M&Aニュース

住友林業(1911)、ベトナムの建材流通・加工会社An Cuong Wood-Working JSCと資本業務提携

住友林業(1911)は、100%子会社のSumitomo Forestry Singapore, Ltd.(SFS社)を通じて、An Cuong Wood-Working JSC(ベトナム、AC社)と資本業務提携を行った。

戸建住宅建設業界のM&A

住友林業は、ベトナムにおいて、パーティクルボードを製造・販売するVina Eco Board社(VECO社)を2012年に設立。AC社へも供給している。2015年には現地大手ディベロッパーのPhu My Hung社等と不動産開発事業を開始した。

AC社は、ベトナム最大級の内装建材流通・加工会社。木質ボードを芯材とした二次加工・内装建材全般の生産・販売・施工を手掛けている。

本提携により、住友林業は、AC社の販売・施工機能をフルに活用し、ベトナムでの素材調達から住宅建設まで一貫して手掛ける体制が構築する。また、両社の持つ商品や流通網・販売網を相互に活用することで業容の拡大を目指す。

 

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。