M&Aニュース

事業承継セミナー

Abalance、明治機械に対し公開買付開始、資本業務提携

更新日:

Abalance株式会社(3856)は、明治機械株式会社(6334)の普通株式を公開買付けにより取得、資本業務提携契約を締結することを決定した。

買付け等の価格は、普通株式1株につき201円。
本件では、Abalanceが、明治機械とその他の関係会社であるTCSホールディングス株式会社(東京都中央区)およびTCSグループが所有する対象者株式3,805,100株(所有割合33.41%)を取得して、持分法適用関連会社化することを目的としている。

Abalanceは、建設機械、グリーンエネルギー、ITを領域に事業を展開している。

明治機械は、産業機械関連事業 、環境関連事業および不動産関連事業を行っている。

AbalanceのIoTやAIの技術と、明治機械の事業との間でシナジー効果が見込めることから本決定に至る。

・今後のスケジュール
買付等の期間 2022年2月22日~2022年3月23日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

その他の設備工事・職別工事業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、その他の設備工事・職別工事業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

Abalance・明治機械に関連するM&Aニュース

Abalance子会社のWWB、サンシャインティーズを買収へ

Abalance株式会社(3856)は、連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)による、株式会社サンシャインティーズ(広島県安芸高田市)の買収を発表した。Abalanceは、ソフトウェア卸売、システム構築や太陽光発電システムの仕入、卸売などを行っている。WWBは、太陽光発電システムに関する製品の企画・製造・輸出入・販売・施工、WWBSolar製ソーラーモジュールMaxar(マクサ)のOEM製

Abalanceの子会社WWB、フレックスホールディングスを子会社化へ

Abalance株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、株式会社フレックスホールディングス(茨城県水戸市)の全株式を取得し、子会社(Abalanceの孫会社)化することを決定した。WWBは、太陽光発電事業を中心とするグリーンエネルギー事業を営む、Abalanceグループの中核企業。太陽光発電所の開発・建設、太陽光エネルギーによる発電、電気の供給および販売などを行って

Abalanceの連結子会社WWB、日本ライフサポートより産業用太陽光発電事業を譲受け

Abalance株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、太陽光発電事業などを営む日本ライフサポート株式会社(福岡県北九州市)より産業用太陽光発電事業などを譲受ける契約を締結した。本件に伴い、WWBは日本ライフサポートから産業用太陽光発電事業などに係る連系済低圧発電所、仕掛品のほか、人員リソースなどを承継する。Abalanceは、ソフトウェアライセンス販売およびシステ

Abalanceの連結子会社WWB、ジャパン・ソーラー・パワーを買収

Abalance株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、太陽光発電事業、およびその他再生可能エネルギー関連事業を営む株式会社ジャパン・ソーラー・パワー(高知県高知市)の買収を決定した。株式譲渡により、ジャパン・ソーラー・パワーの発行済全株式を取得。本件に伴い取得する太陽光発電所は、一般家庭の約720世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量3,330Mwhの出力、年間

Abalanceの連結子会社バローズ、太陽光発電事業を営むカンパニオソーラーの買収へ

Abalance株式会社(3856)の連結子会社である株式会社バローズ(大阪府吹田市)は、太陽光発電事業を営む株式会社カンパニオソーラー(大阪府吹田市)の買収を行うことを決定した。バローズは、カンパニオソーラーの既存株主から株式譲渡により、同社発行済全株式を取得する。取得価額は、732百万円。取得する太陽光発電所は、一般家庭の約870世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量4,000Mwhの出力、

この記事に関連するタグ

「TOB・資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

業務提携とは?メリット、資本提携やM&Aとの違いを解説

M&A全般
業務提携とは?メリット、資本提携やM&Aとの違いを解説

企業は、競争力の強化や市場拡大、イノベーションの促進、リスクの分散などを実現するために、業務提携を積極的に活用しています。本記事では、業務提携の概要、メリット、リスクや注意点、円滑に進めるためのポイントについてご紹介します。業務提携とは?業務提携とは、複数の企業が経営資源を出し合い、1社だけでは解決できない問題を協力し合うことで事業成長、競争力強化を行う施策の一つです。自社単独では、残念ながら多く

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

経営・ビジネス
アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

企業が手を取り合い、共同で価値を生み出すために結ばれるアライアンスは、変化を伴う市場環境でますます重要な役割を担います。本記事では、アライアンスの概要、M&Aとの違い、メリットやデメリット等をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらアライアンスとはアライアン

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード