M&Aニュース

伊藤忠商事(8001)、3Dバーチャル採⼨技術「1 measure」の開発企業SHENZHEN TOZI TECHNOLOGY CO., LTD と資本・業務提携へ

伊藤忠商事(8001)は、SHENZHEN TOZI TECHNOLOGY CO., LTD (中国深圳市、TOZI)と資本・業務提携をすることで基本合意した。

総合・その他専門卸業界のM&A

TOZIは、拡⼤途上にあったファッションEC市場における返品率の⾼さに着⽬し、適切なサイズの⾐服を提供することをテーマに7年にわたる研究を経て、AIを駆使した3Dバーチャル採⼨技術「1 measure」を開発した。

伊藤忠商事は、⾹港主要拠点である⼦会社ITOCHU Textile Prominent (ASIA)Ltd.(⾹港特別⾏政区)を通じて中国・深圳発のファッションテックの発掘を進めている。

本提携により、伊藤忠商事は、繊維事業において、「1 measure」の技術を原料から製品までのバリューチェーンに組み⼊れることで 伊藤忠商事ならではの総合⼒・提案⼒をさらに強化し、他社には追随できないビジネスモデルの構築を図る。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

伊藤忠商事、英国の大手廃タイヤ回収・加工事業会社Murfitts Group Ltdの全株式取得、基本合意

伊藤忠商事株式会社(8001)は、英国の廃タイヤ回収・加工事業会社大手であるMurfittsGroupLtd(イギリス・レイカンヒース、Murfitts)の全株式を取得することについて基本合意した。株式取得は、伊藤忠商事の事業投資先であるEUROPEANTYREENTERPRISELIMITED(イギリス・レッチワース、ETEL)を通じて行われる。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品

伊藤忠商事、西松建設と資本業務提携契約締結

伊藤忠商事株式会社(8001)は、西松建設株式会社(1820)と資本業務提携契約を締結した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資などを展開している。西松建設は、建設事業、開発事業、不動産事業など事業を展開している。両社は、共同での不動産開発事業や工事発注・資機材調達等を通じて協業

伊藤忠商事、外為どっとコムの株式取得、持分法適用会社化に合意

伊藤忠商事株式会社(8001)は、外国為替証拠金取引(FX)大手である株式会社外為どっとコム(東京都港区)の発行済株式を取得し、持分法適用会社化することに合意した。伊藤忠商事は、外為どっとコムの発行済株式を澤田HD株式会社(東京都新宿区)より取得、持分法適用会社化する。出資金額は、129億円。取得割合は、40.19%となる。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金

伊藤忠商事、中国の大手コーヒー事業を展開する上海威銘食品有限公司と資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、中国におけるコーヒー大手企業である上海威銘食品有限公司(中国上海市、威銘(いめい)社)と資本業務提携を行うことを決定した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資などを展開している。威銘社は、多様なコーヒー製品やコーヒー関連機器含めた幅広いサービスを

ストレッチ専門店「Dr.stretch」を運営するフュービック、伊藤忠商事と資本業務提携契約締結

株式会社フュービック(東京都新宿区)は、伊藤忠商事株式会社(8001)と資本業務提携契約を締結した。フュービックは、フィジカルフィットネスディビジョン、スポーツメディアディビジョン、マーケティングディビジョン、リゾートホテルディビジョン、デジタルソリューションディビジョン事業を展開している。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入お

伊藤忠商事、循環型ショッピングプラットフォーム事業の運営を行うLOOP JAPANと資本業務提携締結

伊藤忠商事株式会社(8001)は、LOOPJAPAN合同会社(神奈川県横浜市、ループ・ジャパン)と資本・業務提携を締結致した。伊藤忠商は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開している。ループ・ジャパンは、循環型ショッピングプラットフォーム事業の運営を行っている。本提携

伊藤忠商事、オンラインで金融教育サービスを提供するABCash Technologiesと資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、株式会社ABCashTechnologies(東京都渋谷区、ABCash社)と資本業務提携した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。ABCash社は、お金に関する不安を抱えるミレニアル世代の女性向けに、専門のコンサルタ

伊藤忠商事、半固体リチウムイオン電池の研究・開発を行う24M社と資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、24MTechnologies,Inc.(アメリカ・マサチューセッツ州、24M社)のシリーズEラウンドにおけるリード投資家として他の投資家も含めた出資ラウンドを取りまとめ、第三者割当増資を引き受けた。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広

伊藤忠商事、デジタルマーケティングサービス事業を展開するブレインパッドと資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、株式会社ブレインパッド(3655)とデータを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に関する資本業務提携契約を締結した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開している。ブレインパッドは、企業の経営改善を支援す

伊藤忠商事、医薬品の研究開発支援を手掛けるクロモセンターと資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、株式会社chromocenter(鳥取県米子市、クロモセンター)と資本業務提携を行うことを決定した。伊藤忠商事は、世界62ヶ国に約100の拠点を持つ大手総合商社。繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において国内、輸出入及び三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開している。クロモセンターは、安定遺伝子発

「クロスボーダーM&A・資本業務提携」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード