コラム

中小企業M&Aの経済効果は1兆8千億円・・・?!

調査データ

⽬次

[表示]

地方創生が日本の重大な政策として認識され、そのなかで「中堅・中小企業の事業承継」について取り上げられることが増えてきました。 もし中堅・中小企業の事業承継が円滑にいかなければ、その地方の企業は廃業・・・産業は衰退・・・産業人口は一層都心に向かうこととなり、その結果地方の人口減少がより進んでしまいます。 つまり、地方創生のカギは中小企業が担っているといえるでしょう。 日本M&Aセンターは、M&Aによって中堅・中小企業を存続・発展に導くことを理念とし、一人一人のコンサルタントの使命となっています。 当社は北海道から沖縄まで日本全国で中堅・中小企業のM&Aを仲介し、存続のお手伝いをさせていただいております。 M&Aのお手伝いをすればするほど、地方創生に貢献できたといえるでしょう。

M&Aが日本の将来に及ぼす影響はいかに?!

中堅・中小企業のM&Aで、日本にはどんな効果が生まれる?

当社は2016年度において、約260社の譲渡企業のM&Aのお手伝いができました。 でも260社の存続・発展と言っても、皆さんにはあまりピンとこないのではないでしょうか。 そこで、「当社が関与したM&Aによっていったいいくらの経済的な損失を回避することができたか?」を表す“M&Aの経済損失回避効果”について、株式会社矢野経済研究所に算定してもらいました。

会社の存続は、1兆円以上の経済効果を生む

M&Aの経済損失回避効果は、「東京オリンピックの経済効果」「九州新幹線の経済効果」などの経済波及効果を測定するときと同じく「産業連関表」を用いて算定します。 結果は、 ■現在の経済損失回避効果     ・・・2,272億円 ■現在の労働誘発効果       ・・・1万9,941人 ■将来の経済損失回避効果(10年) ・・・1兆8,342億円 M&Aによって1万9千人以上の労働機会を誘発することができており、 10年というスパンでみれば、その経済損失回避効果は【1兆8千億円】にも達することがわかりました。

M&Aは日本を救う!その意識を持って・・・

この結果からみて、我々は日本の将来を変える大きな役割を担っていることを改めて認識いたしました。 地方創生による日本経済活性化のためにも、1件でも多くのM&Aを成功に導けるよう、より一層気を引き締めて業務に邁進してまいります。

日本M&Aセンター CSRの取り組み

著者

門野 公造

門野かどの 公造こうぞう

日本M&Aセンター経営企画室上席課長

岡山大学卒業後、2005年に日本M&Aセンターへ新卒入社。M&Aコンサルタントとして複数のM&Aを成約に導き、その後、経営企画室に異動。現在に至る。

この記事に関連するタグ

「CSR・地方創生」に関連するコラム

自治体との「連携協定」ってどんなことをするの?

広報室だより
自治体との「連携協定」ってどんなことをするの?

日本M&Aセンターは、2018年9月21日に高知県と連携協定を締結いたしました。当社が都道府県と連携協定を結ぶのは、今回の高知県が初めてです!都道府県との連携協定とは、具体的に何をするのでしょうか?9月21日高知県庁にて行った連携協定締結式の様子。地元メディアにも取り上げていただきました地域の専門家の養成がメインテーマ提携式で発表された連携項目はつぎの3つ。1.支援機関向け実務セミナーへの講師派遣

【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

広報室だより
【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

コロナ禍で全国にサテライトオフィス開設全国22カ所で開設記念セミナーを開催中日本M&Aセンターは、11月16日より、「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」と題して全国各所にて全国サテライトオフィス開設記念セミナーを全国22カ所で開催しており、中堅・中小企業の経営者を中心に多くの参加・申込をいただいています。コロナ禍は、経営者の皆様との対面での面談を難しくしました。しかし、当社は、地方の経営者

「今日からM&A担当です」と言われたら―!?知っておきたいM&Aに関する資格あれこれ

広報室だより
「今日からM&A担当です」と言われたら―!?知っておきたいM&Aに関する資格あれこれ

M&Aについてはなんとなく知っている。むしろ少し興味はある。けれど、「今日からM&A担当としてよろしくね」と言われたら―あなたならどうしますか?7年前初めてM&A担当になり、お客様の様々な要望に応えるため、2014年にM&Aシニアエキスパート資格を取得した、株式会社東邦銀行法人営業部営業渉外課主任調査役佐藤智春さん。「資格取得はゴールではなくスタート、今は資格をどう活かしていくかを考えています」と

人口減が全国に15年先行して始まった高知。 都会から人を呼びこみ新ビジネスを支援!

経営・ビジネス
人口減が全国に15年先行して始まった高知。 都会から人を呼びこみ新ビジネスを支援!

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。人口減が全国に15年先行して始まった高知県。その高知県を活性化するため、日々奔走する人々がいます。今回お話を伺ったのは、坂本龍馬好きが高じ、広告代理店を退職して高知に移住したという吉冨慎作氏。NPO法人土佐山アカデミー事務局長で、内閣府の認定する「地域活性化伝道師」でもあるそうです。地元の人と都会に住む人をつなぐ役割―土佐山アカデミーでは、

テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

経営・ビジネス
テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。今回インタビューしたのは、高知県土佐町という人口4000人の町で教育支援などを行うNPO法人SOMAの代表理事瀬戸昌宣さんと、副代表理事大辻雄介さん。お二人とも県外出身で土佐町とは縁もゆかりもないとのことですが、なぜ土佐町に移住し、何を目指しているのかお伺いしました。ニューヨークから4,000人の町に移住―ニューヨークのコーネル大学で10年

人口減社会で、地方が生き残るには。 地域活性化は人のアイディア次第

経営・ビジネス
人口減社会で、地方が生き残るには。 地域活性化は人のアイディア次第

日本M&Aセンター経営支援室の笹といいます。経営支援室では、通常、黒字企業であれば実現できるM&Aが難しい、赤字・債務超過の企業の再生を担当しています。私自身、かつて建設会社の2代目息子として育てられ、父の建設会社を継いで事業を拡大したのですが、結果的に38歳の時、会社経営が行き詰まった経験をしています。しかしその経験が、今の企業再生支援の仕事につながっています。この仕事は、主に地方銀行などの地域

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース