コラム

継がせる子供に説明責任を果たそう!

事業承継

⽬次

[表示]

当社は1991年の創業以来26年間、「後継者不在問題は、友好的なM&Aで解決できる」、ということを提案し続けておりますが、後継者不在といってもいくつかのパターンがあります。 そもそも子供がいない場合。 そして子供はいるものの、それぞれやりたい仕事があって、実家の事業を継ぐ気がない場合などです。 ここで、経営者の皆様に質問です。「事業を継ぐ気がない」ということをどう判断していますか?本当に継いでほしいと思ったとき、子供に具体的な事業承継の説明を的確にできていますか? ここでは、そのことについて考えてみたいと思います。

事業承継プランはコミュニケーションから

後継者候補への説明責任を果たせていますか?

たとえば創業30年の企業と言えば、それだけ歴史があるということですが、創業社長はカリスマですから、社長が自然体でできることも、子供が継いですぐにできるわけではありません。経理や財務・取引先のことなど、社外にいたら知らなくてもあたりまえです。ましてや、役員やキーマンの性格・能力を把握して経営の采配を振るうという話になれば、どのように実現できるかイメージできないでしょう。 継ぐことを検討する子供からすれば、ずっと父親と一緒にいるからといって、父親が経営している会社の事が良く分かっている訳ではないのです。そうすると、父親の会社の実態を詳しく聞いたり調べたり、そのような会話を父親とするのもどちらかと言えば億劫な話ですし、差し出がましいと思ってしまうかもしれません。したがってそういった話を避けがちになるのは当然のことでしょう。 しかし、残念ながら社長も一人の人間であり永遠に社長業ができるわけではありませんので、子供にせよ、第三者の会社にせよ、バトンを渡していかなければなりません。子供だから会社を継ぐ、長男だから会社を継ぐ、という時代ではないことは、皆さんご存知の通りです。しかし、子供に継がせるために、自社のあらゆる事を把握し、実態を文章や形で示し、SWOT分析をして子供が未来を感じてくれるように説明責任をしっかりと果たして事業承継をしている経営者がどのくらいいるでしょうか?

子供でも第三者でも、正直に話す姿勢は同じ

数ヶ月前テレビで、下町の老舗飲食店の経営者がこんな主旨のコメントをしていました。 「自分が会社を継いだとき、借入金が70億円を超えていた。それを知らずに自分は継ぎ、自分の代で8億円分減らした。子供はこのまま継ぐが、借入金の存在はまだ知らない(笑)」。 この後この会社がどうなるかはもちろんわかりません。ただ人口が減り、国内市場が縮小していくこれからの時代、飲食店で60億円を超える借入金があることはとても重要な事実です。M&Aであれば借入金の存在を知らせずに売却することは許されません。肉親である子供に対しても同様の説明責任を果たさなくてよいのでしょうか? 継いだ子供はそれから30年は経営をしていくわけですから、直近3年位の中期事業計画は必須です。子供に継がせる時も、第三者と継がせるのと同様の準備と努力をしなければ、子供が子供だからという責任感だけで継いでしまう「継がせる不幸」になりかねません。そのためにも、まずは会社の実態把握から始めることをお勧めしたいと思います。 <参考資料> 2代目として、「継がない」選択をした当社の常務大山の経験談インタビューがこちらでご覧いただけます。

フォーブス・ジャパン5月号掲載「継がせる悩みから親を解放しよう」

著者

森山 隆一

森山もりやま 隆一りゅういち

日本M&Aセンター執行役員 金融法人部長

1978年兵庫県生まれ。関西学院大学総合政策学部卒業後、2001年に東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2007年日本M&Aセンターに入社。後継者に悩む中小企業や、更なる成長を志向する中小企業に、M&Aという手段で会社の継続と発展を支援している。ホテルインターコンチネンタル東京ベイ等成約実績多数。2017年4月より、執行役員。

この記事に関連するタグ

「親族内承継・事業承継」に関連するコラム

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第3回「後継者について知ってほしいこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方 ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第2回「最適な後継者選びに必要なこと」~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。中小企業・小規模事業の経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思います

【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

事業承継
【連載】「経営者と家族のための事業承継」現場でみる最新の考え方と進め方  ~第1回 いい事業承継とは?~

中小企業庁の発表では、2025年までに、平均引退年齢である70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万社が後継者未定と言われています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」より)。経営者の皆様の多くは、ご自身の会社の事業をどのように継承していくか、考えられたことがあるかと思いますが、その参考にしていた

事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

事業承継
事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

経営者を引退するとき、事業承継は一族全員の問題になります会社の将来を真剣に考える中で事業承継を考えている経営者の方がまず行うべきことは「将来についてできるだけ早く家族と話し合う」ことです。事業承継とはこれは幹部社員や顧問の弁護士、公認会計士・税理士、関わりのある金融機関などよりも優先すべきことだと私は思います。というのも、驚くべきことに、そもそも、子どもが事業を継ぎたいのか、継ぎたくないのか、親と

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース