M&Aニュース

三菱商事のM&Aニュース一覧(2ページ目)

三菱商事(8058)と中部電力(9502)、再生可能エネルギー開発事業を展開するオランダEnecoの全株式取得

三菱商事(8058)と中部電力(9502)は、Eneco社(オランダ・ロッテルダム)を買収した。三菱商事と中部電力が共同で設立したDiamondChubuEuropeB.V.を通じて、100%の株式を約5千億円で買収した。Enecoは、電力・ガス・熱併給の総合エネルギー事業をオランダ、ベルギー、ドイツ等で事業を展開している。再生可能エネルギー開発を積極的に進めるとともに、小売事業においてデジタル技

三菱商事(8058)、関連会社DGC Westmoreland, LLCの一部持分をKyuden International Westmoreland, LLCに譲渡

三菱商事(8058)は、完全子会社であるDiamondGeneratingLLC(DGLLC)が保有する連結子会社DGCWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、DGCWML)の持分25%をKyudenInternationalWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、九州電力)に譲渡することを決定した。譲渡持分数は、62,086,412米ドル、所有持分割合は、75%となる

エムティーアイ(9438)の調剤薬局ICT化事業展開の子会社ファルモ、三菱商事(8058)に第三者増資割当、資本業務提携

エムティーアイ(9438)は、連結子会社である株式会社ファルモ(東京都新宿区)がエムティーアイおよび三菱商事(8058)を割当先とする第三者割当増資を実施することを決定した。増資後の株式保有比率は、エムティーアイ55.17%、三菱商事22.41%、ファルモ代表取締役社長広井氏22.33%となる。なお、第三者割当増資のほか、広井氏から三菱商事へ普通株式300株が譲渡された。エムティーアイは、医療・ヘ

三菱商事(8058)、コメダホールディングス(3543)の第三者割当増資引き受け、業務・資本提携契約を締結

三菱商事(8058)は、コメダホールディングス(3543)と業務提携を締結した。あわせて三菱商事はコメダHDが行う第三者割当増資を引き受ける。コメダHDの調達資金額は差引手取概算で897,080,000円。コメダHDは、三菱商事に自社普通株式435,000株(議決権所有割合0.96%)を割り当てる。三菱商事は、食料品分野において、環境・安全性を重視したサステナブル・トレーサブルな食料事業や、新興消

三菱商事(8058)、在米子会社を通じて現地の食肉加工品製造販売会社を買収へ

三菱商事(8058)の在米子会社IndianaPackersCorporation(インディアナパッカーズコーポレーション、IPC、米国インディアナ州)は、SpecialtyFoodsGroup(スペシャルティフーズグループ、SFG、米国ケンタッキー州)の全株式を取得・子会社化することについて基本合意した。IPCは、肥育豚のと畜・処理事業、配合飼料製造事業、養豚事業及び食肉加工品事業を行っている。

日東富士製粉(2003)、持分法適用の増田製粉所(2008)をTOBで完全子会社化へ

三菱商事(8058)子会社の日東富士製粉(2003)は、増田製粉所(2008)普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。増田製粉所は日東富士製粉の持分法適用関連会社。日東富士製粉は、増田製粉所を完全子会社とすることを企図している。増田製粉所取締役会は、本件公開買付けに対し賛同の意見を表明している。日東富士製粉は、小麦その他農産物等を原料として、小麦粉・ふすま

メタルワン、Cargill, Incorporatedより米国の熱延鋼板加工・販売事業を買収

三菱商事(8058)と双日(2768)の合弁会社である株式会社メタルワン(東京都千代田区)は、Cargill,Incorporated(米国ミネソタ州、カーギル社)と同社の米国における熱延鋼板の加工・販売事業を買収することで合意した。メタルワンは、100%子会社を設立し本件事業を継承する。メタルワンは、米国内に自動車関連産業向けを中心とした鋼板の加工・販売会社を有している。カーギル社は、穀物を主体

アイカ工業(4206)、タイの接着剤・可塑剤製造販売会社の株式取得

アイカ工業(4206)は、100%子会社であるアイカ・アジア・パシフィック・ホールディング社(AAPH社)を通じてThaiChemicalCorporationLtd(タイ、TCC社)の株式を取得する株式譲渡契約を三菱商事(8058)との間でを締結した。本件にあたり、三菱商事は、TCC社の主要株主であるタイのスリフォンフォングループが所有するTCC社株式60%のうち59%超を取得する。その後、AA

日清食品HD(2897)グループ、三菱商事(8058)の香港の卸売子会社の株式取得

日清食品ホールディングス(2897)の子会社である日清食品有限公司(以下、香港日清)は、三菱商事(8058)の子会社であるMCMarketing&Sales(HongKong)Limited(以下、MCMS)の発行済株式総数の51%を、三菱商事より取得した。出資比率は香港日清51%、三菱商事49%となる。日清食品HDグループは、世界19ヶ国に事業拠点を構え、80ヶ国以上で製品を販売している。香港に

三菱商事(8058)、カナダの天然ガスの開発・生産子会社を譲渡

三菱商事(8058)は、連結子会社であるCordovaGasResourcesLtd.社(カナダアルバータ州、CGR)について、所有する全株式をPennWestPetroleumLtd.(カナダ同州、PennWest)に譲渡した。CGR社は、コルドバ堆積盆地におけるシェールガスの開発・生産を主に行っている。PennWestは、カナダにおける天然ガスの開発・生産を行っている。三菱商事は、CGR社を通

三菱商事(8058)、ローソン(2651)株式を公開買付け

三菱商事(8058)は、ローソン(2651)の普通株式に対する金融商品取引法による公開買付け(TOB)実施を決定した。本件はローソンの連結子会社化を企図する一方、ローソンの上場は維持される方針。ローソン取締役会は賛同の意見を表明している。買付価格は1株8,650円。買付予定数及び買付予定数の上限は16,649,900株で、下限は設けていない。これにより議決権所有割合は33.47%から50.10%と

三菱商事(8058)及び大平洋金属(5541)、ニッケル資源開発のストランドミネラルズ社株式を譲渡

三菱商事株式会社(8058)及び大平洋金属株式会社(5541)は、所有していたStrandMinerals(Indonesia)PteLtd社(シンガポール、ストランド社)の株式を同社の筆頭株主であるERAMET社(フランス、エラメット社)に売却する。譲渡株式数は三菱商事が30.0%、大平洋金属が3.4%。両社は、インドネシアウェダベイニッケルプロジェクトに参画したが、事業化要件が満たされなかった

三菱商事(8058)、インテック及びシグマクシス(6088)による建設ASP事業子会社への出資を受入れ

三菱商事株式会社(8058)は、ビジネスサービス部門で行っている建設業向けのクラウド型システムサービス事業を、会社分割(吸収分割)によって、100%子会社である株式会社MCデータプラスに分割し承継させ、更に当該子会社に対して、株式会社インテック及び株式会社シグマクシス(6088)からの一部出資を受入れることで合意した。三菱商事は、建設ASP事業を別会社化することで効率化及び体制強化を行うと同時に、

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード