コラム

M&Aカンファレンス2019開催! 2600名超の経営者らが集結!

広報室だより

⽬次

[表示]

2月26日、当社はグランニッコー東京 台場にて、「M&Aカンファレンス 2019」を開催しました。 申込数は昨年のなんと1.6倍の4700名! 経営者や役員、経営企画担当者を中心とした参加者2600名超が、多彩な角度からM&Aの“今”を体感されました。初開催だった去年をはるかに超える盛り上がりを見せ、各セッションは満員御礼!サテライト会場で上映した講演もあったほどです。 本記事では、会場の盛り上がりと一部セッションの内容をレポートします!

受付

朝9時の受付開始時に、さっそく多くの方々が来場!

カンファレンス冒頭ではオープニングムービーが流れ、社長の三宅が登壇。
現在の日本について、「団塊世代が続々と引退しているなか、事業承継は待ったなしの状況。あらゆる企業がM&Aを活用するようになり、成約するのが当たり前になってきた。M&Aを行った双方の企業が相乗効果を発揮するために、PMIや企業評価など、当社が提供する様々なサービスの幅・総合力を感じ、リアルなM&Aを学んでいただければ」と挨拶しました。

社長三宅

開幕の挨拶をする当社社長 三宅 卓

特別ゲストによる基調講演、キーワードは「タイムマネジメント」と「柔軟な人事対応」

佐々木常夫氏

元東レ経営研究所社長
株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表
佐々木常夫氏の基調講演

午前中に行われた特別ゲストによる基調講演では、元東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏が登壇。東レ時代にいくつもの事業改革を実現しながら、家庭生活を両立してきたご自身の実体験をもとに、タイムマネジメントの原則をお話しいただきました。

青野慶久氏

サイボウズ株式会社 代表取締役社長
兼チームワーク総研所長 青野慶久氏の特別講演

午後の基調講演では、サイボウズ株式会社 代表取締役社長の青野慶久氏が登壇し、起業時から現在までに実践してきた柔軟な人事対応について講演。インターネット黎明期から“働き方”について誰よりも考えてこられた青野氏の取り組みと現在のサイボウズの人事制度は、参加者からも共感を得ていたようです。

各分野の第一人者が16のテーマをもとに講演

また、16名のM&Aのプロフェッショナルが、「業界別M&A事情」「成長戦略型M&A」「家族と事業承継」「M&A未来予測」「M&Aテクノロジー」などのテーマを元に、M&Aによって実現する日本の中小企業の未来について、プロフェッショナルによる経験と知識を余すことなく講演しました。 各セッションともご好評をいただきましたが、今回はその一部を抜粋してご紹介します。

メイン事業の成長を狙う、“本業加速型M&A”

業種特化事業部の講演

各業種別に専門コンサルタントが登壇し、最新トレンドを徹底解説!

大会場で行われた「業界別M&Aセッション」は、食品、建設、IT、調剤の各分野の専門コンサルタントが登壇し、M&A動向と成功・失敗事例を紹介。上席執行役員 業種特化事業部 事業部長の渡部恒郎は、強い会社にするためには、総合力を求めるよりも専業に集中することが会社の成長につながる。そのために、隣接業や本業をM&Aで強化する“本業加速型M&A”が重要になってくると説明しました。 8年連続でM&Aが増加傾向にあるIT業界は、案件数がついに1000件を突破。M&Aが活発な背景に、クラウド化が進み受注案件の先行きが不安になっていること、デジタル化が進んでいること、そして慢性的な人材不足が理由と指摘。ITベンチャーのM&Aは今後も増加していくと見込まれているようです。

会社がどう成長すべきかを考える、成長戦略型M&A

取締役の竹内による講演

成長戦略型M&Aについて、取締役の竹内直樹が解説!

当社 取締役 竹内直樹は、「これまで会社が成長するためには、自助努力かIPO(新規上場)しか考えない経営者が多かったが、これからはM&Aという形で外部資源を活用する道が拓ける」とし、実際にM&Aによって成長した会社の事例を交えながら、「借り入れではなく、株式を活用する時代がくる」と、成長戦略型M&Aについて解説しました。

個人が誰かの事業のあとつぎになる、スモールM&Aでの起業!

大山と三戸政和氏の対談

アンドビズ社長の大山敬義と株式会社日本創生投資 代表取締役社長 三戸政和氏の対談

サテライト会場を増設するほど盛況だったスモールM&Aのセッション。アンドビズ 社長の大山敬義と、株式会社日本創生投資 代表取締役社長であり、ベストセラーになった「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」の著者でもある三戸政和氏が対談。 三戸氏は、「副業や複業が社会で受け入れられるようになった今、“株主業”として小さな会社の経営者となる選択肢もある」とM&Aによってすでにある会社や事業を活用して起業することを提案。大山は、「今は自分がどんな生き方をしたいのかを選択できる時代になった。起業には、死の壁といわれる売上1千万円を超えられるかどうかの大きな壁がある。自身がどんな事業をやりたいのか、想いを明確にしたうえであとつぎになることも可能」と話しました。三戸氏が著書で提唱するM&A起業と、それを後押しするM&Aマッチングプラットフォームのバトンズ(Batonz)への期待も大きく、参加者の注目度が高いセッションでした。

独立性を保ちながら外部資源を経営に活かす、「ファンド活用」という選択

ファンドの能登による講演

当社 役員室 部長の能登雄太より
「ファンドの活用による企業の飛躍的成長方法」

事業承継において、ファンドを活用する道があることはこれまであまり知られていませんでした。しかし独立性を保ちながら会社の成長を遂げるため、ファンドへの株式譲渡を選択する中小企業が近年増加傾向にあります。 役員室 部長の能登雄太は、国内のファンド活用状況と、会社の成長のためのファンドの活用事例を解説。 ファンドを活用したことで、採用に課題を抱えていた会社が新卒採用できるまでになり、最終的に営業強化に結びついたケースや、オーナー依存の経営から組織経営ができるようになり、プロジェクトごとのPLの作成までできるようになったケースなどを紹介。 将来的にIPOを考えている会社は、ファンドを主要株主にすることでIPOを実現しやすくなるなど、ファンド活用の可能性を伝えました。

業界別で最も経営者の平均年齢が高い医療業界こそ、M&Aが求められる

医療介護支援部長の谷口による講演

執行役員 医療介護支援部長の谷口慎太郎が医療M&Aについて講演!

全国で高齢化が進むなか、地域医療を守るためにも病院・クリニックの事業承継の課題は深刻です。執行役員 医療介護支援部長の谷口慎太郎は、「経営者の高齢化が最も進んでいるのが医療業界。院長が70代になっても後継者について真剣に考えられていないケースが多い。後継者となる子どもがいる場合は、自身が60歳を過ぎたら経営を学ばせる準備をすべき」と説明。病院を建て替えるのか、新規事業を行うのか、病院機能を転換するのかなど、事業承継後も成長していくための戦略を考えておく必要があると述べました。
会場のロビーには各分野のブースを設置し、サービスを直接紹介したり、講師が参加者と直接交流したりできるエリアをご用意。
また、当社のプロフェッショナルが執筆したM&Aの実用書や解説書を販売した書籍コーナーでは、書店販売に先駆けて新刊を特別販売。多くの方に書籍を手に取っていただきました。

ブースの様子

各ブースも活況で、終日大盛況でした!

大盛況のうちに幕を下ろした「M&Aカンファレンス2019」。 日本M&Aセンターは、今後もさまざまな企画をしていく予定です!

WiNNOVATION M&Aカンファレンス2019 開催レポート

この記事に関連するタグ

「イノベーション・日本M&Aセンター」に関連するコラム

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

広報室だより
NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

2022年1月13日放送のNHKラジオ「Nらじ」に、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が出演しました。特集コーナー「中小企業の後継者不足その価値を引き継ぐためには」をテーマに、中小企業のM&Aによる事業承継を解説しました。聞き逃し配信はこちら収録機器がずらりと並ぶNHK放送センター13階のスタジオで行われた生放送では、キャスターの眞下貴アナウンサーや出石直解説委員との掛け合いでコーナーが進み

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより
NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

2021年12月10日放送のNHK「NEWSおはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。(動画)NHK「おはBiz5分でわかる経済トレンド中小企業後継者どう探す」日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに

日本M&Aセンター成長の軌跡 日本型ブリッツスケール 

広報室だより
日本M&Aセンター成長の軌跡 日本型ブリッツスケール 

15万人超を動員した「M&Aカンファレンス2021」において、急成長を続ける日本M&Aセンターの経営ノウハウを伝える講演「日本型ブリッツスケール日本M&Aセンター成長の軌跡」がありました。1991年の当社設立から参画し、中堅・中小企業のM&A仲介業の草分け的な存在である日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が、長く当社社外役員として第三者の視点で経営を見つめたピー・アンド・イー・ディレクションズ

【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

広報室だより
【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

15万人超を集客した「M&Aカンファレンス2021」において、日本M&Aセンター創業者で、現代表取締役会長の分林保弘が「起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある」と題して講演しました。1991年に中小企業の事業承継問題という社会課題にいち早く反応して、40代で脱サラして起業した経験と上場に導いた経営哲学を紹介し、「失敗を恐れず思い切って起業して、上場を目指してほしい」と語りました。社会問題や課題に

15万超の集客 日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

広報室だより
15万超の集客 日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

日本M&Aセンターのノウハウやナレッジの全てを伝える創業30周年記念オンラインイベント「M&Aカンファレンス2021」が2021年11月5日に都内のホテルで開催されました。日本経済の再興のために欠かせないM&Aと当社への注目度の高さを反映して、カンファレンスには15万件を超える申込総数があり、web配信だからこそできる一大イベントとなりました。豪華財界人をお招きした全43セッションの講演は経営者や

M&A成約件数がギネス世界記録に認定

広報室だより
M&A成約件数がギネス世界記録に認定

日本M&Aセンターが手掛けた2020年のM&A成約件数の783件がギネスワールドレコーズのギネス世界記録(TM)に認定されました。ギネスワールドレコーズ社によると、M&A関連の世界記録は初めてとなり、創業30周年を迎え、M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターの取り組みが世界に認められました。2021年10月13日に日本M&Aセンター本社で認定式が行われました。世界初と世

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース