日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

コラム

ファンドは嫌われ者?

「IPOしたいと思っているけれど、自社だけではちょっと難しい・・・」
「モノとカネは何とかなるけれど、ヒトの問題が解決できない・・・」
「サポートはしてほしいが、事業のことについてはあまり口を出されたくない・・・」
近頃、このようなご相談が増えてきました。

「ファンドの活用はどうでしょうか?」とお聞きすると、経営者の多くの方が怪訝な顔をして、「ファンドはちょっと・・・」おっしゃります。

確かに、ひと昔前は、ファンドといえば、「ハゲタカ」「乗っ取り」という言葉で表現されていました。
しかし、日本でも近年はさまざまなファンドが作られ、連日紙面にも登場しています。
行政機関や上場企業がファンドを作る時代になったのです。
そのようなファンドは、投資先を成長させることや地方を創生させることをミッション(使命)としています。

「ファンドをうまく利用しようと思っているんです。竹内さん、ちょっと私の考えを聞いてもらえますか?」
1年ぶりにご相談にいらっしゃった社長のお考えは、前回お会いした時と少し変わっていました。


ファンドのミッションは“成長させること”

大企業じゃなければ人は来ない?

「前に相談したときから約1年経って、私なりにいろいろ考えました。
この1年で売上は30%増、利益も15%増えました。自分自身の力で、もう少し伸ばすことはできると思いますが、それではいまの延長線上に限られてしまう。だから、他の方へのバトンタッチが必要なんです。
中堅中小企業としては悪くない会社だと自負しています。でも、優秀な人材はなかなか確保できない。
『IPOに挑戦してみよう』とも思いましたが、上場に耐えられる人員体制を構築できないんです。監査法人も引き受けてくれない。」

ファンド特有の良さがある

ネガティブイメージが強いためパートナーとして毛嫌いされがちなファンドですが、良い所もたくさんあります。

・いろいろな方面から優秀な人材をひっぱってこられる
・事業会社と違って色がつかない
・IPOを実現させるノウハウを持っている
・必要以上の口は出さない

確かに、事業シナジーの大きさは、事業会社をパートナーとする場合に劣るかもしれません。
でも、自社の事業に成長性がある会社こそ、ファンドを利用することも選択肢とすることができるのはないでしょうか。なぜなら、ファンドもまた、成長性がある会社にしか投資をしないからです。

ファンドは“使う”もの

「ファンドをパートナーにして、人員の補強と上場のノウハウを享受して、数年後には上場したいと考えています。竹内さん、それを実現してくれるファンドは見つかりますか?」
それが、前出の社長の出した結論でした。

次回の成長戦略セミナーでは、ファンドをパートナーに選んだ社長に体験談を語っていただきます。
「ファンドはちょっと・・・」というイメージが、少しは変わるのではないかと思っています。

写真:竹内 直樹
日本M&Aセンター
上席執行役員 事業法人部長
竹内 直樹

プロフィール

日本M&Aセンター 上席執行役員 事業法人部長
竹内 直樹(たけうち・なおき)

2007年入社。年間100件を超えるM&Aに携わり、数多くの企業の存続と成長を支援するとともに、数多くのセミナーや勉強会を通じて、中堅・中小企業やベンチャー企業が一段上のステージへ成長するための「成長戦略型M&A」を提唱している。著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。2016年、事業承継ナビゲーターの取締役にも就任(現任)。

Think Owner's

コラム

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。