M&Aニュース

SAMURAI&J PARTNERS、クレジットカードに関する業務や、割賦販売斡旋業を行うJトラストカードと株式交換へ

SAMURAI&J PARTNERS株式会社(4764)は、SAMURAI&J PARTNERSを株式交換完全親会社とし、Jトラストカード株式会社(東京都港区)を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決定し、株式交換契約を締結した。
株式交換では、SAMURAI&J PARTNERSが発行するA種優先株式と交換し、Jトラストカードの子会社であるJT親愛貯蓄銀行株式会社(韓国・ソウル特別市)は、SAMURAI&J PARTNERSの孫会社となる。
株式交換による払込金額は、約216億円。Jトラストカードの普通株式1株に対して、本優先株式1.26832株、Jトラストカードの第二種優先株式1株に対して、本優先株式7.57156株を割当て交付する。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

SAMURAI&J PARTNERSは、投資銀行事業、ITサービス事業を行っている。

Jトラストカードは、クレジットカードに関する業務、割賦販売斡旋業、金銭貸付業、タクシー乗車チケット販売業を行っている。

JT親愛貯蓄銀行は、銀行業を中心にファイナンス事業を行っている。

本件により、SAMURAI&J PARTNERSは、グループにとって事業領域の拡大を図る。
また、Fintech事業におけるシナジー効果への期待と収益基盤の強化を目指す。

・今後のスケジュール
本株式交換の効力発生日 2020年11月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。