会社が物流会社とパートナーを組んで両社の強みを生かし、競争力の高い事業に進化した事例

【事例2】 動画解説 7:15~14:44 採用難や働き方改革の対応に悩んでいた売上3億円の飲食業の会社が大手鉄道グループの傘下に入ることで課題を解決し、地域観光を牽引する企業へ進化した事例

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「With コロナ・パートナー戦略・リスク分散」に関連するコラム

なぜパートナー戦略をとることで危機に強い会社になれるのか

M&A全般
なぜパートナー戦略をとることで危機に強い会社になれるのか

新型コロナウィルスは、これまでだれも経験したことのない恐怖、いつ収束するのか、そして第二波がいつ起こるのかという不安を生みました。人と人の物理的な距離を保つ、密を避けた行動、これまでとは異なる生活様式への変化を求められました。このWithコロナ時代における生活様式の変化は、経済活動にも大きな変化をもたらしています。▼Withコロナ新時代におけるすべての企業・経営者が取るべき戦略(1)「リスク分散」

Withコロナ新時代を生きるための4つの戦略とは

M&A全般
Withコロナ新時代を生きるための4つの戦略とは

新型コロナウィルスは、これまでだれも経験したことのない恐怖、いつ収束するのか、そして第2波がいつ起こるのかという不安を生みました。人と人の物理的な距離を保つ、密を避けた行動、これまでとは異なる生活様式への変化を求められました。このWithコロナ時代における生活様式の変化は、経済活動にも大きな変化をもたらしています。Withコロナ新時代において企業・経営者が取るべき戦略企業はこれまでのビジネスモデル

資本金を減資する企業相次ぐ

調査データ
資本金を減資する企業相次ぐ

コロナ禍で企業が資本金を減資する事例が増加しています。東京商工リサーチが公表した動向調査によると、資本金1億円超から1億円以下に減資し、税制上の大企業から中小企業に分類が変わった企業は2021年上半期(4~9月)に684社に上り、2020年上半期を大幅に上回る結果となりました。大企業を維持するメリットが低下し、コロナ禍で打撃を受けた財務内容の改善や節税のため、身の丈に合った経営を求める企業体質が背

ホテル・旅館の休廃業が過去10年で最多 帝国データバンク動向調査

調査データ
ホテル・旅館の休廃業が過去10年で最多 帝国データバンク動向調査

コロナ禍で苦境に立たされているホテル・旅館の休廃業と解散が止まりません。帝国データバンクの全国企業「休廃業・解散」動向調査(2021年10月14日公表)によると、観光関連の休廃業・解散が2020年から大幅に増加しており、ホテル・旅館は2021年1月から9月末までに143件に上り、すでに2020年の1年間を超えて過去10年間で最多件数となりました。2008年のリーマン・ショックに次ぐハイペースで推移

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

調査データ
5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

全国の中小事業者へ事業承継に関する調査を実施(エキテン×Batonz共同調査)経産省の発表によると、後継者不在の70歳以上の経営者が245万人、10年間でその半分の127万社廃業してしまい、さらにその半分の60万社が黒字であるという数字が出ています。企業の黒字廃業を回避し、存続、発展させる一つのツールとしてのM&A(事業承継)がテレビや新聞等のマスコミで大きく取り上げられるようになりました。さらに

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース