コラム

ファンドは嫌われ者?

M&A全般

⽬次

[表示]

「IPOしたいと思っているけれど、自社だけではちょっと難しい・・・」 「モノとカネは何とかなるけれど、ヒトの問題が解決できない・・・」 「サポートはしてほしいが、事業のことについてはあまり口を出されたくない・・・」 近頃、このようなご相談が増えてきました。 「ファンドの活用はどうでしょうか?」とお聞きすると、経営者の多くの方が怪訝な顔をして、「ファンドはちょっと・・・」おっしゃります。 確かに、ひと昔前は、ファンドといえば、「ハゲタカ」「乗っ取り」という言葉で表現されていました。 しかし、日本でも近年はさまざまなファンドが作られ、連日紙面にも登場しています。 行政機関や上場企業がファンドを作る時代になったのです。 そのようなファンドは、投資先を成長させることや地方を創生させることをミッション(使命)としています。 「ファンドをうまく利用しようと思っているんです。竹内さん、ちょっと私の考えを聞いてもらえますか?」 1年ぶりにご相談にいらっしゃった社長のお考えは、前回お会いした時と少し変わっていました。

ファンドのミッションは“成長させること”

大企業じゃなければ人は来ない?

「前に相談したときから約1年経って、私なりにいろいろ考えました。 この1年で売上は30%増、利益も15%増えました。自分自身の力で、もう少し伸ばすことはできると思いますが、それではいまの延長線上に限られてしまう。だから、他の方へのバトンタッチが必要なんです。 中堅中小企業としては悪くない会社だと自負しています。でも、優秀な人材はなかなか確保できない。 『IPOに挑戦してみよう』とも思いましたが、上場に耐えられる人員体制を構築できないんです。監査法人も引き受けてくれない。」

ファンド特有の良さがある

ネガティブイメージが強いためパートナーとして毛嫌いされがちなファンドですが、良い所もたくさんあります。 ・いろいろな方面から優秀な人材をひっぱってこられる ・事業会社と違って色がつかない ・IPOを実現させるノウハウを持っている ・必要以上の口は出さない 確かに、事業シナジーの大きさは、事業会社をパートナーとする場合に劣るかもしれません。 でも、自社の事業に成長性がある会社こそ、ファンドを利用することも選択肢とすることができるのはないでしょうか。なぜなら、ファンドもまた、成長性がある会社にしか投資をしないからです。

ファンドは“使う”もの

「ファンドをパートナーにして、人員の補強と上場のノウハウを享受して、数年後には上場したいと考えています。竹内さん、それを実現してくれるファンドは見つかりますか?」 それが、前出の社長の出した結論でした。 当社開催のセミナーでは、ファンドをパートナーに選んだ社長の体験談を語っていただく機会もあります。
「ファンドはちょっと・・・」というイメージが、少しは変わるのではないかと思っています。

書籍『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 常務取締役 営業本部長

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「IPO・ファンド」に関連するコラム

「ファンド」って実際どうなの?!

M&A全般
「ファンド」って実際どうなの?!

日本における日本独自のファンド活動の歴史は長く、おおよそ25年が経過しています。皆様も、メディアを通じて「ファンド」という言葉を見たり聞いたりしていると思います。近年特にメディアに掲載される機会が増えていますね。私が当社で働き始めて10年超が過ぎましたが、その間で「M&A」という言葉は広く世間に浸透し、いまや多くの経営者の方々が「M&A」についての知識をお持ちになっています。一方、メディアを通じて

当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

M&A全般
当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

日本M&Aセンターは、PE(プライベート・エクイティ)ファンドとのM&A仲介の専門家集団として2014年にファンド部を起ち上げました。PEファンドとのM&Aにおいては国内随一の実績を持つファンド部が今回、当社初のファンド関連書籍『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』を発売しました。著者代表としてファンド部部長の能登雄太、宮森智基、萩原駿也に読みどころを聞きしました。(写真左から、宮森

イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

経営・ビジネス
イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

ビジネスやファンドの世界では、これまでに投下した資本を回収することをイグジット(Exit:出口)といいます。スタートアップやベンチャーなどの企業では、「いつ」「どれくらいの資金を」「どのように回収するのか」を策定するイグジット戦略は、ビジネスをスタートするために必要な資金を集めるうえで最も重要な事項の1つです。企業の創業者にはおもに2種類のイグジットがあり、そのどちらを選択するのかによって、そのた

日本M&Aセンターが創業30周年記念スタートアップピッチを開催

広報室だより
日本M&Aセンターが創業30周年記念スタートアップピッチを開催

日本M&Aセンターは次世代の日本経済を牽引するスタートアップ企業の優秀な経営者を表彰する「スタートアップピッチ」を開催します。2021年11月5日に行われる「M&Aカンファレンス2021」で表彰式を開き、日本の選ばれしスタートアップ企業を選出します。この度、約2,000社の企業情報を取り扱うベンチャーキャピタル(VC)の4社が推薦したノミネート企業15社が決まりました。ノミネート企業のビジネスモデ

サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

広報室だより
サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

2021年10月14日、東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(TPM)」に日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社サトウ産業(新潟県上越市)が上場しました。東京証券取引所では上場セレモニーが行われ、晴れて新潟県の企業では2社目のTPM上場企業となりました。高い内製化率と女性活躍サトウ産業は1974年創業。建築物の構造体である「柱」や「梁」などの設計と製作を

【サーチャーに聞く】サーチファンド・ジャパンのサーチャー第一号 大屋 貴司氏

広報室だより
【サーチャーに聞く】サーチファンド・ジャパンのサーチャー第一号 大屋 貴司氏

アメリカで1980年代に誕生したサーチファンドが日本でも黎明期を迎えています。日本M&Aセンターと日本政策投資銀行、キャリアインキュベーションが出資して2020年にサーチファンド・ジャパンが設立されました。サーチファンドとは、経営者を志す人材(サーチャー)と後継者不足に悩む企業をファンドがつなぐ第三者承継の新しい形です。起業と出世以外の第三の経営者へのステップとなり、後継者不在のオーナー社長にとっ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース