M&Aニュース

学研ホールディングス、学研グループ4社を統合へ

株式会社学研ホールディングス(9470)は、完全子会社である株式会社学研プラス(東京都品川区)、株式会社学研教育みらい(東京都品川区)、株式会社学研メディカル秀潤社(東京都品川区)、ならびに学研プラスの完全子会社である株式会社学研出版サービス(東京都品川区)の4社を統合合併することを決定した。

合併することにより新会社は、総合出版事業、園学校向け事業、教育サービス事業、その他の関連事業を主な事業内容とする。

学研ホールディングスは、医学・看護を分野に出版事業を行っている。

学研プラスは、出版事業および出版プラス事業を行っている。
学研教育みらいは、幼稚園・保育園向け事業、小・中・高等学校・大学向け事業、採用支援事業を行っている。
学研メディカル秀潤社は、医学・看護の分野で出版事業を行っている。
学研出版サービスは、学研グループ各社から発行される主な雑誌・書籍などの出版物の販売促進活動を行っている。

学研グループは、祖業である教育事業において、ビジネストランスフォーメーション(BX)を推進している。
グループの教育事業は、新会社と学研エデュケーショナルを中心にしながら、学研塾ホールディングス各社やGakken LEAPなど各社の総力を発揮して国内・海外問わず新しい教育サービスの創出拡大を図る。

また今後、組織再編による新会社の下で、下記内容において、経営資源の集中と迅速な運営のもと強力に進めていく。

・コンテンツ制作部門を統合し、生産性を向上、各教育事業の教育シラバスを体系化
・現在会社別に分かれている支社組織を再編し、エリア別営業の総合力を強化
・グループ顧客データを統合し、出版・教室・文教各事業間の統合マーケティングを推進
・デジタル技術を用いた幼保園・子育て支援、「令和の日本型学校教育」支援事業の強化
・社会的ニーズの成長著しいリカレント・リスキリング市場への注力
・グローバル販路の開拓拡大

・今後のスケジュール
合併の効力発生日 2022年10月1日

教育・学習支援(学習塾を除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

学研ホールディングスに関連するM&Aニュース

学研HD、ジープラスメディアの全株式を取得、子会社化

株式会社学研ホールディングスは(9470)、株式会社ジープラスメディア(東京都千代田区、GPM)の発行株式すべてを株式譲渡の方法により取得し、子会社化した。学研HDは、教室・塾事業、出版コンテンツ事業、園・学校事業、医療福祉分野、物流事業・サービス支援事業などを展開している。GPMは、訪日・在日外国人向けニュースおよび情報メディア、事業プロモーションサービス、求人情報サービス、不動産情報サービス、

学研HDのグループ会社、ソフトバンク子会社 hugmoから子育てクラウドサービス「hugmo」事業を譲受けへ

株式会社学研ホールディングス(9470)のグループ会社である株式会社学研教育みらい(東京都品川区)は、ソフトバンク株式会社(9434)の子会社である株式会社hugmo(東京都港区)から、子育てクラウドサービス「hugmo」事業を事業譲受することを決定した。学研HDおよびグループは、教室・塾事業、出版コンテンツ事業、園・学校事業、医療福祉分野などの事業を展開している。グループ会社の学研みらいは、幼稚

イード(6038)学研HD(9470)グループの学研プラスより、「アニメディア」などのアニメ関連事業を譲受けへ

株式会社イード(6038)は、株式会社学研ホールディングス(9470)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京都品川区)より、「アニメディア」などのアニメ関連事業を取得することで基本合意した。イードは、メディア事業・リサーチ事業・メディアコマース事業を主軸に、「メディアの360度ビジネス展開」を目指しているコンテンツマーケティングカンパニー。本件では、「アニメディア」に加えて、月刊の声優専門誌「声

学研HD(9470)、グループホーム事業展開のメディカル・ケア・サービスを子会社化

学研ホールディングス(9470)は、日本政策投資銀行と共同で、メディカル・ケア・サービス株式会社(埼玉県さいたま市)の発行済株式を取得することで、メディカル・ケア・サービスを子会社化することを決定した。自己株式を除く株式に対する所有割合は、学研HDが61.8%、DBJが38.2%となる。取得価額は8,900百万円。学研HDグループは、サービス付き高齢者向け住宅事業を展開している。メディカル・ケア・

DBJと学研HD(9470)、業務資本提携

株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区、DBJ)と学研ホールディングス(9470)は、業務資本提携契約を締結した。DBJは、学研HD普通株式を2.2%程度取得する。DBJは、ヘルスケア分野における各種投融資業務や情報発信等の取組みに力を入れている。学研HDは、教育分野及び医療福祉分野の2つを柱に事業を展開している。医療福祉分野については、サービス付き高齢者向け住宅や保育施設を積極的に開設し、地方

この記事に関連するタグ

「グループ内再編・合併・経営統合」に関連するコラム

経営統合とは?合併との違いやメリット・注意点について徹底解説!

M&A全般
経営統合とは?合併との違いやメリット・注意点について徹底解説!

企業の経営統合とM&Aの手法の1つである合併は、どのように違いがあるのでしょうか。本記事では経営統合の概要とメリット・デメリットに加えて、合併のほか資本提携・業務提携などとの違いも詳しく解説します。経営統合とは経営統合とは、複数の企業が親会社となる持株会社を新規に設立して、出資した会社は子会社として持株会社の傘下に入ることを指します。持株会社は子会社の株式を保有してグループ会社の管理を実施します。

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

ソフトバンク・グループも活用!日本市場に迫るSPAC解禁の動き

海外M&A
ソフトバンク・グループも活用!日本市場に迫るSPAC解禁の動き

国内外のM&Aの専門家であるDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第2回となる今回はSPACをテーマに、ソフトバンク・グループの事例を交えてご紹介していきます。国内でも注目のSPAC、その光と影—ドクター、今回のテーマはズバリ何ですか。Dr.M:「SPAC」です。“SpecialPurposeAcquisi

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「グループ内再編・合併・経営統合」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード