M&Aニュース

2017年7月のM&Aニュース一覧

アークランドサービスHD(3085)、「野菜を食べるカレーcamp」経営のバックパッカーズの株式取得

アークランドサービスホールディングス(3085)は、株式会社バックパッカーズ(東京都渋谷区)の株式取得について株式譲渡契約書を締結した。株式所有割合は66%となる。アークランドサービスHDグループは、とんかつ専門店「かつや」を中心に飲食店の経営とフランチャイズチェーン本部の運営を手掛けている。バックパッカーズは、「野菜を食べるカレーcamp」を中心に飲食店の経営とフランチャイズチェーン本部の運営を

IDEC(6652)、バーコード・RFID関連ソフト開発のウェルキャットを子会社化

IDEC(6652)は、株式会社ウェルキャット(東京都品川区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。ウェルキャットは、データ収集送信用の携帯端末装置であるウェアラブルやハンディターミナルを中心としたバーコードリーダや、ICタグリーダの開発設計・販売、関連ソフトウェアの開発、システム提案を行っている。本件M&Aにより、IDECは、自社が得意とする固定式リーダと、ウェルキャットが得意とするハンデ

日東精工(5957)グループ、磯貝鋲螺工業のインドネシア関連会社よりねじ製造及び販売事業の一部取得

日東精工(5957)は、インドネシアの連結子会社であるPT.NITTOALAMINDONESIA(NAI社)が、磯貝鋲螺工業株式会社の関連会社であるインドネシアのPT.ISOGAIINDONESIA(ISOGAIINDONESIA社)のねじ製造及び販売事業の一部を譲り受けることを決定し、事業譲渡契約を締結した。日東精工グループは、海外における拠点並びに事業の拡大に取り組んでいる。NAI社は、工業用

日本創発グループ(7814)、紙文具の製造・販売のエヌビー社及びフォロンの株式取得

日本創発グループ(7814)は、株式会社エヌビー社(東京都台東区)及びフォロン株式会社(東京都世田谷区)の株式を取得することを決定した。エヌビー社は、便箋、封筒、金封やシール、オリジナルデザイン紙文具の製造・販売を行っている。フォロンは、エヌビー社とは別ブランドによる商材及び販路を広げることを目的として設立された。日本創発グループは、クリエイティブサービス事業を営み、汎用的・一般的な印刷のみならず

積水化学工業(4204)、東洋ゴム工業(5105)のウレタン製品製造・販売子会社の株式を取得・子会社化

積水化学工業(4204)と東洋ゴム工業(5105)は、東洋ゴム工業よりソフランウイズ(大阪市)の発行済み全株式を積水化学工業が譲り受ける株式譲渡契約を締結した。積水化学工業は、注力分野のひとつに「住インフラ材」を位置付けており、耐火・不燃材料を軸に、各製品の市場拡大、新製品開発、グローバル展開等の事業拡大に積極的に取り組んでいる。ソフランウイズは、本件のため吸収分割により東洋ゴム工業の硬質ウレタン

三栄コーポレーション(8119)、ドイツの家庭用品ブランド「Velleroy&Boch」のテーブルウェア販売事業を譲り受けへ

三栄コーポレーション(8119)は、ドイツの家庭用品ブランド「Velleroy&Boch」のテーブルウェア販売事業を、同ブランドの販社であるビレロイ&ボッホテーブルウェアジャパン株式会社(東京都千代田区)から譲り受けることについて、基本合意契約の締結を決定した。三栄コーポレーショングループは、小売店やメーカー等からの要望に応じて、国内外から生活関連用品を調達供給する「OEM事業」と、海外のブランド

元気寿司(9828)、シンガポールの連結子会社の全株式を香港のフランチャイジーへ譲渡

元気寿司(9828)は、連結子会社GenkiSushiSingaporePte.Ltd.(シンガポール)の全株式をJapaneseDiningConcepts(Asia)Limited(香港)に譲渡することを決定した。元気寿司は、海外事業において、直営子会社及びフランチャイズ方式により寿司レストランを展開しており、平成31年3月期までに海外250店舗の目標を掲げている。GenkiSushiSing

トリドールHD(3397)、大衆酒場「晩杯屋」運営のアクティブソースをグループ化

トリドールホールディングス(3397)は、株式会社アクティブソース(東京都品川区)の株式を取得し、グループ化した。アクティブソースは、大衆酒場「晩杯屋」等を運営している。「晩杯屋」は、東京都内を中心に首都圏で31店舗を展開しており、その多くが立ち呑み形態の店舗を特徴とする。大衆酒場業態の多店舗化を実現した点が評価され、2016年には外食アワードを授賞した。本件M&Aにより、トリドールHDグループは

スバル興業(9632)、橋梁設計事業を展開するアイ・エス・エスグループ本社の全株式取得

スバル興業(9632)は、株式会社アイ・エス・エスグループ本社(東京都目黒区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。スバル興業は、道路及び道路付帯設備の維持・清掃、補修工事の請負を主な事業として展開している。アイ・エス・エスグループ本社は、株式会社アイ・エス・エスおよび株式会社アイ・エス・エス・アールズを事業会社とする持株会社であり、橋梁、土木構造物、建築構造物等の設計業務を主な事業として

大和証券グループ本社(8601)、米国のM&AアドバイザリーSagentとSignal Hillを買収

大和証券グループ本社(8601)は、SagentHoldings,Inc.(Sagent、米国ニューヨーク州)、及びSignalHillHoldingsLLC(SignalHill、米国メリーランド州)を買収することで、両社と合意し、契約を締結した。SagentおよびSignalHillは、M&Aおよび資金調達アドバイザリー業務を行っている。大和証券グループは、米国子会社を通じて、およそ10年間に

住友商事(8053)、千趣会(8165)の梱包・出荷事業子会社の株式を取得・子会社化

住友商事(8053)100%子会社である住商グローバル・ロジスティクス株式会社(東京都中央区)及び千趣会(8165)は、住商グローバル・ロジスティクスが千趣会の100%子会社である株式会社ベルメゾンロジスコ(岐阜県可児市)の発行済株式の51%を取得することに合意し、株式譲渡契約を締結した。ベルメゾンロジスコは、カタログやオンラインショップを通じた通信販売事業「ベルメゾン」で取り扱う商品の管理・梱包

大塚HD(4578)グループの大塚製薬、カナダのプラントベース食品メーカー・Daiya Foods Inc.を完全子会社化

大塚ホールディングス(4578)の完全子会社である大塚製薬株式会社(東京都千代田区)は、DaiyaFoodsInc.(カナダ・バンクーバー、デイヤ社)の全株式を大塚製薬の完全子会社を通じて取得する契約を締結した。プラン・オブ・アレンジメント(PlanofArrangement:カナダ法上認められている友好的企業買収手法)の手法により現金で取得し完全子会社化する。取得価額は約361億円。デイヤ社は、

電通(4324)、インドのデジタルエージェンシー・ソクラティ社の株式取得、子会社化へ

電通(4324)の海外本社電通であるイージス・ネットワークは、インドの有力デジタルエージェンシーSokratiTechnologiesPrivateLimited(プネー市、ソクラティ社)の株式51%を取得すること、および今後完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、同社株主と合意した。ソクラティ社は、高度なデータ分析とそれに基づくCRM戦略などをベースに統合的なデジタルマーケテ

MS-Japan(6539)、インターネット通信教育講座企画・開発のKIYOラーニングと資本業務提携へ

MS-Japan(6539)は、KIYOラーニング株式会社(東京都港区)と、資本業務提携契約を締結することに合意した。MS-Japanは、KIYOラーニングの発行する第三者割当増資による新株式を引き受ける。引き受け価額の総額は3千万円。MS-Japanは、企業の管理部門や会計・法律関連の士業有資格者・事務所スタッフを対象にしたコミュニケーションプラットフォーム「Manegy」を運営している。KIY

川崎汽船(9107)、ドイツの重量物貨物輸送子会社SAL Heavy Liftを譲渡

川崎汽船(9107)は、連結子会社であるSALHeavyLiftGmbH(SAL社、ドイツ・ハンブルク)の全出資持分をSALTOHoldingGmbH&Co.KG(ドイツ・ブレーメン)に譲渡することを決定した。SAL社は、重量物貨物輸送を手掛けている。川崎汽船は、2007年にSAL社の出資持分の50%を取得し重量物船事業に参入。2011年には残る50%の出資持分を取得し、完全子会社化したが、業績低

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード