M&Aニュース

Abalance、明治機械に対し公開買付開始、資本業務提携

Abalance株式会社(3856)は、明治機械株式会社(6334)の普通株式を公開買付けにより取得、資本業務提携契約を締結することを決定した。

買付け等の価格は、普通株式1株につき201円。
本件では、Abalanceが、明治機械とその他の関係会社であるTCSホールディングス株式会社(東京都中央区)およびTCSグループが所有する対象者株式3,805,100株(所有割合33.41%)を取得して、持分法適用関連会社化することを目的としている。

Abalanceは、建設機械、グリーンエネルギー、ITを領域に事業を展開している。

明治機械は、産業機械関連事業 、環境関連事業および不動産関連事業を行っている。

AbalanceのIoTやAIの技術と、明治機械の事業との間でシナジー効果が見込めることから本決定に至る。

・今後のスケジュール
買付等の期間 2022年2月22日~2022年3月23日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

Abalance・明治機械に関連するM&Aニュース

Abalanceの連結子会社WWB、日本ライフサポートより産業用太陽光発電事業を譲受け

Abalance株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、太陽光発電事業などを営む日本ライフサポート株式会社(福岡県北九州市)より産業用太陽光発電事業などを譲受ける契約を締結した。本件に伴い、WWBは日本ライフサポートから産業用太陽光発電事業などに係る連系済低圧発電所、仕掛品のほか、人員リソースなどを承継する。Abalanceは、ソフトウェアライセンス販売およびシステ

Abalanceの連結子会社WWB、ジャパン・ソーラー・パワーを買収

Abalance株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、太陽光発電事業、およびその他再生可能エネルギー関連事業を営む株式会社ジャパン・ソーラー・パワー(高知県高知市)の買収を決定した。株式譲渡により、ジャパン・ソーラー・パワーの発行済全株式を取得。本件に伴い取得する太陽光発電所は、一般家庭の約720世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量3,330Mwhの出力、年間

Abalanceの連結子会社バローズ、太陽光発電事業を営むカンパニオソーラーの買収へ

Abalance株式会社(3856)の連結子会社である株式会社バローズ(大阪府吹田市)は、太陽光発電事業を営む株式会社カンパニオソーラー(大阪府吹田市)の買収を行うことを決定した。バローズは、カンパニオソーラーの既存株主から株式譲渡により、同社発行済全株式を取得する。取得価額は、732百万円。取得する太陽光発電所は、一般家庭の約870世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量4,000Mwhの出力、

リアルコム(3856)グループ、大阪の太陽光発電所分譲販売のバローズの全株式取得

リアルコム(3856)の連結子会社であるWWB株式会社(東京都品川区)は、株式会社バローズ(大阪府吹田市)の全株式を取得することを決定した。WWBによって設立されたVW合同会社がバローズの全発行株式を取得する。リアルコムグループは、太陽光発電事業を成長事業として位置付け、リアルコムのIT技術とWWBの太陽光発電システムのノウハウを基盤に、経営資源の集中を行うことで太陽光発電事業の拡大を進めている。

リアルコム(3856)、子会社により合同会社角田電燃開発を孫会社化

リアルコム株式会社(3856)の連結子会社であるWWB株式会社は、M.Gホールディングス株式会社(東京都豊島区)の100%子会社で太陽光発電事業体である合同会社角田電燃開発(SPC)の持分を100%取得(孫会社化)することについて決定した。リアルコムグループは、IT技術とWWBの太陽光発電システムのノウハウを基盤に、太陽光発電事業を成長事業として行っており、本件により、グループの収益を向上させる。

この記事に関連するタグ

「TOB・資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード