M&Aニュース

成長戦略セミナー

AHCグループ、企業向けDX支援事業のパパゲーノと資本業務提携

更新日:

AHCグループ株式会社(7083)は、株式会社パパゲーノ(東京都渋谷区)と資本業務提携を行うことを決議した。

AHCグループは、児童発達支援、放課後等デイサービス、就労移行支援、就労継続支援B型、共同生活援助(介護包括型・日中支援型)、生活介護、相談支援および通所介護、地域密着型通所介護など多岐にわたる福祉サービスの提供を国内124ヶ拠点にて行っている。

パパゲーノは、企業向けDX支援事業、ワーク&リカバリー事業(就労継続支援B型事業所)、AI支援記録アプリ事業(「AI支援さん」)、リカバリーナラティブ事業を行う。

資本業務提携の目的

両社は、福祉分野において新たなDXの構造を構築していく。

具体的には、当社グループの保有する知見・ノウハウ・経営資源等にパパゲーノの持つDX技術等を掛け合わせることで、事業所運営の効率化を図るとともに、利用者の社会参加を促す多様なニーズに対応する。

さらにグループ全体の統制環境を整備・構築することでグループ全体の改革を進め、福祉分野における社会的課題を解決し、これを社会に広めることで中長期的な企業価値向上を推進する。

業務提携の内容

以下の項目を主な業務提携の対象とする。
(1) 福祉事業所のIT活用による効率化
(2) 多様なニーズに対応した事業所の開発
(4) DXの推進によるガバナンス体制の整備・構築

資本提携の内容

AHCグループは第三者割当増資により、パパゲーノの普通株式5,000株を総額10,000,000円(1株につき2,000円)にて引き受ける。
また、田中康雅氏・福田恵人氏の保有する株式を各々500株(合計1,000株)取得する。これにより、パパゲーノの発行済株式総数の10.9%をAHCグループが保有する予定である。

日程

(1) 取締役会決議日    :2024年5月30日
(2) 契約締結日      :2024年5月30日
(3) 株式譲渡実行日    :2024年6月7日 (予定)
(4) 第三者割当増資払込期日:2024年6月7日 (予定)

介護・福祉業界のM&A・事業承継の動向はこちら

介護・福祉業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、介護・福祉業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

AHCグループに関連するM&Aニュース

manaby、福祉・介護・外食事業などのAHCグループと資本業務提携

株式会社manaby(9222)は、2024年5月16日開催の取締役会において、AHCグループ株式会社(7083)と資本業務提携を行うことについて決議した。これに関連して、AHCグループ及びAHCグループ株主であるユニマック株式会社(所有株式数100,000株、株式総数に対する所有株式数の割合6.36%)の間で、ユニマックが保有するAHCグループ株式の一部をAHCグループに譲渡することについて合意

AHCグループの子会社CONFEL、ラシーヌより就労継続支援事B型事業を譲り受け

AHCグループ株式会社(7083)は、子会社である株式会社CONFEL(東京都千代田区)が株式会社ラシーヌ(三重県亀山市)と事業譲渡契約締結することを決定した。【譲受する事業内容】ラシーヌの運営する就労継続支援B型※事業AHCグループは、福祉・介護・外食・不動産などの事業を行っている。グループの障害福祉事業は、首都圏をはじめ愛知県・三重県・滋賀県で展開している。三重県においては、放課後等デイサービ

AHCグループ、福祉事業所の運営を行うCONFEL及びRAISEの株式取得、子会社化へ

AHCグループ株式会社(7083)は、株式会社CONFEL(愛知県豊橋市)および株式会社RAISE(愛知県名古屋市)の発行済全株式を取得し、両社を完全子会社化することを決定した。AHCグループは、福祉事業、介護事業、外食事業を展開している。福祉事業については、多岐にわたるサービスの提供に取り組んでおり、新規事業所の開設に向けて社内での開発を進めている。CONFELおよびRAISEは、福祉事業所の運

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・資本提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

業務提携とは?メリット、資本提携やM&Aとの違いを解説

M&A全般
業務提携とは?メリット、資本提携やM&Aとの違いを解説

企業は、競争力の強化や市場拡大、イノベーションの促進、リスクの分散などを実現するために、業務提携を積極的に活用しています。本記事では、業務提携の概要、メリット、リスクや注意点、円滑に進めるためのポイントについてご紹介します。業務提携とは?業務提携とは、複数の企業が経営資源を出し合い、1社だけでは解決できない問題を協力し合うことで事業成長、競争力強化を行う施策の一つです。自社単独では、残念ながら多く

アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

経営・ビジネス
アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

企業が手を取り合い、共同で価値を生み出すために結ばれるアライアンスは、変化を伴う市場環境でますます重要な役割を担います。本記事では、アライアンスの概要、M&Aとの違い、メリットやデメリット等をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらアライアンスとはアライアン

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード