M&Aニュース

ヤマダHD、大塚家具を吸収合併へ

株式会社ヤマダホールディングス(9831)は、連結子会社である株式会社ヤマダデンキ(群馬県高崎市)が、株式会社大塚家具(東京都江東区) を吸収合併することを決定した。

ヤマダデンキを存続会社、大塚家具を消滅会社とする吸収合併方式で行う。

ヤマダHDは、「家電」「住建」「環境」「金融」「その他」の5つの事業セグメントで事業を展開している。

ヤマダデンキは、家電・情報家電などの販売および住まいに関する商品販売を行っている。

大塚家具は、高価格ゾーンを主軸にインテリアのコンサルティングサービスを行っている。2021年9月株式交換により、ヤマダHDの完全子会社となっている。

本件によりヤマダHDは、大塚家具の持つノウハウ、経営資源を集約するとともに、両社が一体となることによるシームレスな営業の強化、顧客利便性の向上、業務処理面での効率性を高めていく。

・今後のスケジュール
子会社における合併契約書締結 2022年3月11日
合併予定日(効力発生日) 2022年5月1日

機械器具小売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ヤマダホールディングスに関連するM&Aニュース

ナイス、ヤマダホールディングスと企業価値の向上を目的に資本業務提携、第三者割当による新株式発行

ナイス株式会社(8089)は、株式会社ヤマダホールディングス(9831)との間における資本業務提携契約の締結を決定し、ナイスはヤマダHDに対し、第三者割当による新株式の発行を行うことを決定した。調達資金の額は、3,920百万円。ナイスは、第三者割当により、ヤマダHDに対し、普通株式2,100,000株(第三者割当増資後の所有議決権割合18.49%、自己株式を除く発行済株式総数に対する所有割合18.

ヤマダHD、建築系廃棄物の中間処理事業を行う三久の全株式取得、子会社化

株式会社ヤマダホールディングス(9831)は、株式会社三久(茨城県小美玉市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ヤマダHDは、グループ経営戦略の企画・立案及びグループ会社の経営管理・監督、グループ共通業務等を行っている。ヤマダHDグループは、主力の家電販売をはじめ、住宅や家具・インテリア、リフォーム、不動産、保険・金融等の事業を展開している。三久は、産業廃棄物処分業、産業廃棄物収集運搬業

ヤマダ電機、住宅に関わる事業活動を展開するヒノキヤグループをTOBで子会社化へ

株式会社ヤマダ電機(9831)は、株式会社ヒノキヤグループ(1413)の普通株式を金融商品取引法による公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付価格は1株につき2,000円。ヤマダ電機は、1973年創業、テレビや冷蔵庫、洗濯機等の家電、パソコンや携帯電話といった情報家電等の販売及び新築住宅やリフォーム、インテリア、家具等の住まいに関する商品販売を主な事業としている。ヒノキヤグループは、

ヤマダ電機(9831)、大塚家具(8186)と資本提携および第三者割当増資により子会社化

株式会社ヤマダ電機(9831)は、株式会社大塚家具(8186)と資本提携を締結し、大塚家具が実施する第三者割当により発行される新株式及び新株予約権を引き受け、子会社化することを決定した。大塚家具は上場を維持する方針。普通株式における取得価額は、4,374,000,000円、議決権割合51.74%となる。最終的に新株予約権が全て行使された場合の所有議決権割合は58.23%となる。ヤマダ電機は、家電専

ヤマダ電機(9831)、住宅関連サービス提供の家守りホールディングスと資本業務提携

ヤマダ電機(9831)は、株式会社家守りホールディングス(東京都千代田区)と資本業務提携契約を締結した。ヤマダ電機は、家電専門小売業を主軸に、家電と親和性の高い住宅、リフォーム、住宅設備機器、住空間の家具雑貨関係の提案や、各種金融商品や不動産情報の提供、カフェコーナー等が一体となった新業態店舗「家電住まいる館」を現在74店舗展開している。「家電住まいる館」のサービス拡充のため、住まいに関わる相談事

この記事に関連するタグ

「吸収合併」に関連するコラム

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード