M&Aニュース

日邦産業、フジミインコーポレーテッドと資本業務提携へ

日邦産業株式会社(9913)は、株式会社フジミインコーポレーテッド(愛知県清須市)と資本業務提携に関する合意書を締結した。

取得価額の総額は、普通株式で2.5億円(上限)。

日邦産業は、産業資材全般の販売、プラスチック成形品の製造販売を主な内容とする事業活動を展開している。

フジミインコーポレーテッドは、ガラス・土石製品事業を行っている。

本提携により、日邦産業は、フジミインコーポレーテッドの強みである研磨材料開発機能、同社主力製品であるウエハー研磨用スラリー、海外ネットワーク網等と、ウエハー研磨用キャリア(※)製造技術、高機能接着材開発機能等とを組み合わせ、事業シナジー創出および企業価値向上を図る。

・今後のスケジュール
取得期間 2022年2月21日~2023年3月31日

※ インゴットから切り出した半導体用ウエハーやガラスウエハーの研磨工程(均一の厚さ、均一の平担度にする工程)で使用されるウエハーを保持する治具のこと。ウエハーの種類やサイズ、使用される研磨装置によって、様々な形状や材質のキャリアが使用されている

電気・機械専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード