M&Aニュース

バルテス、FUNDINNOと資本業務提携を締結

バルテス株式会社(4442)は、株式会社FUNDINNO(東京都品川区)との間で、投資契約および業務提携契約を締結した。
FUNDINNO社が有償新株予約権型コンバーティブル・エクイティ方式(※)で発行する新株予約権をバルテスが引き受ける形での出資となる。

※「有償新株予約権型コンバーティブル・エクイティ」とは、株式取得に先立って資金供給を行い、将来の企業価値評価のタイミングで株式交付を受ける権利。
ベンチャー企業の資金調達における金銭的時間的負担を低減し、機動的な資金調達を可能にする手法。

バルテスは、ソフトウェアテストサービス事業、Web・モバイルアプリ開発サービス事業、オフショアサービス事業を展開している。

FUNDINNOは、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」、株主コミュニティを利用したネットでの未上場株式の売買制度「FUNDINNO MARKET」、ベンチャー企業のためのクラウド経営管理ツール「FUNDOOR」の運営業務を行っている。

本件により、バルテスは、FUNDINNOとの資本関係を強化。
バルテスが持つソフトウェアの品質およびセキュリティに関する知見を、FUNDINNOが展開する各種クラウドサービスの品質向上のために提供し、協力して事業規模の拡大を図る。

・今後の予定
出資実行日 2022年4月28日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

バルテスに関連するM&Aニュース

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・資本提携」に関連するコラム

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

資本参加とは?資本提携との違いや注意すべきポイントを解説

M&A全般
資本参加とは?資本提携との違いや注意すべきポイントを解説

資本参加は、会社や事業の売買を行わずに自社の成長につなげられる経営戦略の1つとして有効な手法です。本記事では資本参加の概要、資本提携など他の手法との違いや、資本参加を持ちかけられた時に注意すべきポイントについて紹介していきます。資本参加とは?資本参加とは、他企業との関係性を強化するために株式を取得し、資本提供する手法です。援助により成長が期待できる企業や、連携を深めたい取引先に対して資本を提供し、

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード