M&Aニュース

ミンカブ・ジ・インフォノイド、ファイナンス・テクノロジー連携を目指しCXRエンジニアリングと資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)は、CXRエンジニアリング株式会社(東京都千代田区)と、金融機関向けサービスおよび個人投資家向けサービスの両事業で、ミンカブが有する国内外の金融経済データや運営メディアと、CXRエンジニアリングが有するファイナンス・テクノロジーの連携を行うことを目的とした業務提携に合意するとともに、ミンカブがCXRエンジニアリングの第三者割当増資を引受け、資本参加することを決定した。

ミンカブ・ジ・インフォノイドは、メディア事業・ソリューション事業を展開している。

CXRエンジニアリングは、暗号資産取引所システム、FX取引所システム、ネット証券取引所システムの企画・設計・開発・運用および販売、分散型ネットワークシステムの企画・設計・開発・運用および販売など事業を展開している。

本提携により、ミンカブ・ジ・インフォノイドは、CXRエンジニアリングと両社互いのノウハウを持ち寄り、共同で暗号資産取引所システム・FX 取引所システムのパッケージ開発を図るとともに、さらなる事業展開を目指す。
また今後、投資家に安全で使いやすいシステムを提供することから、暗号資産およびFX市場の健全な発展に寄与することに期待する。

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ミンカブ・ジ・インフォノイドに関連するM&Aニュース

ミンカブ・ジ・インフォノイド、BANQの新設分割による新会社の株式取得

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)は、株式会社WEB3WALLET(東京都港区)を、第三者割当増資の引受けにより発行株式の総議決権の過半数を取得し、連結子会社化することを決定した。WEB3WALLETは、株式会社BANQ(東京都港区)がNFT(Non-FungibleToken)部門を新設分割した新設分割会社。取得価格は、199百万円。議決権所有割合は51.2%。ミンカブ・ジ・インフ

ミンカブ・ジ・インフォノイド、QUICKおよび日本経済新聞社と資本業務提携へ

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436、ミンカブ)は、株式会社QUICK(東京都中央区)および株式会社日本経済新聞社(東京都千代田区)との間で資本業務提携を行うことおよび割当予定先に対する第三者割当による新株式の発行を決定し、資本業務提携に関する契約を締結した。ミンカブは、第三者割当増資により、QUICKおよび日本経済新聞社を割当先として、普通株式をそれぞれ617,200株(第三者割当増資

ミンカブ、資産コンサルティング会社Japan Asset Managementと資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436、ミンカブ)は、株式会社JapanAssetManagement(東京都千代田区、JAM)と業務提携に合意するとともに、ミンカブがJAMに資本参加することを決定した。本件は、みんかぶリブランドの一環として、資産形成層向けのIFA事業(MINKABUASSETMANAGEMENT)、店舗事業(MINKABUSQUARE)、教育事業(MINKABUACAD

ミンカブ、アルゴリズム売買及び開発プラットフォームを運営するSmart Tradeと資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436、ミンカブ)と、株式会社SmartTrade(東京都大田区)は、業務提携に合意するとともに、ミンカブがSmartTradeの第三者割当増資を引受け、資本参加することを決定した。ミンカブは、メディア事業・ソリューション事業を展開。AIによる情報自動生成技術、クラウドインプットを活用した情報生成技術を開発、「みんなの株式」「みんかぶFX」をはじめとするサイ

ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)、ロボット投信の株式取得、子会社化へ

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)は、ロボット投信株式会社(東京都中央区)が行う第三者割当増資の引受により発行済株式の過半を取得し、子会社化することについてロボット投信と条件付きの基本合意を決定した。取得価額は、248百万円。議決権所有割合は、50.14%となる。ミンカブ・ジ・インフォノイドは、国内外の金融・経済・銘柄データを網羅的に保有し、自社開発体制以外にもニアショア、オフショア

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード