サックスバーHD子会社の東京デリカ、メンズバッグ及び雑貨事業「ノーティアム」を譲受け

株式会社サックスバーホールディングス(9990)は、100%子会社である株式会社東京デリカ(東京都葛飾区)が、株式会社ジンズホールディングス(3046)の子会社である株式会社フィールグッド(東京都千代田区)との間でメンズバッグ及び雑貨等の小売業態である「ノーティアム」事業を譲り受けることに関する基本合意書の締結を行うことを決定した。

ファッション・生活用品小売業界のM&A

サックスバーHDは、グループ会社の経営管理及び不動産管理を行っている。1974年に東京デリカとして創業以来、世界に誇れる日本のバッグ業界の発展に貢献、バッグ業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立している。

東京デリカは、鞄・袋物及び財布・雑貨類の小売販売を行っている。一流ブランドと共同開発したオリジナル商品の販売、パターンオーダーのできるオリジナルバッグ店「kissora」、メイドインジャパンのオリジナルブランドバッグ店「efffy」も展開。

ジンズHDは、子会社等の事業活動の支配及び管理を行っている。事業においては、アイウエア及び服飾雑貨の企画、製造、販売及び輸出入。ウェアラブル端末およびそれらの関連商品の企画、開発、製造、加工、販売、賃貸、保守および輸出入。医薬品、およびそれらの関連商品の販売および輸出入。

フィールグッドは、メンズ及びレディスのバッグ、帽子、アクセサリー等服飾雑貨の企画・生産・流通・販売を行っている。

フィールグッドが運営するメンズ雑貨事業「ノーティアム」のうち、通信販売事業及び7店舗における販売事業を東京デリカに譲渡する。
本件により、サックスバーHDは、東京デリカにおいて、新たな事業展開や新規顧客の獲得を推進させる。

・今後のスケジュール
譲渡日 2020年9月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。