M&Aニュース

GFA、子会社のガルヒ就労支援サービスの全保有株式を同社代表取締役に譲渡

更新日:

GFA株式会社(8783)は、GFA子会社であるガルヒ就労支援サービス株式会社(宮崎県都城市、以下「ガルヒ社」)のGFA保有株式の全てをガルヒ社代表取締役の宮脇正氏に譲渡(以下、「本株式譲渡」)することを決議いた。

なお、本株式譲渡に伴いまして、ガルヒ社はGFAの連結子会社から除外される。

GFAは、不動産・金融事業を本業とし、最先端のメタバース空間の展開を含めた様々な事業開発・金融支援を行っている。

ガルヒ社は、障害者総合支援法に基づく指定障害者福祉サービス事業、職業能力の開発及び雇用機会の拡充を支援する事業、就労支援事業FC本部の運営を行う。

譲渡の理由

現在、GFAにおいては優先的に財務状況の改善に向けて、資金繰りの懸念を解消し、グループ内の既存事業を適切に推進することによって、継続的に利益を獲得できる体制の再構築を行っている。GFAグループ事業の再編として、特に事業の選択と集中を意識して中核となる既存事業に経営資源を集中させ、事業価値を高めていく経営戦略を図っている。

そのなかで、GFAとして、早急にグループ全体での収益基盤の安定化が必要であることを踏まえて、ガルヒ社については外部企業への売却も視野に検討してきた。また代表である宮脇氏とは現状のガルヒ社の事業状況から今後の経営方針など、双方で今後どのように経営を進めていくべきかについて、併行して協議を実施してきた。

本株式譲渡に関しては、その協議のなかで、宮脇氏自身でGFAが保有する全株式の取得をしたい旨の申し出があったことから、決定している。

譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況

(1)異動前の所有株式数:510株(議決権所有割合:51.00%)
(2)譲渡株式数    :510株(議決権所有割合:51.00%)
(3)譲渡価額     :相手先の意向により、非開示とする。
(4)異動後の所有株式数:0株(議決権所有割合:0%)

日程

(1)取締役会決議日:2024年5月31日
(2)譲渡契約締結日:2024年5月31日
(3)株式譲渡実行日:2024年5月31日(予定)

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

GFAに関連するM&Aニュース

GFA、ブレイブ少額短期保険との間で資本業務提携契約を締結へ

GFA株式会社(8783)は、ブレイブ少額短期保険株式会社(東京都中央区、以下ブレイブ社)との間で、弁護士保険事業に関して資本参加を含む業務提携契約を締結することを決定した。異動後の議決権所有割合は、12.13%となる。GFAは、主に金融サービス事業、サイバーセキュリティ事業、空間プロデュース事業およびゲーム事業を行っている。ブレイブ社は、少額短期保険業者。日本における法的トラブルや事故に巻き込ま

GFAとN3が資本業務提携へ

GFA株式会社(8783)は、N3株式会社(東京都千代田区)との間で、WEB3事業に関して資本参加を含む業務提携契約を締結することを決定した。GFAは、主に金融サービス事業、サイバーセキュリティ事業、空間プロデュース事業およびゲーム事業を行っている。N3は、WEB3をプラットフォームとしたプロデュースを展開している。TikTokフォロワー85万超の人気キャラクターIP「BLUBEA」をコレクション

GFA、クレーンゲームジャパンを子会社化へ

GFA株式会社(8783)は、クレーンゲームジャパン株式会社(埼玉県さいたま市)の株式取得・子会社化について、株式会社LEOエージェント(埼玉県さいたま市)と基本合意した。GFAは、主に金融サービス事業、サイバーセキュリティ事業、空間プロデュース事業及びゲーム事業を行っている。クレーンゲームジャパンは、アプリゲーム、クレーンゲームマスター「クレマス」の開発・運営を行っている。本件M&AによりGFA

GFA、運送業を行うフィフティーワンを株式交付により子会社化へ

GFA株式会社(8783)は、GFAを株式交付親会社とし、株式会社フィフティーワン(東京都江東区)を株式交付子会社とする株式交付を行うことを決定した。フィフティーワンの普通株式1株に対してGFAの普通株式4,625株を交付する。GFAは、フィフティーワンの株式80%を保有する筆頭株主となる。GFAは、グループで金融サービス事業、サイバーセキュリティ事業、空間プロデュース事業およびゲーム事業を主な事

GFA、不動産投資事業を展開し「WARASHIBE」を開発・運用するSATASと資本業務提携へ

GFA株式会社(8783)は、株式会社SATAS(東京都港区)との間で資本・業務提携契約の締結を決定した。GFAは、ファイナンシャルアドバイザリー事業、不動産投融資事業を展開している。SATASは、創業以来、不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開し、オリジナルブランド「ゆうゆう倶楽部」の販売・運用を行っている。また、インターネットを

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード