M&Aニュース

ソニーグループの米国子会社、一部事業譲渡

ソニーグループ株式会社(6758)の完全子会社であるSony Pictures Entertainment Inc.(東京都港区、SPE)およびScopely, Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Scopely)は、ScopelyがSPEの完全子会社であるGame Show Network, LLC(アメリカ・カリフォルニア州、GSN)の一部門であるGSN Gamesを買収することに合意した。
本取引の対価は、約1,100億円。

ソニーグループは、ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション、イメージング&センシング・ソリューション、金融およびその他事業を展開している。

完全子会社SPEは、映画、ビデオソフト、テレビ番組、音声・映像のソフトウェアなどの企画・制作・販売・輸出入・賃貸および放送・上映・配給および放送事業を行っている。

SPEの完全子会社のGSNは、マルチメディアを利用したゲームショーエンタテインメントを展開、オリジナルゲームやクラシックゲームおよびこれらに関するテレビ番組を提供している。

GSN Gamesは、「Solitaire TriPeaks」や「Bingo Bash」など、無料で楽しめるモバイルおよびオンラインゲームのポートフォリオを運営している。

Scopelyは、モバイルを中心としたゲームを提供する最大規模の非公開会社。

SPEは今後、Scopelyの少数株主持分を取得し、成長が期待される同社およびモバイルゲーム業界からの便益を享受する機会を得る。

本件により、ソニーグループおよびSPEは、Scopelyの事業を補完するゲームのポートフォリオが追加されるだけでなく、GSN Gamesのゲーム制作チームが、Scopelyのエコシステムに加わることから、世界中で何百万人ものプレイヤーを魅了し続けているGSN Gamesのゲームのさらなる成長を図る。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、リバプールのゲーム開発スタジオ Firesprite Limitedを買収へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(アメリカ、SIE)は、最先端のハードウェア向けに完成度の高い作品を開発するFirespriteLimited(イギリス、Firesprite)の買収について、正式契約を締結した。SIEは、「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売や「toio」およびソフトウェア、コンテンツの企画、開発、販

SRE HDとSNCSP、AI×IoTによるエッジコンピューティング展開を目指し資本業務提携

SREホールディングス株式会社(2980、SREHD)とソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社(東京都渋谷区、SNCSP)は、SREHDがSNCSPの株式を一部取得する資本提携を行った。SREHDは、不動産事業、AIクラウド&コンサルティング事業を展開している。SNCSPは、MVNO事業者へのシステムや業務の支援提供およびIoTサービス事業者へのモバイルコネクティビ

ソニーグループの子会社Sony Music Entertainment、ブラジルの独立系音楽会社のSom Livre事業を買収

ソニーグループ株式会社(6758)の完全子会社であるSonyMusicEntertainment(東京都千代田区、SME)は、SMEの子会社であるGloboComunicaçãoEParticipaçõesS.A.(ブラジル、Globo)との間で、Globoが保有するブラジルの独立系音楽レーベルSomLivreに係る全株式および関連資産を取得するための確定契約を締結した。取得価額は、約283億円。

KADOKAWA、サイバーエージェント及びソニーを引受先とする第三者割当増資を実施

株式会社KADOKAWA(9468)は、株式会社サイバーエージェント(4751)およびソニー株式会社(6758)を割当予定先とする第三者割当による新株式の発行することを決定した。払込金額総額は、9,999,999,250円。KADOKAWAは、所有する普通株式1株につき3,515円を割り当てる。KADOKAWAは、出版事業、映像事業、版権事業、デジタルコンテンツ事業、ネットワーク・エンタテインメン

ソニー(6758)の子会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、Super Duperと資本業務提携

ソニー(6758)の子会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、株式会社SuperDuper(東京都港区)と資本業務提携を行うことを決定した。SuperDuperは、外国人旅行者の“食べたい”や“知りたい”というニーズに応える最高の「食」体験を提供するチャット型のAIレストランメニューサービス「Satisfood」を運営するスタートアップ企業。同社は、総合エンタテインメントカンパニーとして多角

ソニー(6758)米国子会社のSony Interactive Entertainment LLC、PS4用『Marvel's Spider-Man』等開発のInsomniac Games, Inc.を買収

ソニー(6758)の完全子会社であるSonyInteractiveEntertainmentLLC(米国カリフォルニア州、SIE)は、InsomniacGames,Inc.(米国カリフォルニア州、InsomniacGames)の全てを買収することについて、正式契約を締結した。InsomniacGamesは、「プレイステーション4」(PS4)用ソフトウェアとして世界的ヒットを誇る『Marvel'sS

シミックホールディングス(2309)グループのシミックヘルスケア、ソニー(6758)より電子お薬手帳サービス「harmo」事業を承継

シミックホールディングス(2309)グループのシミックヘルスケア株式会社(東京都港区)は、ソニー(6758)が「harmo(ハルモ)」ブランドを付して運営する電子お薬手帳サービス事業を承継する取引について、正式契約を締結した。またシミックHDは、本件に併せて、ヘルスケア分野の課題解決を目的にソニーと技術支援契約を締結したシミックHDは、開発から製造、営業・マーケティングまで医薬品に関する総合的な支

ソニー・ミュージックエンタテインメント、スヌーピーの権利会社の株式取得

ソニー(6758)の完全子会社である株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代⽥区、SME)は、DHXMediaLtd.(カナダ・ノバスコシア州、DHXMedia)が保有するPeanutsHoldingsLLC(Peanuts)の持分の一部を、SMEJが間接的に取得する確定契約を締結した。取得金額は約204億円。Peanuts株式の持分比率は、DHXMediaが約41%、SMEが約

ソニー(6758)グループのソニー・ミュージックエンタテインメント、音楽イベント情報サイト「iFLYER」運営のセブン・セブン・ハーツと資本提携

ソニー(6758)傘下の株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)と、株式会社セブン・セブン・ハーツ(東京都渋谷区)は、資本提携を行った。セブン・セブン・ハーツは、国内最大級の音楽イベント情報サイト「iFLYER(アイフライヤー)」やソーシャルメディア及びECサイトの運営、WEBシステム技術の開発及び提供を行っている。本提携により、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、セ

ソニー(6758)傘下のSony Pictures Television Networks、米国のアニメ配信会社・Funimationの株式取得

ソニー(6758)グループ傘下のSonyPicturesTelevisionNetworksは、米国FunimationProductions,Ltd.(Funimation)の株式の大部分を、約150百万米ドル(約165億円)の企業価値評価を前提として取得することで合意した。SonyPicturesTelevisionNetworksは、世界10億以上の世帯にエンタテインメント番組を配信するテレ

「事業譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード