コラム

九州発!「継営の会」をご活用ください

鈴木 康之

日本M&Aセンター 上席執行役員 提携統括事業部 事業部長

M&A全般

⽬次

[表示]

九州・沖縄・山口県の9県をあわせると、2016年度の休廃業件数は2076件に上ります(2017年3月、東京商工リサーチ調べ)。 これは倒産件数687件に比べて約3倍もの数になっています。この背景としては、経営者が高齢化し、後継者が見つからない会社が多いこととみられています。 うまく事業承継できれば、地元企業が存続し雇用の継続に繋がり、地元経済の落ち込みも低減できます。 これを今、友好的M&Aによる会社譲渡で解決する方法が注目されています。

継営の会のすすめ ~M&Aで後継者問題を解決した元経営者の方が親身に相談に乗ります~

無料個別相談会「継営の会」お申込用紙

九州発!「継営の会」を発足

そこで日本M&Aセンター福岡支店では、独自の取り組みとして2015年に「継営の会」を発足させ、随時開催しております。 事業承継を検討する経営者の方に向けて、その基本的な考え方や対策を学ぶ個人相談会です。そこでは、後継者問題に悩んだ末にM&Aで会社を譲渡して無事に引退された元経営者の方が、準備の段階から成功に至るまでのプロセスを親身になってお話いただけます。「継営の会」でお話しいただいている、元経営者・三浦さんのコメントを少しですがご紹介します。

M&Aをやって良かったと心の底から思う

「M&Aをやって良かったと心の底からつくづく思うんです。譲渡を決めたのは、私自身の安心が一番でした。個人保証から解放され、この先の人生を保証するまとまった額のお金も手にできます。そこは飾りようのない本音です。次に気がかりだったのが、これまでついてきてくれた従業員とその家族です。これは契約上で雇用継続が保証され、一安心しました。最後が、長年に亘りお世話になった取引先を含めた会社の将来のことです。これもスムーズに引き継ぐことができ、ハッピーリタイアができました。 やはり、物事にはタイミングがあって、それを掴むかどうかでその後の人生が大きく変わります。私の成功の要因は、早めの準備と譲渡のタイミングを見極められたことにつきます。今、穏やかな気持ちで、本当にやって良かったと思っています。」 三浦さんは60歳を迎えた時に大腸がんの宣告を受けましたが、幸いにも早期の発見で手術も成功し、今ではゴルフも楽しめるまでの体調までに回復しています。M&Aを実行してハッピーリタイア後は、毎日お孫さんと楽しい第2の人生を楽しまれています。 私どもは「継営の会」を通じて少しでも多くの経営者の皆様にハッピーリタイアを実現して頂きたく、秘密保持厳守の上で、毎日多数の個別相談を実施しています。是非、九州・山口・沖縄の皆様には積極的にご利用頂ければ幸いです。 日本M&Aセンター福岡支店は、九州・沖縄・山口の経営者皆様の、友好的なM&Aによる会社譲渡に対する注目の高まりを背景に、2016年4月に営業所として開設されました。そして1周年を迎える2017年4月には、成約数・人員数も増え「福岡支店」として新たに生まれ変わりました。今後も九州の会社の存続とオーナーのハッピーリタイアに向けて支店メンバー一丸となって九州をサポートいたします。

著者

鈴木 康之

鈴木すずき 康之やすゆき

日本M&Aセンター 上席執行役員 提携統括事業部 事業部長

1975年千葉県生まれ、明治大学卒業。保険関連会社勤務を経て、2008年1月に日本M&Aセンター入社。 2010年4月、日本M&Aセンターの札幌営業所開設にともない、札幌営業所長に就任。 以後、東京本社事業法人部長、営業所長、執行役員・福岡支店長、中四国営業所長、執行役員金融法人部統括部長、 2020年4月、上席執行役員・金融法人部統括部長兼大阪支社長に就任。現在に至る。

この記事に関連するタグ

「経営者」に関連するコラム

ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

経営・ビジネス
ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

近年、ガバナンスについて議論されることが多くなっています。とくに、企業統治という意味のコーポレートガバナンスには、非常に大きな注目が集まっています。しかし、コーポレートガバナンスという言葉を聞くことは多いものの、しっかりと理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。本記事ではガバナンスの中でも特に「コーポレートガバナンス」について詳しくご紹介していきます。ガバナンスとはガバナンスは「統治」、

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース