凸版印刷(7911)とベルシステム24HD(6183)、資本業務提携

凸版印刷(7911)とベルシステム24HD(6183)は、資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結した。

凸版印刷は、プライベート・エクイティ・ファンドBainCapital Bellsystem HongKong Limitedより、ベルシステム24の株式の約14%及び、ベルシステム24の元代表取締役の保有する新株予約権(株式1%相当)を取得する。

印刷業界のM&A

凸版印刷は、企業や自治体の事務業務や発送、コンタクトセンターなど、幅広い業務を代行するBPO事業を重点事業に位置付けている。全国11拠点を保有し、ベトナムの大手IT企業と海外BPO事業で協業している。
ベルシステム24は、コンタクトセンターを運営するCRM分野のリーディングカンパニー。国内31拠点でサービスを提供し、電話、eメール、チャット、SNS等を活用したBPOサービスに加え、AIなどの新技術の活用を進めている。

本提携により、凸版印刷及びベルシステム24HDは、BPO事業での協業を推進し、幅広い業種の企業向けに新サービス開発・提供し、BPO事業の拡大を図るとともに、AIやRPA等を用いた高度なBPO事業に積極的に取り組み、国内市場はもちろんアジア地域での事業展開を強化する。

●今後のスケジュール
株式取得 2017年12月5日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。