M&Aニュース

證券・投資・その他金融業界のM&Aニュース一覧

オリックス、国内船主大手の三徳船舶を買収へ

オリックス株式会社(8591)は、国内船主大手の三徳船舶株式会社(大阪府大阪市)の現株主との間で株式譲渡契約を締結した。本年3月中をめどに、同社の発行済み株式すべてを取得する予定。オリックスは、1960年代後半に国内で中古船リースの取り扱いを始め、現在は船舶保有・運航事業、船舶の売買・仲介、国際的な船舶ファイナンス事業まで、50年以上にわたる事業ノウハウを蓄積している。三徳船舶は1972年に設立さ

オリエントコーポレーション、イオンフィナンシャルサービス子会社のイオンプロダクトファイナンスを買収

株式会社オリエントコーポレーション(8585)は、イオンフィナンシャルサービス株式会社(8570)と業務提携に向けた検討の具体化を進めてきた。本件業務提携の一環として、イオンフィナンシャルサービスの完全子会社であるイオンプロダクトファイナンス株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得し、完全子会社化することについて決議した。オリエントコーポレーションは、個品割賦事業、カード・融資事業、銀行保証事業、

第一商品、子会社の第一プレミア証券の全株式をTRISTARS Consultingに譲渡

第一商品株式会社(8746)は、連結子会社である第一プレミア証券株式会社(東京都渋谷区、以下「プレミア証券」)の株式の全部を、株式会社TRISTARSConsulting(大阪府大阪市、以下「TC社」)に譲渡することを決議した。これに伴いプレミア証券は連結子会社から除外される。第一プレミア証券は、平成17年1月設立の証券会社。TC社は、経営コンサルティングとして事業再生、事業承継、資金調達、研修面

SBIホールディングス、gumiの株式を最大7.58%取得へ

SBIホールディングス株式会社(8473)は、2023年12月26日より、株式会社gumi(3903)株式を取得することとした。本株式取得は、議決権ベースで5%以上を取得することになるため、金融商品取引法第167条第1項及び金融商品取引法施行令第31条に規定する「公開買付け([TOB](/columns/glossary/takeoverbid/)に準ずる行為として政令で定める買集め行為」に該当す

マーチャント・バンカーズ、プラスチック循環再生事業の循環資源ホールディングスと資本業務提携

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、プラスチック循環再生事業を手掛ける循環資源ホールディングス株式会社(東京都新宿区)との間で資本業務提携契約を締結することを決議の上、循環資源ホールディングスへの資本参加を行った。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買、仲介、賃貸および管理業務等、飲食施設及びボウリング場等の運営・管理を行

SBI新生銀行、投資用不動産ファイナンス事業運営のダイヤモンドアセットファイナンスの全株式を取得

株式会社SBI新生銀行(8303)は、投資用不動産ファイナンス事業を営むダイヤモンドアセットファイナンス株式会社(東京都千代田区、以下「DAF」)の全株式を、株式会社キーストーン・パートナース(東京都千代田区、以下「KSP」)が管理・運営するファンドより2024年1月5日(予定)に取得することについて合意し、株式譲渡契約を締結した。SBI新生銀行グループは、銀行とノンバンクの機能を併せ持つハイブリ

日産証券グループ、徳島インベストメントを買収

日産証券グループ株式会社(8705)は、徳島インベストメント株式会社の発行済株式の100%を取得し、同社を完全子会社化することとした。日産証券グループは、連結子会社である日産証券株式会社において、金融商品取引業、商品先物取引業、貴金属地金販売業を営み、これら事業をグループの主力ビジネスと位置付ける。徳島インベストメントは、金融商品仲介業を営む。日産証券グループは徳島インベストメントの株式を取得し、

マーチャント・バンカーズ、循環資源HDと資本・業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、循環資源ホールディングス株式会社(以下、循環資源HD社)との間で資本・業務提携に関して基本合意することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買、仲介、賃貸および管理業務、飲食施設及びボウリング場等の運営・管理等を行う。循環資源HD社は、循環型ビジネスモデルの企画・構築・推進・廃

FPG、アートの共同保有プラットフォーム運営のANDARTを連結子会社化へ

株式会社FPG(7148)は、株式会社ANDART(東京都目黒区)の発行済株式の80%を取得し、連結子会社化した。FPGは、航空機リースやコンテナリース、船舶リース等のタックス・リース・アレンジメント事業や、不動産事業を手掛けている。保有する様々な金融・不動産等のライセンスを活用した新たな商品・サービスの創出を目指している。ANDARTは、アートの共同保有プラットフォーム「ANDART」、美術品売

SBIホールディングス、マイナビと資本業務提携

SBIホールディングス株式会社(8473)と株式会社マイナビ(東京都千代田区)は、資本業務提携契約を締結した。SBIグループは、インターネットをメインチャネルとし、証券・銀行・保険をコア事業とする金融サービス事業を多岐にわたり展開。様々な業態にわたる多くのグループ外企業と提携し、Win-Winな関係を具現化する「オープン・アライアンス戦略」を推進している。マイナビは、「一人ひとりの可能性と向き合い

りそなホールディングス、三菱HCキャピタル傘下の2社を子会社化へ

株式会社りそなホールディングス(8308)は、三菱HCキャピタル株式会社(8593)と、持分法適用関連会社であるディー・エフ・エル・リース株式会社および首都圏リース株式会社の株式追加取得に係る譲渡契約を締結し、2024年1月4日付(予定)で両社を連結子会社とすることを発表した。株式追加取得後、ディー・エフ・エル・リースおよび首都圏リースの両社は、合併に向けて具体的な検討・協議を行っていく予定。りそ

三菱HCキャピタル、グループ会社間で合併へ

三菱HCキャピタル株式会社(8593)は、グループ会社でMHCリユースサービス株式会社(東京都港区)とMHCエコビジネス株式会社(東京都江東区)にて、MHCリユースサービスを存続会社、MHCエコビジネスを消滅会社とする合併を行うことを決定した。本合併後、「MHC環境ソリューションズ株式会社」(以下、新会社)に社名を変更する。三菱HCキャピタルは、リース大手。各種物件のリースや割賦販売、ファイナンス

オリエントコーポレーション、事業再生ファンドに出資へ

株式会社オリエントコーポレーション(8585、以下オリコ)は、地域経済の活性化を目的とした事業再生ファンドへの出資を決定した。オリコは、カード・融資や決済・保証などの事業を行っている信用販売会社。今回の出資は、地域経済の課題となっている企業の過剰債務問題に対し、みずほ銀行との連携からスモールスタートし、その後は地域金融機関とも連携を行い、地域の金融円滑化と経済活性化につながる取り組みを行うもの。ま

みずほリース、インドの連結子会社Rent Alphaの増資引受

みずほリース株式会社(8425)は、連結子会社であるRentAlphaPvt.Ltd.(インドムンバイ、以下RentAlpha社)が増資をし、みずほリース一社が増資引受を実施した。【増資概要】今次増資額:999,968,454.27インドルピー(約18億円)増資後の出資比率:54.7%みずほリースは、株式会社みずほフィナンシャルグループ(8411)の持分法適用関連会社で、業界大手の総合リース会社。

オリエントコーポレーション、Futureとの間で資本業務提携を実施

株式会社オリエントコーポレーション(8585、以下オリコ)は、Future株式会社(東京都港区)と、資本業務提携を実施した。なお、今回の出資は「OricoSustainabilityFund」を活用した。オリコは、カード・融資や決済・保証などの事業を行っている信用販売会社。Futureは、モビリティ・ロボットの研究・開発・製造・販売・修理、MaaS・地域DX事業、GXプラットフォーム開発を行ってい

三菱HCキャピタル、クレジットエンジン・グループとの間で資本業務提携契約を締結

三菱HCキャピタル株式会社(8593)とクレジットエンジン・グループ株式会社(東京都港区)は、資本業務提携契約を締結した。三菱HCキャピタルは、リース大手。各種物件のリースや割賦販売、ファイナンス業務等を行っている。クレジットエンジン・グループは、オンライン融資システム「CELoan」、オンラインリーシングシステム「CELeasing」など、金融機関向けのオンライン融資プラットフォームの企画・開発

GFA、ブレイブ少額短期保険との間で資本業務提携契約を締結へ

GFA株式会社(8783)は、ブレイブ少額短期保険株式会社(東京都中央区、以下ブレイブ社)との間で、弁護士保険事業に関して資本参加を含む業務提携契約を締結することを決定した。異動後の議決権所有割合は、12.13%となる。GFAは、主に金融サービス事業、サイバーセキュリティ事業、空間プロデュース事業およびゲーム事業を行っている。ブレイブ社は、少額短期保険業者。日本における法的トラブルや事故に巻き込ま

イオンフィナンシャルサービス、ベトナムの金融企業PTFを完全子会社化へ

イオンフィナンシャルサービス株式会社(8570)は、PostandTelecommunicationFinanceCompanyLimited(ベトナムハノイ、以下PTF)の持分を取得し、完全子会社とする持分譲渡契約の締結を決定した。取得価格は、4,300,000百万ベトナムドン:約262億円(1ベトナムドン=0.0061円で換算)。子会社化の実施時期は2024年を見込む。イオンフィナンシャルサー

ランドビジネス、婦人服縫製のサンクを完全子会社化へ

株式会社ランドビジネス(8944)は、株式会社サンク(福島県福島市)の全株式を取得することを決定し、株式譲渡契約書を締結した。本株式取得により、サンクはランドビジネスの完全子会社となる。ランドビジネスは、賃貸・分譲・不動産開発・建設・設計・施工監理をトータルにプロデュースする不動産デベロッパー。サンクは、1985年創業の婦人服縫製会社。ランドビジネスは今年7月に、紳士服縫製のジェンツ(福島市)を子

マーキュリアホールディングス、JX金属プレシジョンテクノロジーへの出資について発表

株式会社マーキュリアホールディングス(7347)の中核会社である株式会社マーキュリアインベストメント(東京都千代田区、以下MIC)が無限責任組合員を務めるマーキュリア日本産業成長支援2号投資事業有限責任組合は、JX金属株式会社(東京都港区)より、JX金属プレシジョンテクノロジー株式会社(東京都台東区、以下JXPT)の株式を譲受け、出資を行うことを決定した。マーキュリアホールディングスは、グループに

芙蓉総合リース傘下のシャープファイナンス、Medical Shiftより「デンタルマッチ」事業を譲受け

芙蓉総合リース株式会社(8424)の連結子会社であるシャープファイナンス株式会社(東京都千代田区)は、株式会社MedicalShift(東京都港区)より、歯科衛生士の人材紹介サービス「デンタルマッチ」事業を2023年10月1日付けで譲り受けた。芙蓉総合リースは、大手総合リース会社。機械設備などのリース、割賦販売や金融業務およびコンサルティングなどを行っている。MedicalShiftは、2019年

SBIホールディングス、グループにおける英国拠点の強化・再編へ

SBIホールディングス株式会社(8473)は、連結子会社である株式会社SBI証券(東京都港区)、株式会社SBI新生銀行(東京都中央区)、およびShinseiInternationalLimited(英国ロンドン、以下SIL)は、グループ会社間の相互補完と機能強化を目的とした再編(子会社の異動および商号変更)に合意した。SBIホールディングスは、金融サービス事業、アセットマネジメント事業等を行うグル

三菱HCキャピタル、再編により孫会社を子会社化へ

三菱HCキャピタル株式会社(8593)は、ASEAN地域における子会社MitsubishiHCCapitalAsiaPacificPte.Ltd.(シンガポール)より、同社の子会社(三菱HCキャピタルの孫会社)2社および孫会社(三菱HCキャピタルのひ孫会社)1社の株式を取得、子会社化することを決定した。三菱HCキャピタルは、リース大手。各種物件のリースや割賦販売、ファイナンス業務等を行っている。M

アルヒ、株式交換によりSBIエステートファイナンスを完全子会社化へ

アルヒ株式会社(7198)は、アルヒを株式交換完全親会社、SBIエステートファイナンス株式会社(東京都新宿区)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社の間で株式交換契約を締結した。本株式交換の実行により、SBIエステートファイナンスはアルヒの完全子会社となる。アルヒは、SBIエステートファイナンスの普通株式1株に対して、アルヒ普通株式3,862株を割当交付する。アルヒは、住宅ロー

フューチャーベンチャーキャピタル、クオントディテクトに投資実行

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(8462)は、かんしん事業承継&未来創造投資事業有限責任組合(以下、かんしん事業承継&未来創造ファンド)より、株式会社クオントディテクト(東京都千代田区)に投資を実行した。フューチャーベンチャーキャピタルは、京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。キャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促

Jトラスト、西京カードの全株式取得へ

Jトラスト株式会社(8508)は、西京カード株式会社(東京都江東区)の全株式を取得することを決定し、本件株式譲受に係る株式譲渡契約を締結した。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約140百万円。Jトラストは、日本金融事業、韓国およびモンゴル金融事業、東南アジア金融事業、投資事業等を行うグループの持株会社。西京カードは、個別信用購入あっせん事業、融資事業を行う。本件M&Aにより、Jトラストは、両社

SBIホールディングス、メディカル・データ・ビジョン株式を追加取得

SBIホールディングス株式会社(8473)は、メディカル・データ・ビジョン株式会社(3902)株式を追加取得すると発表した。SBIホールディングスは、金融サービス事業、アセットマネジメント事業等を行うグループの持株会社。メディカル・データ・ビジョンは、医療・健康分野のICT化を促進するソリューションを提供している会社。国内最大規模の診療データベースを持つ。SBIホールディングスは、事前に取得してい

SBIホールディングス、プロジェクトカンパニー株式を5%以上取得へ

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社プロジェクトカンパニー(9246)の株式取得を発表した。SBIホールディングスは、金融サービス事業、アセットマネジメント事業等を行うグループの持株会社。プロジェクトカンパニーは、SNSの運用によるWebマーケティング支援を行っている。本株式取得は、事前に取得していたものと合わせて議決権ベースで5%以上を取得することになる。・今後の予定株式取得期

いちご、トランクルームのレンタルを行うストレージプラスを譲渡へ

いちご株式会社(2337)の完全子会社である株式会社セントロ(東京都港区)は、セントロが100%出資するストレージプラス株式会社(東京都千代田区)の株式を、アジア太平洋の主要セルフストレージ投資家へ譲渡することを決定し、契約を締結した。いちごは、「心築」事業・アセットマネジメント事業・クリーンエネルギー事業を手掛けている。2017年7月にセントロの全株式を取得し、セントロ傘下のストレージプラスをグ

SBI証券傘下のSBI M&Aソリューション、辻・本郷 M&Aソリューションと合併へ

SBIホールディングス株式会社(8473)および株式会社SBI証券(東京都港区)と辻・本郷グループは、SBI証券の完全子会社であるSBIM&Aソリューション株式会社(東京都港区、以下SBIMAS)と辻・本郷M&Aソリューション株式会社(東京都千代田区、以下辻・本郷MAS)の間で、SBIMASを存続会社とする吸収合併にかかる合併契約を締結した。SBIMASは、M&Aアドバイザリー業務の提供を行う。辻

證券・投資・その他金融業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード